« Printer故障 | トップページ | Canon PIXUS 860i »

2004年3月11日

MiTAC DigiWalker Mio 168

 本日、MiTAC製のGPS内蔵Pocket PC「DigiWalker Mio 168」が、代理店のSPAより届く。まだ、一般市販はされていない製品だが、評価用ということで借用させていただく。パッケージは、英語バージョンのもので、マニュアルなども全て英文であるが、OS(Windows Mobile Pocket PC 2003)は日本語版となっている。付属品としては、ActiveSync用USBケーブル、充電用ACアダプタ、更に車載用取り付けアームや、シガープラグアダプタなども同梱されていた。
 ちなみに、国内正式バージョンでは、昭文社Super Mapple Digital Ver.4 for Mioが同梱されるとの事で、日本国内で使用する場合、電子地図ソフトを別途用意する必要はない。しかし、英語版や中国語版では、MioMapという音声ガイドをも装備した、本格的なカーナビ用ソフトが同梱されているようで、この日本語バージョンがリリースされると、更に使い勝手がよくなると思うのは、筆者だけでは無いと思う。

クリックで拡大

 液晶画面は、半透過型のTFT3.5インチで、バックライトによる見やすく鮮やかな画面だ。筆者が、日ごろ愛用している東芝GENIO e550Gの反射型TFT4インチ液晶では、フロントライトとなるため、どうしても発色が悪い。しかし、野外での視認性という意味では、やはり反射型に歩があり、室内や暗い場所での見易さを取るか、晴天下の野外での見易さを取るかの、トレードオフとなる。もちろん、バックライトの輝度を上げることにより、かなり見易くなるが、今度はバッテリーの持続時間とのトレードオフになるわけだ。
 しかし、筆者が日頃愛用して、メモ撮影用に用いているCASIOのEXILIM EX-S20で撮影した画像を、GENIO e550GのSDスロットへ挿入して、画像を表示させた場合と、Mio 168のSDスロットへ挿入させた場合の画像表示を比べてみると、その差は雲泥の差があり、Mio 168の表示の鮮やかさに驚かされる。
 加えて、画像表示を行う為のツールが、Mio 168には標準で内蔵されており、表示だけではなく、簡単なレタッチも行える。「E-Viewer」というツールで、Pocket PC 2003より標準で装備された、MS製のPicturesフォルダ機能とあわせて使用すれば、SDカードメモリに対応したデジタルカメラのポケット表示・編集ツールとしても十分使用可能だろう。SDメモリ対応のデジカメユーザは要チェックだ。
 GPSエンジンは、SiRF製の高性能で定評のある、SiRF II e/LPが搭載されており、筆者が愛用しているSocket Communications社のBluetooth GPS Receiver(EMTACBTGPSのOEM品)と同じで、高速かつ高感度な為、安心できる。GPSアンテナ部分は、折りたたみ式となっており、使用しない場合には、背面へ折りたたんでおくことで邪魔にはならない。また、GPSアンテナ部分には、外部GPSアンテナ接続コネクタも装備されているので、車載の際には便利だろう。

クリックで拡大

 GPSデータ出力は、"COM2"へ固定ポートで割り振られており、通信速度は"4800bps”だ。電子地図ソフトやGPSステータス表示アプリケーションからは、"COM2:4800bps:NMEA0183:WGS-84測地系"を指定すればよい。SiRFのGPS設定ツールを用いれば、バイナリデータや、他の測地系への変更なども可能だが、むやみに設定を変更すると、元に戻せなくなる場合もあるので、設定変更は自己責任でやることになる。
 GPS受信機の電源は、アプリケーションが"COM2"をオープンにすると、自動的GPS受信機へ給電される。従って、アプリケーションがバックで動作し続けていると、GPS受信機には給電されたままになるようだ。GPS受信機の節電モードは、Mio 168の設定ツールから、「トリクル動作」を設定することで可能となる。しかし、高速測位や感度の低下との引き換えとなるので、設定には注意が要るだろう。GPS受信機のモード変更や、電源のオン・オフなどが、タスクトレイからいつでも出来るような、専用アイコンなどが装備されていると、更に使いやすくなると思われる。
 拡張性では、SDスロット(SDIO Now!仕様)が1スロット装備されており、インターネットへのアクセスなどでは、ここを使用することになる。とりあえず、手持ちの東芝製SDスロット対応のBluetooth SDカードを試してみたが、ドライバが少々不安定。東芝では他社のSDスロットでの動作を保障していないようだが、これも困った話しだ。
 現時点では、SDIO Now!仕様のカードは、あまりないのだが、無線LANとフラッシュメモリを内蔵したSDカードSunDiskから発売されているし、東芝以外の汎用Bluetooth SDカードもあるので、これらを用いることで通信インフラへの対応も問題はないだろう。また、MiTACによるテストでは、SII社製SDIO対応のAirH"PHSデータ通信カードAH-S101Sでの検証が済んでいるとのことだ。
 筆者がバンコクで愛用する、BKK Map Adventure(GPS対応)を、このMiTAC製Mio 168へインストールして、次回のバンコク滞在で評価をしてみるのが、今から楽しみである。ちなみに、SPAから初回の予約販売に限り、税込み39,800円(通常価格は、税込み41,790円)という抜群のコストパフォーマンスで発売になるので、I・Oデータ機器から発売となったSDGPSの価格を考えると、1万円程度の差で、最新のPocket PC 2003がオマケで付いてくるのと同じであり、下手な外付けGPS受信機を購入するよりも、この「MiTAC DigiWalker Mio 168」を購入したほうが、面倒もなく高性能で、しかも扱いが楽だ。
 GPS受信機内蔵のPDAとしては、Garmin社のiQue 3600などが発売されているが、日本語版は発売されておらず、Palm OS 5の日本語化をユーザが行わねばならない上、日本語のGPS対応した地図ソフトも最新版が無いなどの問題もある。しかも、価格が米国での販売価格で$589と高価であり、PDA-GPSのインフラとしては、Pocket PCのほうが適している等を考えると、まさに、「MiTAC DigiWalker Mio 168」は究極のPDA-GPS用マシンと言えるだろう。
 MiTACの「DigiWalker Mio 168」、PDA-GPS用のコストパフォーマンス抜群で「Good Job !」。

|

« Printer故障 | トップページ | Canon PIXUS 860i »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/318287

この記事へのトラックバック一覧です: MiTAC DigiWalker Mio 168:

» モバイラーの言い分(4) [背番号9番の日々精進!]
mio168、GPS内蔵のPocketPCです。 そう、地図上で自分の現在地が分かるという機能があるのです。 (清水隆夫氏の「good job」に詳細なレビ... [続きを読む]

受信: 2005年2月 7日 19:47

» GPS搭載PDA:mio168 〜GPS編 [珪藻土日記]
カーナビ代わり、というほど高機能でもありませんが、 自動車で使っているマイタック社製のGPS搭載PDA、mio168です。 私が購入した際の価格は、4万円弱でした。 OSはPocket Windows2003、GPSアンテナを本体に内蔵しており、 付属の電子地図ソフトと組み合わせて使用しています。 普通のカーナビの搭載も検討したのですが、 ・据付型は、現在のカーオーディオを外す必要があるようなので、論外  ... [続きを読む]

受信: 2005年5月25日 22:25

« Printer故障 | トップページ | Canon PIXUS 860i »