« SPA闇市延長! | トップページ | USB PHONE K-200W »

2005年12月22日

MyMio MFC-610CLN

 先日、筆者が楽天のショップから通販で購入した、ブラザー工業の薄型デジタル複合機(プリンタ、スキャナ、コピー、ファクス、留守番機能付き電話、無線子機)「MyMio MFC-610CLN」を、数日前になるのだが、これまで使っていた感熱記録紙のファクス(留守番電話、無線子機付き)と、入れ替えを行った。
 この、MyMio MFC-610CLNは薄型ではあるが、設置面積としてはそれなりの面積を必要とするので、筆者宅の作りつけ電話台では、若干ながら奥行きが不足してしまうのだが、軽量であるため小型ラックの上に設置したので、特に不都合は発生しなかった。

MFC-610CLN_1

 MyMio MFC-610CLNの設置は、非常に簡単であり、付属の電話線をMyMio MFC-610CLNへモジュラージャックを差し込み、反対側のモジュラージャックを、筆者の場合は、ひかり電話用のルータ「RT-200KI」の電話ポートへ接続する。
 同様に、イーサネットのストレート・ケーブル(これはMyMio MFC-610CLNには付属していない)を、RT-200KIのLANポートへ接続し、反対側をMyMio MFC-610CLNのLANポートへ接続する。そして、MyMio MFC-610CLNの電源コードを、ACコンセントへ差し込むだけだ。

MFC-610CLN_2

 MyMio MFC-610CLNの上部は、スキャナ用のスキャン面となっており、蓋となるカバーは、脱着が可能な構造なので、厚手の本をスキャンする場合は、カバーを外してスキャニングが可能だ。ファクスの場合には、複数の原稿を内蔵メモリへ蓄えておき、一括送信を行うことも可能なので、原稿の枚数にもよるが、上位機に装備されている、ADF(Automatic Document Feeder)は、筆者の場合は不要だ。

MFC-610CLN_3

 MyMio MFC-610CLNのスキャナ部分は、更に横方向に開閉可能で、丁度車のエンジン・ボンネットの様な形で開き、ストッパーが自動でセットされる。スキャナ部分の下部には、プリンタのメカニズムと、インク収納部分、USBポートやLANポートなども、ここに装備されている。
 MyMio MFC-610CLNの後部右側に見える黒い箱は、電話子機との無線通信用ユニットで、ロッドアンテナも装備されている。この無線ユニットの部分だけが、後部に若干出っ張ってしまうのだが、薄いとは言え本体と一体化している方が好ましい。

MFC-610CLN_4

 MyMio MFC-610CLNのインクは、マゼンタ、シアン、イエロー、ブラックの4色だが、ブラックのインクだけが、インク容量が多くなっている。インク格納部分の奥に、LANポート用と、USBポート用のコネクタが装備されている。ケーブルを後部へ出すための溝が、ちゃんと確保されているので、頻繁にケーブルの脱着を行う性格の機器では無いため、見栄えという点では、良い設計だと思う。

MFC-610CLN_5

 MyMio MFC-610CLNの本体、前面左側には、各種のフラッシュメモリカードリーダが装備されており、パソコンを経由することなく、直接MyMio MFC-610CLNで印刷が可能だ。無論、USB接続をしたパソコンからも、USBマスストレージとしてMyMio MFC-610CLNが認識され、カードの読み書きが可能だ。
 ただし、LAN接続を行っている場合、MyMio MFC-610CLNのカードリーダに対しては、読み出しだけがサポートされており、書き込みは行えない。しかし、スキャンしたイメージファイルを、カードリーダへ装着したフラッシュメモリへ記録出来るなど、複合機ならではの機能を装備しており、パソコンを起動しなくても、ある程度の操作が可能なので、便利である。

MFC-610CLN_6

 MyMio MFC-610CLNの操作パネルに装備されている、各種ボタンはボタン自体が発行して、動作モードを示す自照式ボタンなので、ボタンのアイコンと共に、日本語によるモード説明があるので、判りやすい表示だ。液晶ディスプレイには、操作ガイダンスの表示を行うが、カナ文字なので少し判りにくい。
MFC-610CLN_7 MyMio MFC-610CLNをオンフック状態にするか、子機をオンフック状態にすると、この液晶ディスプレイが、鮮やかなコバルトブルーによるバックライトが点灯する。
 MyMio MFC-610CLNに付属の子機は、なかなかスリムなデザインで、これまで使っていたサンヨー製の、ファクス留守番電話に付属の子機と違い、子機側もナンバー・ディスプレイが行える、液晶ディスプレイを装備しているので、とても便利だ。
 また、この子機とMyMio MFC-610CLNの無線通信範囲は、かなり広いので、筆者宅ではベランダやテラスも含めて、どこからも通話が可能だった。従来機では、ちょっと無線の感度が悪かったので、これもMyMio MFC-610CLNのありがたい点である。
 しかし、MyMio MFC-610CLNの最もありがたい点は、全ての操作を、LAN経由で接続したパソコンから行えることだ。これは、プリンタ機能、スキャナ機能、そしてMyMio MFC-610CLNの設定や状態管理など、殆どのことがLAN経由で行える。
 付属のツールも豊富であり、MyMio MFC-610CLNをパソコンと接続して使うと、MyMio MFC-610CLNを単独で使用するよりも、ずっと便利である。特に驚いたのは、MyMio MFC-610CLNは、SNMP対応の機器である点だ。
 SNMP管理ツールも、MyMio MFC-610CLNに標準で添付されているので、SNMPを特に知らなくても、単なるリモート管理ツールとして使用できるので、ネットワークに詳しくなくとも、全く問題なく使えるように、MyMio MFC-610CLNのSNMP管理ツールは、簡単操作が可能なようにアレンジされている。
 家庭内LANが既にある場合はもちろんだが、ひかり電話によるファクス、電話機としても問題なく使用できているので、2台目のプリンタ、スキャナとしても、MyMio MFC-610CLNは、良い買い物だったと言える。

ブラザー MyMio(マイミーオ) MFC-610CLN 【特典】予備インク付ネット販売価格:24,800円(税込)送料込】ブラザー MyMio(マイミーオ) MFC-610CLN プリンタ・スキャナ・カラーコピー・フォトメディアキャプチャー・ファクス・PCファクス・コードレス子機、オマケにLAN対応1台7役のスリムな薄型デジタル複合機【特典】予備インク付価格:24,800円(税込)送料込

※オマケの4色カラーインクパック価格は、通常税込で4,800円前後、また送料が別途必要の場合が多く、それを考慮すると実質的に、このMCF-610CLN本体価格は約19,500円となる大特価だ。
【即納です】ブラザー工業(株)MYMIO MFC-610CLN(子機1個)MFC-610CLN【価格:23,980円(税込25,179円)送料別】


【即納です】ブラザー工業(株)MYMIO MFC-610CLN(子機1個)MFC-610CLN【価格:23,980円(税込25,179円)送料別

|

« SPA闇市延長! | トップページ | USB PHONE K-200W »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/7781496

この記事へのトラックバック一覧です: MyMio MFC-610CLN:

« SPA闇市延長! | トップページ | USB PHONE K-200W »