« X-Lite Version 3.0 | トップページ | X-Lite 3.0とRT-200KI »

2006年6月24日

COMPUTEXで購入したモノ(3)

 筆者の20年来の友人(台湾人)が、今年もCOMPUTTEX TAIPEIにブースを出展していた。昨年は、残念ながらブースを出展しておらず、会うことが出来なかったのだが、今年は二年ぶりに合うことが出来た。彼は、20年以上も前になるが、某台湾PCメーカの日本駐在員として、日本に住んでいたのだが、その時に筆者の勤務していた某企業との取引で知り合い、以来ずっと家族ぐるみで交友している仲である。

Power_backup_1

 そんな友人のブースで発見したのが、以前から気になっていた中国製の外部電池アダプタ「Power Backup Kn187」である。このPower Backupは、亜州モバイル人柱隊」のTJ氏がレポートしていた製品で、香港や中国ではポピュラーな製品らしい。更にGoogleで検索してみると、上海生活のゴミ箱Blog」にxujiahui氏による詳しい使用レポートが掲載されていた。
 筆者も入手したくなり日本でも販売されていないか、調べて見たのだが残念ながら見つける事が出来なかった。そんなPower Backupを、まさかCOMPUTEX TAIPEIの友人が出展するブースで見つける事ができたとは、実に奇遇である。

Power_backup_2

 このPower Backupの小型のボディ(サイズ:12mm × 50mm × 70mm、重さ:60g)には、充電式のリチウムイオン電池(3.6V/2400mA)が内蔵されており、それを5Vへ昇圧して、USBポートへ出力して5Vで充電や給電が可能なモバイル機器へ供給する、いわゆる外部電池兼充電アダプタだ。

Power_backup_3

 Power Backupの優れている点は、USBコネクタのメスを装備しているだけでなく、収納可能なUSBコネクタのオスも装備している点だ。これにより、USBケーブルを介さなくても、直接PCに装備されているUSBポートやUSB HUBから、Power Backupを充電する事が可能になっている。

Power_backup_4

 PCに装備されているUSBポートでは、Power Backupのボディが邪魔をしてしまい、USBコネクタが挿入出来ない場合もあるが、その場合には同梱されている片側がUSBコネクタ(オス)で、もう一方がPower Backupの電源ジャックとなっている、専用USB充電ケーブルを用いれば、どんな形状のUSBコネクタ(PCHUB)からでも、Power Backupを充電する事が可能だ。

Power_backup_5

 Power BackupUSBポートから供給される5Vの容量は、出力電圧が5Vへ昇圧されている関係で、内蔵するリチウムイオン充電池の容量よりも低く、450mAが最大となっているが、これは殆どのモバイル機器を充電できる容量なので、問題は無いだろう。充電に要する電圧も、5V/450mAなので殆どのUSBポートやUSB HUBで供給可能だ。
 筆者手持ちのモバイル機器で試してみたところ、筆者が愛用のMP3プレーヤ「なんちゃってshuffleこと「Super Tangent」や、家内が愛用する本家の「iPod shuffle」(512MB)は、問題なく満充電を行うことが出来たし、Bluetoothのワイヤレスヘッドフォン兼ヘッドセットの「Pulsar 590A」(パルサー 590A)もPulsar 590Aに付属のUSBケーブルを介して、ユニバーサルアダプタと共に充電することができた。

Power_backup_6

 また、筆者所有のPDAでは、GPS-PDAd-Media System社製「inView N-911」や、MiTAC社の「Mio 168RS」も満充電を行うことが可能だった。更に5V充電のBluetooth GPS受信機も、ソニーの「VGP-BGU1」、Socket社の「Bluetooth GPS Receiver」(BLGPS)をはじめ、殆どのBluetooth GPS受信機を充電可能だ。その他、デジタルカメラも5Vの外部電源に対応している機種は、問題なく使用可能だった。
 筆者は、これまでモバイル時の予備電池として、パソコンGPSショップSPA」で販売している、外部乾電池ケース(昇電圧機能付き)を用いて、ニッケル水素の単三充電池を利用していたのだが、簡単な充電が可能で重さも軽いPower Backupを、モバイル時にはメインで使うことになりそうだ。もちろん、通常の単三電池が使える外部乾電池ケース(昇電圧機能付き)も、出張時にはコンビニで電池が購入できるので、空の状態で鞄に入れておくと安心である。
 今回、筆者が偶然にも入手できたPower Backupであるが、日本のモバイラーにとっても標準装備の、モバイル用予備電池となる可能性が大ではないかと思うのだが、如何だろうか。

SuperTangent(White/1GB/MX-1075D)
Super Tangent (White/1GB/MX-1075D)【価格:10,498円(税込:11,022円)送料別




【そのまま内税】inView N-911用新外部乾電池ケース(昇電圧機能付き)
【そのまま内税】inView N-911用新外部乾電池ケース(昇電圧機能付き)【特別販売価格:2,580円(税込)送料別


 

|

« X-Lite Version 3.0 | トップページ | X-Lite 3.0とRT-200KI »

コメント

こ、これいいですねぇ!!
USBで給電できるのもすばらしいですね!!
ほ、ほしいです(^^;;;
入手可能でしょうか?。

今まで「ZAP! Portable Battery 4000mhA」というのを使っていましたが(あ、一度横浜でお見せしたことありましたね)、給電用ACケーブルを紛失してしまいました。

投稿: siam_breeze@Bangkok | 2006年6月25日 17:28

ガンちゃん、どもです。

やっぱり、筋金入りのモバイラーは、食いついてきてくれましたねぇ~ (笑)

未だ、現時点では日本では売られていないようですが、SPAさんで扱ってくれるということになったので、間もなく販売アナウンスされると思います。

早く入手ということだと、TJ氏か香港@山根さんへ頼んじゃえば、香港では容易に入手できる見たいです。(後は、中国大陸・・・こちらは、ガンちゃんのダークサイドのお仲間に頼んでみては?)

前に見せてもらったのは、大きくて重かったけど、良かったですね。何でも充電できる電圧切替がついてたし、アダプタも豊富に付属していたし。

今回のPower Backupの唯一の欠点は、Nokiaを直接充電出来ない点です。これは、USBからの昇圧ケーブル使えば出来ると思いますが、持ってないので試してません。次回、山根さんに、一本、ハンドキャリーしてもらおうかな。(笑)

で、Nokiaを直接充電できて、しかも究極の秘密兵器を搭載しているブツも入手してきました。(笑) 後で、レポートしますので、ご期待ください。(怪しさ満点! 苦笑)

投稿: 清水 隆夫 | 2006年6月25日 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/10660462

この記事へのトラックバック一覧です: COMPUTEXで購入したモノ(3):

» USB LED Light [清水 隆夫の「Good Job !」]
 今日も筆者宅にクロネコのメール便が届いた。今回、筆者が購入したのは安価なノーブランド品の「USB LED ライト」だ。USBポートの5V電源を用いたアクセサリは、LEDライトの他にも多数のアクセサリが販売されているが、実用的なアクセサリの代表選手とも言えるのが、LEDライトだと筆者は思う。特に、最近は白色LEDの輝度が上がり、しかも価格が大きく低下しているので、安価でも実用的なLEDライトが多くなってきているのは、喜ばしいことだ。以前のLEDライトは、輝度が低かったり効率の低いLEDを用いていたの... [続きを読む]

受信: 2011年12月19日 00:09

« X-Lite Version 3.0 | トップページ | X-Lite 3.0とRT-200KI »