« Start Mac体験モニター | トップページ | Start Mac体験モニター オリエンテーション »

2006年11月 2日

RT-200KI Trouble

 本日、NTT東日本のBフレッツ用「ひかり電話」専用ルータである、「RT-200KI」のファームウェアが、「バージョン 01.03.0007」へ更新された。この更新は、8月31日より配布されていた、ファームウェア「バージョン 01.03.0004」に不具合があり、その不具合に対策を施したファームウェアとのことだ。
 既に、ニュースやNTTのリリースでも、このファームウェアの不具合に関する情報が公開されているので、8月31日より公開されていたファームウェアで、RT-200KIを動作させている場合には、早急にバージョンアップした方がよいだろう。

Rt200ki_0007

 ファームウェアの更新は、RT-200KIのメニューから、「保守」を選択した後、「ファームウェア更新設定」の画面を開き、「ファームウェア手動アップデート」から「ファームウェアの更新」から「更新確認」のボタンをクリックすると、バグ対策版の最新ファームウェアである、「バージョン 01.03.0007」が表示される。
 ここで、「ダウンロード実行」ボタンをクリックすることで、不具合対策されたファームウェアがダウンロードされ、その後にRT-200KIのファームウェアを更新し、自動的にリセットされる。

Rt200ki_0007_2

 RT-200KIのファームウェア更新には、260秒ほど必要とするので、この間はひかり電話を使用することが出来ない。また、ファームウェアの更新が完了して、RT-200KIが自動リセットするまでは、RT-200KIの電源をオフにしてはならない。
 筆者宅では、幸いにも今回のRT-200KIの不具合には、遭遇していない。これは、RT-200KIをメインのルータとして使用しておらず、ひかり電話のVoIP専用機として使用しており、無線LANに関しては、専用無線LAN端末である「ひかりパーソナルフォン」(WI-100HC)しか使用していなかったからだろう。
 ちなみに、今回リリースされた「バージョン 01.03.0007」のファームウェアでも、SC-32KI互換の無線LANカードは、全く問題なく従来と同様に使用できているので、安心してアップデートを行っても大丈夫だ。

ひかりパーソナルフォン WI-100HC (NTT東日本エリア専用) 【販売価格:17,500円(税込)送料込】
ひかりパーソナルフォン WI-100HC (NTT東日本エリア専用) 【販売価格:17,500円(税込)送料込】 (楽天市場 NTT-LS)



ひかりパーソナルフォン WI-100HC (東日本専用機器) 【特別価格:17,640円(税込)送料込】


ひかりパーソナルフォン WI-100HC (東日本専用機器) 【特別価格:17,640円(税込)送料込】 (楽天市場 NTTファネットショップ)

|

« Start Mac体験モニター | トップページ | Start Mac体験モニター オリエンテーション »

コメント

当方昨年の12月から先週までRT200KIを使用していましたが、複数端末を使用するとつながっていた方のセッションが切れたりインターネットショッピング画面でタイムアウト多発するという障害になやまされ続けていました。最近あまりにひどいのでトラブルの状態をNTTに伝えたところ、何も言わずにRT200NEに交換してくれました。工事に来られた方の話を聞いたところ、今ではRT200KIでトラブルが起こるとRT200NEに順次切り替えているそうです。交換してからは何の問題もなくなりました。
今年の1月にNTTの障害対応窓口に電話したときにはNTTはRT200KIは特に問題ないって言ってましたが....
RT200KIで何か問題有れば、すぐにNTTの障害対応窓口電話した方がいいですよ。

投稿: RTS | 2006年11月 7日 22:19

このサイトを見ながら、RT200KIにI-O DATA の無線LANカード「WN-G54/CBL」を挿して利用しています。御世話になっています。
01.03.0007に更新し、やはり問題なく稼動しています。

投稿: しぶやじろー | 2006年11月 8日 08:36

>RTSさん、こんばんは、

ご忠告、ありがとうございます。
当方では、RT-200KIをレポートでも紹介しておりますが、メインのルータとして使用しておりませんので、今回の不具合も全く経験しませんでした。

少なくとも、VoIPアダプタとしては安定して動作しておりますし、無線LANも互換のカードで安定して動作しています。

ルータとしては、ニンテンドーDSやSkype端末での使用では、不具合も出ていません。NTTの発表にあるように、どうもUPnP動作で不具合が出ていたようですね。

これらを使うアプリは、メインのルータ(ヤマハのRT-57i)で処理しているので、当方では問題無かったようです。

>しぶやじろー さん、こんばんは、

レポートありがとうございます。当方でも、問題なく、過去にレポートしている互換の無線LANカードは、全て動作を確認しております。

RT-200KIの良い点は、この安価な互換無線LANカードが使用できる点と、VoIPのSIPインターフェースが、厳しくなく、いろいろなソフトVoIPクライアントや、VoIP端末と接続できる点だと思っています。

投稿: 清水 隆夫 | 2006年11月 8日 23:12

ファームウェアが
Version 01.04.0001(2007/02/08)
になっていますね。
とりあえず自動バージョンアップしてみました。バッファローの無線AG54を使っているし、古いファームをとっておかなかったので、迂闊とは思いつつ、冷や冷やしながらでしたが、無事のようです。

今度のアップはppoeを最大5セッションまで張れるとか結構なアップのようです。
アップ後に投稿できたので無線も動いているようですね。

投稿: AEC | 2007年2月10日 11:58

AECさん、情報ありがとうございました。コメントを頂きまして、10日の夜にファームのアップデートを行いました。

当方でも問題なく、全てのカードが動作しています。私も、今回はAECさんがOKだったと言うことで、安易なアップデート処理をおこなっちゃいました。ありがとうございました。 (^O^)

セッションが5まで張れるとなると、セッションプラスのオプションも、それなりに役に立つかもしれませんが、RT-200KIの処理能力には、若干不満もあるので、それだけのセッションが必要かどうかは、チト疑問ですけど・・・ (苦笑)

投稿: 清水 隆夫 | 2007年2月15日 02:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/12529525

この記事へのトラックバック一覧です: RT-200KI Trouble:

» 犯人はファームウェア [月が満ちるとき欠けるとき。]
ソフトフォンがレジストできなくていろいろいじっていたと、このブログでも書いてたけど、犯人が判明。 犯人は、RT-200KIのファームウェアだった。前のファームウェアはUPnPの動作に不具合があったらしい。電話としてはほとんど使ってないから電話のほうの不具合はぜんぜんわからないのだけど。 互換カードの無線LANに制限がかけられていたらと思い、ファームアップしてなかったのだけど、問題なく使えているという情報を清水さんのとことかで確認できたのでファームアップしたら問題なくNAT越えできてて..... [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 20:56

« Start Mac体験モニター | トップページ | Start Mac体験モニター オリエンテーション »