« X-TenMate Version 1.0.0.26 | トップページ | PLANTRONICS Pulsar 590A »

2006年3月13日

RT-200KIとWI-100HCのトラブル

 先々週の事なのだが、筆者宅で使用中であるNTTのBフレッツ用「ひかり電話」専用ルータ「RT-200KI」と、その無線LANの電話子機であるNTTひかりパーソナルフォン WI-100HC」の調子が、非常に不安定な状態になった。どんな具合だったかと言うと、外線からの呼び出しに対して、RT-200KIのアナログポートへ接続してある電話機や、有線LAN経由でのX-Liteでは、問題なく着信を行うのだが、何故かWI-100HCへの着信は呼び出しから1分近く後に着信音が鳴るのだ。
 激しい場合には、アナログ電話機やX-Liteで着信をし、会話が終了してからWI-100HCの呼び出し音が鳴る場合もあった。加えて、WI-100HCRT-200KIの無線LANリンクが、非常に切れやすくなり、知らない間にリンクが切れていて、再接続のボタンを押さないと、自動で再接続が行われない。

RT-200KI_WI-100HC_1

 どうも無線LANだけに不具合が発生しており、アナログ電話ポートや、有線LANによる電話機能は正常なので、ひかり電話に不具合が発生してる訳ではない。また、ルータ機能も正常に動作しており、速度の低下なども起こしていないので、RT-200KIが不調な訳でもないのだ。
 RT-200KIに装着してある、「SC-32KI」互換の無線LANカードが不調なのかと思い、RT-200KIの無線LANカード装着部分のカバーを外してみると、装着してあったI・Oデータ機器製の「WN-G54/CBL」が、本来であれば電源LEDとリンクLEDの双方が、点滅発光しているハズなのだが、これがリンクLEDの「NET」しか点滅していなかった。
 先月末に、RT-200KIのファームウェアをアップデートした際に、アップデート後のソフトウェアによる再起動の後、念のために電源のオン・オフによる再起動を行った際、RT-200KIのカバーを外して、WN-G54/CBLの状態確認をした際は、正常に両方のLEDが点滅していたのだが、何故か電源LEDが消灯状態となっていた。

RT-200KI_WI-100HC_2

  新しいRT-200KI用のファームウェアと、WN-G54/CBLの相性が悪いのだろうか、またはSC-32KI互換の無線LANカードは、不安定になったのだろうか。いずれにしても、筆者宅では非常に安定しているRT-200KIと、SC-32KI互換の無線LANカード、そしてWI-100HCを使い始めて、初めての事だった。
 とりあえず、RT-200KIの電源プラグを抜き、しばらく待った後に再度、電源プラグを装着して、RT-200KIをイニシャライズしてみた。この時点では、装着しているWN-G54/CBLの二つのLEDは、正常に点滅を行っており、正常に動作をしている様に見えた。
 そこで、再度WI-100HCからSIP登録を行ってみたが、状況は以前と同じで、しばらくすると、SIP登録が解除されてしまい、外線着信も遅れて鳴る状況も同じだ。また、SIP登録が解除されてしまう場合も、アンテナ表示は圏外になっていたり、電波強度が弱いという事も無い。そこで、今度は、WI-100HCの電源をオフにし、再度電源投入を行ってみた。
 思えば、WI-100HCを購入してから、殆ど電源を入れっぱなしだったから、3ヶ月ぶりの電源オフという事になる。すると、今度は問題なく、外線や内線の着信も、殆どアナログポートや有線LAN経由と同時に鳴る。またSIP登録も解除される事が無くなった。
 この状況は、その後今日まで問題なく動作を行っているので、不具合の原因はWI-100HC側にあったと考えるべきなのだろうか。だとすれば、RT-200KIに装着してあったWN-G54/CBLの電源LEDが消灯した理由は、一体なんだったのだろうか。
 次回に同じ様な状況が発生した場合は、最初にRT-200KI側の電源リセットではなく、WI-100HCを電源リセットしてみることにする。WN-G54/CBLの電源LED消灯は、偶発的な症状であり、機能としては問題なく動作をしていた可能性もあるからだ。いずれにして、同様のトラブルが発生した場合、機器の電源オンオフによるリセットで、回復することだけは判明したので、何かの参考になれば幸いだ。

【全国代引手数料無料・送料無料】】【在庫目安:僅少】IO-DATA IEEE802.11g/b対応 無線LANアダプター [WN-G54/CBL]  【価格:2,821円(税込:2,962円)送料込】
【全国代引手数料無料・送料無料】】【在庫目安:僅少】IO-DATA IEEE802.11g/b対応 無線LANアダプター [WN-G54/CBL]  【価格:2,821円(税込:2,962円)送料込


【全国代引手数料無料・無料】】【在庫目安:あり】バッファロー IEEE802.11a/g切替 無線LANカード 【価格:4,219円(税込:4,429円)送料込】
【全国代引手数料無料・送料無料】】【在庫目安:あり】バッファロー IEEE802.11a/g切替 無線LANカード 世界標準11a対応 [WLI-CB-AMG54] 【価格:4,219円(税込:4,429円)送料込

 

【ただいま全国代引手数料無料・送料無料】【在庫目安:取り寄せ】
【全国代引手数料無料・送料無料】【在庫目安:取り寄せ】アイ・オー・データ機器 IEEE802.11a/g/b対応 無線LANアダプター(CardBus PCカード) WN-WAG/CBH 【価格:5,328円(税込:5,594円)送料込


ひかりパーソナルフォン WI-100HC (NTT東日本エリア専用) 【販売価格:17,500円(税込)送料込】
ひかりパーソナルフォン WI-100HC 【販売価格:17,500円(税込)送料込】 (楽天市場 NTT-LS)


 


|

« X-TenMate Version 1.0.0.26 | トップページ | PLANTRONICS Pulsar 590A »

コメント

はじめまして、小太郎と申します。
我が家も似たような構成でHC-100を使っておりますが同様の現象でした。LANカードはNTT純正SC-32です。HC-100の電源を入れなおさない限りリンクが切れておりましたので、やはりLANカードではなくHC-100の問題と思われますが、ソフトのバージョンアップはルータ側なので???ですね。
とりあえず、お知らせまで。失礼します。

投稿: 小太郎 | 2006年3月14日 08:41

小太郎さん、こんばんは、

純正のSC-32KIでも同じ現象だったということは、互換の無線LANカード(WN-G54/CBL)が原因ではなかったようですね。

トラックバックを頂いた、小川徹也さんのレポートでも、私のところと同じ症状で、WI-100HCをリセットして解決されたとのことですから、今回のRT-200KIのファームウェアがアップデートしたことにより、何らかの理由でWI-100HC側に不具合が生じたようです。

結果的には、RT-200KIだけではなく、WI-100HCを電源オン・オフによるリセットを行えば、問題は無くなるということなので、予めWI-100HC側のファームウェアには、今回のRT-200KIのファームウェア、アップデートに対応していたと思われます。

RT-200KI側のアップデートで、WI-100HCに不具合が出てしまうのであれば、そう言ったアナウンスをNTT側もアップデートの説明に、WI-100HCのリセットを行うように説明をしておくべきだったと思います。(NTT側も把握していなかった可能性もありますが)

いずれにしても、情報ありがとうございました。また、トラックバックを頂いた、小川徹也さんフォローのレポートをありがとうございました。原因が特定できたので、安心してSC-32KI互換の無線LANカードを使い続けられます。(笑)

投稿: 清水 隆夫 | 2006年3月15日 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/9047242

この記事へのトラックバック一覧です: RT-200KIとWI-100HCのトラブル:

» ひかり電話WI-100HCへの着信遅延 [小川徹也の個人的ブログ]
清水 隆夫さんの「Good Job !」に、RT-200KIとWI-100HCのトラブルについてレポートがあります。 私の家でもRT-200KIを「Ver.0.1.02.0000」にバージョンアップしてから、ひかり電話WI-100HCへの着信が、呼び出しから着信音が鳴るまでかなり時間がかかるようになっていました。..... [続きを読む]

受信: 2006年3月14日 14:57

« X-TenMate Version 1.0.0.26 | トップページ | PLANTRONICS Pulsar 590A »