« デジタルマップフェア2005 | トップページ | 新Socket Bluetooth GPS受信機 »

2005年10月23日

inView N-911 BASICモデル

 パソコンGPSショップ「SPA」より、台湾d-Media System社製「inView N-911 BASIC」モデルが発売された。このinView N-911 BASICモデルは、既に発売中のinView N-911標準モデルから、充電用のAC電源アダプタ電源変換コネクタ、車載用のシガープラグ電源アダプタ、車載用の取り付け用ステー一式、そして携帯用のケースを別売として、販売価格を抑えたinView N-911の廉価モデルだ。
PWR_ADPT 本体のinView N-911自体のスペックは変わらず、車載を行わない場合にはリーズナブルな選択となるだろう。inView N-911 BASICモデルの充電には、付属するActiveSync用USBケーブルによって、パソコンから充電する形となる。しかし、inView N-911 BASICモデルの充電を行うためだけに、パソコンを起動するのも不経済なので、そんな場合には筆者が過去に紹介した、USBコネクタを装備した小型の充電アダプタ「モバイルクルーザー」を使用すればよいだろう。
 また、inView N-911 BASICモデル発売記念ということで、inView N-911標準モデルには添付される、充電用電源変換コネクタ(アダプタ)が、期間限定でサービスされるとのことで、この電源変換コネクタを併用することによって、市販の5V充電アダプタを用いることも可能だ。
 inView N-911の電源コネクタは、統一型とよばれる外径4mmφ、内径1.7mmφの電源プラグが適合する。センターピンは5Vプラス電極であり、同様の規格のコネクタを採用している機器では、ソニーのPSPや、東芝のGENIOシリーズなどがある。

N911PWR_ADP02

 このサイズのジャックを持った、充電用ケーブルには、USBポートからの充電用ケーブルも多く、ストレートタイプはもちろんのこと、収納型(くるくる巻き取り型)のケーブルも、安価に販売されているので、inView N-911 BASICモデルのユーザだけではなく、inView N-911標準モデルのユーザも、1個持っていると便利だろう。
 また、inView N-911 BASICモデルと同時発売になったのが、筆者の紹介した専用ケースの色違いで、キュートなピンク」色のケースが登場した。男性ユーザだと躊躇してしまう気がするが、女性ユーザであれば、なかなかお洒落(かも?)しれない。

【いつも内税】GPS搭載ハイグレードPocketPCinView N-911/128MB BASICモデル【SuperMappleDigitalVer6forSPA付き】 【新発売記念電源変換コネクタ付き、期間限定】 【特別販売価格:43,980円(税込)送料込】
【いつも内税】GPS搭載ハイグレードPocketPC inView N-911/128MB BASICモデル 【SuperMappleDigitalVer6forSPA付き】 【新発売記念電源変換コネクタ付き、期間限定】 【特別販売価格:43,980円(税込)送料込、代引無料


【いつも内税】inView N-911用レザーケース(見開き型、ピンク)【特別販売価格:2,780円(税込)送料別】
【いつも内税】inView N-911用レザーケース (見開き型、ピンク) 【特別販売価格:2,780円(税込)送料別




【P to Go】モバイルクルーザー【価格:1,070円(税込1,123円)送料別】
【P to Go】モバイルクルーザー【価格:1,070円(税込1,123円)送料別



【P to Go】 P CORDアジャスタブル電源ケーブル ピーコード【価格:740円(税込777円)送料別】
【P to Go】 P CORDアジャスタブル電源ケーブル ピーコード【価格:740円(税込777円)送料別

|

« デジタルマップフェア2005 | トップページ | 新Socket Bluetooth GPS受信機 »

コメント

清水さんはじめまして。
mio168、N-911のどちらを購入しようかと迷っており、ずいぶん(1年くらい)からこのサイトを閲覧しています。最近N-911に傾いておりましてひとつ伺いたいことがあります。
以前sandiskの無線LANカードが安く手に入るとのことでしたが、ネット販売されていないようで(探せないだけかもしれませんが)、CGUYS SDLINKはどうなのでしょうね。メーカーさんに聞けばよいのかもしれませんが、メーカーサイトのPDAにN-911が無いもので。ご存知でしたらご教示願います。

投稿: isoiso | 2005年11月11日 23:59

isoisoさん、こんばんは、

SDIOの無線LANカード、私が前に紹介したSanDiskのは、国内では販売が終了しちゃったようですね。(残念)

inView N-911で使えるSDIOの無線カードは、ご指摘のシーガイズの製品は使えたという、ユーザレポートが、mixiのinView N-911コミュニティで報告されています。

ただ、私が本Blogで以前に紹介した、無線LANアクセスポイント探査ツールなどが、このシーガイズのSDIO無線LANカードでは使えないことも判っています。

同じ様な価格帯で、プラネックスのSDIO無線LANカードがあり、こちらもmixiのinView N-911コミュニティで使えているというレポートがあります。また、このカードであれば、完全ではないのですが、無線LANアクセスポイント探査ツールも動作したとのことです。

日本では、この2製品が店頭なり通販で購入可能なので、どちらかを選ぶとなれば、後者のプラネックスの製品の方をお勧めします。

http://www.planex.co.jp/product/bwave/gw-sd11p.shtml

ご参考まで。

投稿: 清水 隆夫 | 2005年11月12日 01:17

清水さん、ありがとうございます。
GPS搭載PDAにCFスロットが付いていれば
いろいろ悩まずに良いのですが、SDカードの
容積に回路を入れることや消費電力を抑える
などから、CFの方が簡単で安く作れるからでしょうか。
無線LANカードはもう少し待ってみることにします。それよりPDAを選ばねば。

投稿: isoiso | 2005年11月12日 21:58

isoisoさん、こんばんは、

SDIOデバイスは、やはり小型化のためにコスト高になるんでしょうね。CFであれば、TYPE2ならば、かなり容積もあるので、低コストで出来るのだと思われます。

GPS内蔵PDAを入手されてから、考えても遅くはないと思いますよ。

投稿: 清水 隆夫 | 2005年11月14日 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/6529608

この記事へのトラックバック一覧です: inView N-911 BASICモデル:

« デジタルマップフェア2005 | トップページ | 新Socket Bluetooth GPS受信機 »