« Thai語 Keyboard | トップページ | MioMap »

2004年3月25日

SD Memory Card

 昨日仕事で、神田にある企業まで打ち合わせに行ったついでに、秋葉原まで雨のなか歩いて、SDメモリカードを購入する。既に、SDメモリカードは、64Mバイトや128Mバイトを複数枚所有し、miniSDカードも64MバイトをMobile PRESS春号へ執筆した、京セラA5502Kを評価するために先日購入したばかりなのだが、今回はMiTAC DigiWalker Mio 168へ地図データや写真画像データを放り込む必要もあるので、256MバイトのSDメモリカードを購入した。

IMG040325.jpg

 メーカは、SunDiskだが、特にメーカに拘った訳ではなく、単に一番安かったという理由だけだ。128MバイトのSDメモリカードは、シリコンオーディオプレーヤへ入れっぱなしとなっており、これを使いまわせば経済的なのだが、MP3やWMAのファイルで埋まっており、CDアルバムを3枚程WMAファイル化すると、ちょうど本体内蔵の64MバイトとSDメモリカードの128Mバイトで、丁度具合が良い。
 毎日持ち歩いている、写真メモ記録用のデジタルカメラ、CASIOのEXILIM EX-S20へは、いつもは64MバイトのSDメモリカードを入れているのだが、これだと最大解像度のファインモードで、50枚ほどしか撮影できない。いざとなれば、EX-S20の本体内蔵の10Mバイトのフラッシュへ記録できるのだが、やはり余裕を持ったサイズとなると、256Mバイトは欲しい。
 256Mバイトあれば、SDメモリカードのCFアダプタを用いることにより、EOS D30や、EOS 10Dでも、そこそこの枚数は撮影できるので、使いまわしには便利だ。そろそろ、CFメモリカードから、SDへの移行を、本格的に行う時期が来たのかもしれない。しかし、1GバイトのSDメモリカードが発売になったとは言え、ビット単価のコストパフォーマンスでは、まだまだマイクロドライブにはかなわないので、先日4Gバイトのマイクロドライブとして購入したCREATIVE製NOMAD MuVo2 4GBは、本当に「Good Job !」だったと言えよう。
 SDメモリカードを購入したのは、秋葉原の"あきばおー"で、価格は7,899円(消費税別)だった。SanDiskの場合は、メモリの保障が5年間という長期保証なので、フォーマットを繰り返したりして、フラッシュの劣化を気にすることなく使えるのも嬉しい。バルクであれば、更に安価なSDメモリカードもあるのだが、保証が1週間程度となり、保証が無いのと同じで、気軽にフォーマットを頻繁にかけることも出来なくなる。
 帰りがけに、京急上大岡のヨドバシカメラで、修理が終わったプリンタPM-670Cを受け取ってきた。修理代は、3,000円(消費税別)だったが、修理代にまでポイントが付くとは知らなかった。あわせて、256MバイトのSDメモリカード(SanDisk)の価格を見てみたら、11,340 円(税込)で10%のポイント還元だったので、"あきばおー"の方が安価である。とは言え、秋葉原までの往復交通費を加算すれば、大差はなくなるが、仕事のついでであるため、交通費は別勘定。
 安くて保証の長いSDメモリカードが購入できたので、今日は筆者自身に「Good Job !」。

|

« Thai語 Keyboard | トップページ | MioMap »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/348893

この記事へのトラックバック一覧です: SD Memory Card:

« Thai語 Keyboard | トップページ | MioMap »