« SPAから新型GPS受信機 | トップページ | RT-200KIとWI-100HCのトラブル »

2006年3月11日

X-TenMate Version 1.0.0.26

 筆者が不具合をレポートした訳ではないだろうが、「P1K」と「P4K」用の「X-Lite」用コントロールソフト「X-TenMate」の、新しいバージョンが筆者のレポートした記事の直後に、ダウンロードサイトへ掲載された。新しいX-TenMateのバージョンは、「Version 1.0.0.26」となっており、筆者もレポートした不具合が修正されているものと思い、直ちにダウンロードして、X-TenMateの「Version 1.0.0.24」と入れ替えてみた。

X-TenMate_026_1

 X-TenMate Version 1.0.0.26の起動画面は、これまでのVersion 1.0.0.24Version 1.0.0.25と変わりが無く、機能なども全く変更は無い。変更履歴にも、特にX-Liteに対して負荷が増えてしまい、CPU使用率が異常に高くなるという不具合を、Version 1.0.0.26で修正したとも書かれていない。

クリックで拡大ポップアップ X-TenMate_026_2

 早々に、Windows XPのタスク マネージャを起動し、パフォーマンスを見てみると、残念ながら「CPU使用率」は60%と表示され、異常現象はX-TenMate Version 1.0.0.25と同様に発生しており、このバグはX-TenMate Version 1.0.0.26でも、修正されていない事が確認できた。

クリックで拡大ポップアップ X-TenMate_026_3

 念のために、プログラム マネージャの「プロセス」でも確認してみたのだが、X-Liteのプロセスが、異常に高いCPU使用率となっており、X-TenMate Version 1.0.0.25と同様であった。一応は、テストのために通話試験も行ってみたが、途中で通話が切れてしまうという現象も再現した。
 ナンバーディスプレイの機能は、問題なくP1Kに装備されている液晶ディスプレイに表示されるが、オフフックボタンによるX-Liteの画面表示待避は行えなかったので、これらの機能も、X-TenMate Version 1.0.0.25と同じである。
 残念ながら、筆者の環境ではX-TenMate Version 1.0.0.26を使う事無く、P1Kによるナンバーディスプレイは行えないのだが、通話自体に不具合が発生しないX-TenMate Version 1.0.0.24へ戻してしまった。読者の方でP1KP4Kを使用し、X-TenMate Version 1.0.0.25や、X-TenMate Version 1.0.0.26でも、X-Liteで問題が発生していない方が居られれば、是非ご使用PC環境と共にコメントを頂きたいと思う。

Skype スカイプ用ハンドセット
Skype スカイプ用ハンドセット 【価格:2,600円 (税込:2,730円) 送料別





【液晶付き】USB スカイプフォンDONYAダイレクト USB Skaype TypeM Black


【液晶付き】USB スカイプフォン DONYAダイレクト USB Skaype TypeM Black 【価格:2,839円 (税込:2,980円) 送料別


【送料無料】インターネット通話用 スピーカーフォンUSBハンドセット 【USB IP PHONE P4-K】
【送料無料】インターネット通話用 スピーカーフォン USBハンドセット 【USB IP PHONE P4-K】 【特別価格:4,762円 (税込:5,000円) 送料込




          

|

« SPAから新型GPS受信機 | トップページ | RT-200KIとWI-100HCのトラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/9039790

この記事へのトラックバック一覧です: X-TenMate Version 1.0.0.26:

« SPAから新型GPS受信機 | トップページ | RT-200KIとWI-100HCのトラブル »