« Scythe STEALTH POWER | トップページ | B FLET'S »

2005年10月14日

Giga bit Ethernet

 筆者の新しく購入したマザーボード、台湾ASUS社の「A8N-SLI Premium」には、ギガビット(1000Mbps)のLANポートが、2ポート装備されている。従来のデスクトップPCや、サーバ、ノートPCには、全て100BASE-T(100Mbps)のLANポートだったので、デスクトップPCがギガビットLANに対応したのを機会に、LAN配線を100Mbpsの100BASE-Tから、1000MbpsのギガビットLAN(GbE:Giga bit Ethernet)へ置き換える事にした。

GbE_LAN

 既存のLAN配線は、そのまま使用することにして、手始めに筆者の作業している机の環境から、GbEへ置き換えることにし、既存の100MbpsのスイッチングHUBから、GbE対応のバッファロー製の、「LSW-GT-5NS」へ置き換えることにした。
 従来の100MbpsのスイッチングHUBは、8ポートだったので、新たに購入するギガビット対応HUBも、同じく8ポートにした方が良いのであるが、財布の中身と相談して5ポートのLSW-GT-5NSとした。これは、ノートPCを接続する場合、ノートPCに内蔵されているLANポートが、100BASE-Tであるため、既存の8ポートHUBも併用することにしたからだ。
 とりあえず、デスクトップPCと、サーバをギガビットへ対応させるため、100Mbpsとの混在LAN環境を構築することにした。これは、インターネットがFTTHなので、現状の100Mbpsで十分だという理由からだ。
 ギガビット用のLANカードは、玄人志向の超安価なGbE対応LANカード「GBE-PCI2」を、5個購入した。5個購入しても、約5000円であり、GbE対応のHUBと合わせても、1万円をちょっと超えるだけの出費で済む。
 玄人志向のGBE-PCI2は、ロープロファイル対応のバックパネルも付属しているので、筆者宅にある殆どのサーバや、デスクトップPCに装着可能なのもありがたい。GbE用チップはVIA製なのだが、現状の100Mbpsから比べて、どの程度スループットがあがるか、環境の構築が終わった段階で、またレポートしてみたいと思っている。

GBE-PCI2【価格:989円(税込1,038円)送料別】


「玄人志向」ギガビットLANカード(ロープロファイル対応)GBE-PCI2【価格:989円(税込1,038円)送料別



【在庫目安:豊富】10/100/1000MスイッチングHub ファンレス電源内蔵 10/100/1000M×5ポート【価格:5,318円(税込 5,583 円)送料別】


「バッファロー」10/100/1000M スイッチングHub ファンレス電源内蔵 10/100/1000M×5ポート【価格:5,318円(税込 5,583 円)送料別

|

« Scythe STEALTH POWER | トップページ | B FLET'S »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/6401666

この記事へのトラックバック一覧です: Giga bit Ethernet:

« Scythe STEALTH POWER | トップページ | B FLET'S »