« Nokia携帯、百花繚乱 | トップページ | RT-200KI FirmWare Ver.01.01 »

2006年1月18日

I-O DATA WN-WAG/CBH

 NTTのBフレッツ用「ひかり電話」専用ルータである、「RT-200KI」用無線LANカード「SC-32KI」互換の無線LANカード、PLANEX Communications社製「GW-NS54SAG」は、問題なく筆者宅では、SC-32KIの代わりに動作しているのだが、筆者が2006年の初荷で購入したひかりパーソナルフォン」(WI-100HC)の親機として、RT-200KIを使用する設定に変更して感じた事は、無線LAN(IEEE802.11b/g)の電波が弱いという点だ。
 これは、RT-200KI用のNTT純正のSC-32KIであっても、PCカードのアンテナ部分が、全く同一の形状なので、仮にNTT純正のSC-32KIを使用したとしても、同じ状況だろうと筆者は推測している。

WN-WAG_CBH_1

 これは、別のIEEE802.11b用のアクセスポイント(バッファローのAir Station)には、外部アンテナが接続してあり、RT-200KIAir StationIEEE802.11bの同一チャンネルに設定して、WI-100HCに搭載されているネットワーク検索機能によって、電界強度の数値(デシベル)を比べてみても、明らかにRT-200KISC-32KI互換であるGW-NS54SAGの組合せの方が、電界強度が弱いのだ。
 そこで、外部アンテナの使用可能で、尚かつGW-NS54SAG同様にSC-32KI互換の無線LANカードを新たに購入してみた。今回、懲りずに購入した無線LANカードは、I・Oデータ機器製の「WN-WAG/CBH」である。

WN-WAG_CBH_2

 WN-WAG/CBHの仕様には、Atheros Communications社の、無線LANチップセットを搭載しており、加えてSuper AGにもXRにも対応している。Atheros Communications社の、無線LANチップセットを搭載していても、NETGEAR社のJWAG511の様に、Super AGXRに非対応の場合は、RT-200KISC-32KI互換カードとして認識してくれない可能性があるので、この条件を試す意味でも、可能な限りNETGEAR社のJWAG511と同じ方が好ましい。
 その点、I・Oデータ機器製のWN-WAG/CBHは、IEEE802.11aの仕様が、新規格のW52W53に加えて、旧規格のJ52にも対応している。無論、IEEE802.11b/gに対応しているのは当然だ。

クリックで拡大ポップアップWN-WAG_CBH_3

 WN-WAG/CBHのPCカードに装備されている、内蔵の無線LANアンテナ部分は、GW-NS54SAGJWAG511に比べると、半分以下のサイズとなっており、非常に小型化されている。無線LANに限らず、無線用アンテナは波長によってサイズは決まってしまう。IEEE802.11b/gの使用する2.4GHzの波長から考えると、WN-WAG/CBHのアンテナは短縮率が大きく、決して好ましいとは言えない。
 しかし、その弱点をカバーする機能として、外部アンテナの接続が可能なように、外部アンテナ接続用コネクタが、WN-WAG/CBHには装備されている。また、外部アンテナ接続用としては、コネクタ変換用のアダプタも標準で添付されており、手持ちの無線LAN用アンテナが流用できるのは、嬉しい仕様だ。

WN-WAG_CBH_4

 WN-WAG/CBHは、IEEE802.11aの場合、旧J52に加えて新国際チャンネルであるW52W54に対応しているので、国外でも共通のIEEE802.11aで使用可能な仕様なのだが、残念ながらTELECの認定しか取得されておらず、FCCCEの認定が無いため、IEEE802.11b/gも含めて、日本国内でのみ使用可能で、海外での使用を行うと、その使用した国の電波法によっては、電波法違反となってしまう。
 無論、逆に海外の無線LANカードが、W52W54はもちろんのこと、IEEE802.11b/g対応していたとしても、TELECの認定を取得していない場合、所有するのは違反では無いが、使用した時点で、電波法違反となるのは、言うまでもない。これは、Bluetooth機器(GPS受信機やヘッドセット、マウス、キーボード等)や、無線LAN、Bluetoothを内蔵したPDAや携帯電話なども同様である。

WN-WAG_CBH_5

 さて、肝心のWN-WAG/CBHが、SC-32KI互換の無線LANカードとして、RT-200KIで問題なくSC-32KIとして認識され、動作を行ってくれるかどうかであるが、全く問題なくIEEE802.11aと、IEEE802.11bIEEE802.11b/gで動作した。
 ただし、WN-WAG/CBHIEEE802.11aの旧J52に加えて、新国際チャンネルであるW52W54に対応しているのであるが、RT-200KIに接続した場合は、W52だけしか使用出来ない。つまり、GW-NS54SAGやと全く同じという訳であるが、無論ノートPCへ装着して使用する場合には、この限りでは無い。
 RT-200KIに装着した場合、SC-32KI/GW-NS54SAGに比べ内蔵アンテナ部分が小さい分、RT-200KIの本体と殆ど同じ高さとなるため、アンテナ効率が落ちるのではないかと思われたが、実際に電界強度の数値を確認してみると、SC-32KIとアンテナ形状が全く同じの互換カード、GW-NS54SAGと同等だった。外部アンテナの接続は未だ行っていないのだが、後日テストしてみてレポートを行う予定だ。
 また、WN-WAG/CBH以外にも、バッファロー製の「WLI-CB-AMG54」も、RT-200KISC-32KI互換無線LANカードとして動作をするというコメントを、本Blogの読者の方から頂いた。このWLI-CB-AMG54は、仕様的には外部アンテナが接続出来ない点を除けば、WN-WAG/CBHと同じである。形状としては、SC-32KIGW-NS54SAGと全く同一であり、価格的にも現在最も安価なのに加えて、入手性も高い。
 これらWN-WAG/CBHWLI-CB-AMG54GW-NS54SAG以外にも、RT-200KISC-32KI互換無線LANカードとして、現在流通している使用可能な無線LANカードがあれば、是非とも本Blogへコメントいただければ幸いである。 これらのSC-32KI互換カードを、一覧表としてまとめてみたいと思う。

【送料全国一律525円・合計3万円以上で送料無料・在庫目安:僅少】IO-DATA IEEE802.11a/g/b対応 【価格:5,010円(税込:5,260円)送料別】
【送料全国一律525円・合計3万円以上で送料無料・在庫目安:僅少】IO-DATA IEEE802.11a/g/b対応 無線LANアダプター(CardBus PCカード) WN-WAG/CBH 【価格:5,010円(税込:5,260円)送料別

【全国一律送料525円】【在庫目安:あり】バッファロー IEEE802.11a/g切替 無線LANカード 【価格:5,002円(税込:5,252円)送料別】
【全国一律送料525円】【在庫目安:あり】バッファロー IEEE802.11a/g切替 無線LANカード 世界標準11a対応 [WLI-CB-AMG54] 【価格:5,002円(税込:5,252円)送料別


【送料全国一律525円・合計3万円以上で送料無料・在庫目安:僅少】PLANEX IEEE802.11a+b+g 【価格:5,200円(税込:5,460円)送料別】
【送料全国一律525円・合計3万円以上で送料無料・在庫目安:僅少】PLANEX IEEE802.11a+b+g無線LANカード GW-NS54SAG 【価格:5,200円(税込:5,460円)送料別



|

« Nokia携帯、百花繚乱 | トップページ | RT-200KI FirmWare Ver.01.01 »

コメント

こんにちは、いつも楽しく読ませていただいています。RT-200KIとWeb Caster FT-STC-Va/g(購入価格は8,800円位)のaモードで使用できています。それにLinksysの無線ルーターをつなげてgモードで使用中です。gモードはPDA用です。aモードは、電子レンジ、2.4GHzコードレスとも電波干渉がなく快適です。

投稿: こばやし | 2006年1月21日 10:33

こばやし さん、情報ありがとうございます。

Web Caster V110やV110M用のWeb Caster FT-STC-Va/gは、やはりRT-200KIでも動作するのですね。

IEEE802.11aの場合は、Web Caster FT-STC-Va/gは旧J52での動作となるわけで、そいう意味では、他にいただいたコメントで、NECのWL54AGも同様に使えているので、ルータがWeb Caster V110やV110Mから、マイナンバーやダブルチャンネルで、RT-200KIに代わっても、そのまま使えるのはありがたいですね。

どうも、RT-200NEでは、専用のSC-32NEでないと、NEC製の無線LANカード(WL54AG等)も使えないという噂ですので・・・

RT-200KIも、ファームウェアがバージョンアップすると、今使えているSC-32KI互換の無線LANカードが、使えなくなる可能性もありますので、ファームウェアのバージョンアップには、要注意です。

投稿: 清水 隆夫 | 2006年1月22日 20:46

清水様
いつも有益な情報をありがとうございます。楽しく読ませていただいております。
先日、ひかり電話を申し込みましたので、開通と同時に無線を使用できるようにと、早速WN-WAG/CBHを購入しました。
が!
本日NTTより電話がありまして、送られてくるのはRT-200NEとのこと!!何とかKIにしてもらえないかとお願いしてみましたが、すでに完全に切り替わっているので、在庫もないとのこと。(ホントか?)
というわけでせっかく買ったカードが、未使用にして不要品になってしまいました。
一応動作検証しまして、またご報告させていただきます。NEでも使える市販カードが見つかればいいんですけど...。
こうなると、なんだか意地でSC-32NEは使いたくなくなってきました。大人気ないですねぇ。
それでは。

投稿: 東京多摩地区 | 2006年1月26日 18:46

東京多摩地区さん、こんばんは、

ひかり電話の開通、おめでとうございます。

RT-200NEですか~ (苦笑)なんだか、出回るのが遅いなぁと思っていたら、しっかりプロテクトを掛けたようですね・・・

駄目もとで、WN-WAG/CBHを挿してみるしか、無いと思いますが、どうもSC-32NE以外は駄目そうな予感はしますけど・・・

まぁ、ルータとしての出来は、RT-200NEの方がよさそうなので、それだけでも良いんじゃないかと思います。ただ、X-Liteなどが使えるかどうかも気になる点ではあります。

また、テストされましたら、是非、そのあたりも教えてください。

投稿: 清水 隆夫 | 2006年1月26日 21:06

はじめまして。
今日から光電話が開通し、無線LANとしてRT-200KIとSC-32KIを使用しております。
これらは、レンタルなので互換製品がないか
検索しまして、ここを見つけました。
GW-NS54SAGが互換とのことですが、ファームウェアのバージョンアップで使用不可になる可能性があるとのことなので、しばらく様子をみるしかないのでしょうか?

投稿: V3 | 2006年2月 4日 23:59

はじめまして。
1/24にひかり電話に切り替えました。
送られてきたルーターはRT-200NEでした。
横浜北部在住です。

NECの市販のルーターは、親機に使える無線カードと使えないのがあるようで、
「Atermシリーズ親機の拡張カードスロットに装着できるのはWL54AGのみです。
WL54SC、WL54AG-SDは装着できません。」
とあります。
(http://121ware.com/product/atermstation/product/index.html 参照)
もしかしたら、RT-200NEでも、WL54AGなら認識するのかもしれないですが、6000円位するので様子見です。

投稿: どーも | 2006年2月 5日 00:45

>V3さん、こんにちは、

RT-200KI用のSC-32KI無線LANカードの互換性に関しては、以下の記事でまとめましたので、ご参考にされてください。

http://tshimizu.cocolog-nifty.com/good_job/2006/02/sc32ki_compatib.html

現状では、問題なくバージョンアップしたRT-200KIの新ファームウェアでも動作していますが、今後どうなるかは、判りません。ご心配ならNTTからリースされる事をお勧めします。

>どーも さん、こんにちは、

私の友人宅で、RT-200NEへNECのWL54AGを試したところ、全く認識しなかったと言っていました。残念ながら、RT-200NEには、純正のSC-32NE以外の無線LANカードが使用不可能なようです。つまり、純正のSC-32NEをリースするしかないみたいですね。

もちろん、使えるカードが市場にあるのかもしれませんが、今のところは見つかっていないようです。

投稿: 清水 隆夫 | 2006年2月 5日 17:20

こんばんは。

当方RT-200KIを使用中なのですが、ひとつ質問があります。

現状でI/OデータのWN-WAG/CBHはSC-32KIと互換との事ですが、ひとつ前のWN-WAG/CBは互換なのでしょうか?

また、PC側の無線LANカードは上記モード対応なら、何でもOKなんでしょうか?

無線LANは初心者なもので、宜しく御願いします。


投稿: うめさん | 2006年2月18日 21:53

うめさん、こんばんは、

WN-WAG/CBは、当方所有しておりませんので、断言は出来ませんが、恐らく使用可能だと思います。WN-WAG/CBより前のCB2が当方では使えています。

詳しくは、こちらのエントリーを読んでください。

http://tshimizu.cocolog-nifty.com/good_job/2006/02/sc32ki_compatib.html

WN-WAG/CBをお持ちでしたら、試してみるのがてっとり早いと思いますよ。RT-200KIの電源を落として、WN-WAG/CBを装着してからRT-200KIの電源を入れるだけです。

そこで、WN-WAG/CBのパワーとリンクのLED(発光ダイオード)が、定期的な点滅を始めてくれれば、使えると思って間違いありません。

クライアント側のPCへ接続する(或いは内蔵している)無線LANは、旧J52対応のIEEE802.11a以外であれば、殆ど繋がるのですが、RT-200KI側の設定を自動で行えませんから、PC側の設定を手動設定を行うのが基本です。

相性問題も出るケースがありますが、よほど古い無線LAN機器でないかぎりは、大丈夫だとは思います。

投稿: 清水 隆夫 | 2006年2月18日 22:21

WN-WAG/CBHを購入して今日とどいたのですがドライバのインストールが出来ない?

OSはWin Me 
PenⅢ600MHz HDD20GB  メモリ192MB
です。

IO-DATAWebサポートを確認したら電話受付時間:月~金9:30~19:00でした土日無線LANカード使えません。

解決方法わかりませんか?
分かったら教えてください。

投稿: 無知 | 2006年3月24日 22:08

無知さん、こんばんは、

状況の情報が不明で、アドバイスに困ります。

1) CD-ROMのインストールソフトが自動起動しない。

2) インストーラが起動してもエラーで止まる。

等が考えられますが、(1)は、CD-ROMの自動起動が禁止されている場合ですので、CD-ROMに収録されているAUTORUN.EXEをクリックすれば、インストールが開始されますので、後はメッセージに従って作業するだけです。

(2)の場合は、エラーの種別によっても、アドバイスが異なります。

また、ドライバだけをインストールしたいのであれば、CD-ROMに収録されてる「WINME」フォルダを、WN-WAG/CBHをカードスロットへ挿入した場合に、ドライバの場所として指定すれば、ドライバだけがインストールされます。

ただ、Windows Meの場合には、無線LANユーティリティが標準では装備されていませんので、やはりツール類もインストールしておかないと、いけないと思います。

ちなみに、当方では、Windows 2000/XP共に問題なくドライバやユーティリティのインストールが可能でしたが、当方ではWindows Me/98は既に持っていないので、試すことは出来ません。あしからず・・・

投稿: 清水 隆夫 | 2006年3月25日 01:45

SC-32KI互換の無線LANカードとしてI-O DATA WN-WAG/CBHを購入しました。早速取り付けて設定してみたのですが、PER,NETランプが点滅のままで機能しません。
解決方法わかりませんか?
分かったら教えてください。

投稿: よっちゃん | 2007年2月24日 12:06

よっちゃん、こんばんは、

>PER,NETランプが点滅のままで機能しません。

機能していないのは、本当に確認されましたか?
クライアントのPCから認識されないということだけではないでしょうか。

RT-200KIに付属のマニュアルを、ちゃんと読んでいますか? マニュアルに記載されている設定方法どうりの手順で行えば、ちゃんと認識されると思います。

>解決方法わかりませんか?

判りません。あなたか使用しているPCの機種やOS,無線LANカードの型番(あるいは内蔵なのかどうか)など、情報が少なすぎます。

>分かったら教えてください。

私のRT-200KIやSC-32KIの関する記事のコメントを全て読んでみてください。解決の糸口や該当するRT-200KIのマニュアルのページ数なども記載してあります。

ただし、記事にも注意を書いてますが、基本的に自己責任です。自分で解決できないのであれば、厳しい様ですがNTTからSC-32KIを素直にレンタルしてください。

そうすれば、NTTが無料で解決してくれます。

投稿: 清水 隆夫 | 2007年2月26日 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/8212347

この記事へのトラックバック一覧です: I-O DATA WN-WAG/CBH:

« Nokia携帯、百花繚乱 | トップページ | RT-200KI FirmWare Ver.01.01 »