« KRUSELL製ネックストラップ | トップページ | Caplio Pro G3とGARMIN VISTA »

2005年5月11日

CF型RS-232Cアダプタ

 注文してあった、CF型RS-232C拡張アダプタが届いた。購入したのは、ラトック製の「RATOC RS-232C CF CARD REX-CF60」であり、CFスロットへ装着可能な1チャンネルのRS-232Cカードである。最近のノートPCはもちろんのこと、PDAでも標準ではRS-232Cポートを装備している機種は殆ど無い。
 Pocket PCの場合は、RS-232CポートをActiveSync用の拡張コネクタに、信号は用意されている機種が多いのだが、専用ケーブルがオプションの場合が多く、しかもパソコンへ直結可能な、リバース型ケーブルの場合が殆どだ。
 この場合は、オス、メスの極性変換コネクタと、信号をクロスさせるリーバースケーブルか、リバースアダプタを組み合わせないと、RS-232C機器を接続することが出来ず、RS-232CによるActiveSyncには全く支障はないのだが、RS-232C機器を接続するには、非常に不便である。

REX-CF60_1

 今回購入した、REX-CF60は、CFスロットを装備したPocket PCはもちろん、PCカードアダプタを介せば、ノートパソコンでも使用可能であり、ドライバもPocket PC用と共に、Windows用も提供されてくるので、多用途に使用可能である。
 最も、Pocket PCやノートパソコンへの使用は、あくまでも二次目的であり、本来の目的は、別にある。詳しくは、後日レポートを行うことにするが、上手く行ったら「Good Job !」なのだが、果たしてどうなることやら。

RATOC RS-232C CF+ CARD REX-CF60【在庫目安:あり】すぐにお届けできます。【在庫目安:あり】すぐにお届けできます。【価格:12,880円(税込13,524円)送料別】
RATOC RS-232C CF+ CARD REX-CF60【在庫目安:あり】すぐにお届けできます。【価格:12,880円(税込13,524円)送料別】

|

« KRUSELL製ネックストラップ | トップページ | Caplio Pro G3とGARMIN VISTA »

コメント

 「本来の目的」とは、もしかして Caplio Pro G3 で何か楽しいことを企んでいらっしゃるのでしょうか。
 私なら、青歯の機器持ってないので、代わりにガーミン繋ぐとかかなあ。mio168 繋ぐともっと、何か面白いことできますか。リアルタイムに地図にリンクするとか。でも地図ソフトが対応してないとだめですね。
 いや、そもそも Caplio Pro G3 持ってないのでうらやましいのですが、他にもこういう拡張性のあるデジカメってあるんでしょうか。むかし、QV-4000GX というのがうらやましかったですが、その時も高くて買う気にはなりませんでした。

投稿: ほなだいく | 2005年5月12日 23:43

ほなだいく さん、こんばんは、

図星です(笑)、Caplio Pro G3用です。で、手持ちのGARMIN eTrex Vistaを繋いでみました。結果は、緯度経度、高度は、ばっちりです。

電子コンパスの方向は、残念ながら反映されませんでした。面白いのは、測地系の情報が反映される点です。

詳しくは、レポートに記載しますが、少なくとも手持ちのシリアル出力を持つNMEA対応のGPS受信機は、Caplio Pro G3で使えることが判りました。

とは言え、REX-CF60を買う価格だと、CF型GPS受信機が買えるんですよね。だとすると、撮影方向が記録できない(電子コンパスに対応していない)と、あまり意味は無いかなぁ・・・

投稿: 清水 隆夫 | 2005年5月13日 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/4088593

この記事へのトラックバック一覧です: CF型RS-232Cアダプタ:

« KRUSELL製ネックストラップ | トップページ | Caplio Pro G3とGARMIN VISTA »