« 上海問屋 DN-CR-701 | トップページ | RICOH Caplio 500SE model W »

2007年2月10日

RT-200KI New FirmWare

 一昨日、NTT東日本のBフレッツ用「ひかり電話」専用ルータである、「RT-200KI」のファームウェアが、「バージョン 01.03.0007」から、「バージョン 01.04.0001」へと更新された。実は最近、RT-200KIは安定して動作していたので、筆者はファームウェア更新のチェックをしていなかったのだが、本ブログの読者の方よりコメントを頂き、ファームウェアが更新された事を知ったのだが、ちょっと仕事が忙しかった事もあり、バージョンアップが遅くなってしまった。

Rt200ki_070208_1

 RT-200KIの設定用画面へアクセスしてみると、「アップデート状態:新しい更新があります。」という表示が、左のサイドバーへ表示されていた。筆者の場合は、自動アップデートを停止させる設定になっているのだが、自動更新にセットしてあれば、RT-200KIは自動的に新しいファームウェアをダウンロードし、新しいファームウェアをROMへ書き込んでくれる。

Rt200ki_070208_2

 何故、自動更新機能をオフにしているかと言えば、SC-32KI互換の無線LANカードを使用している関係で、不用意にアップデートを行ってしまうと、装着してあるSC-32KI互換の無線LANカードが使用不可能になってしまう場合もあるので、これを回避するために自動更新機能をオフに設定している。しかし、今回は読者の方のコメントから、新しいファームウェアでも、全く問題なくSC-32KI互換の無線カードが使用できているとコメントを頂いていたので、RT-200KIのファームウェア更新によって、新ファームウェアのバージョン 01.04.0001」へアップデートを行った。

Rt200ki_070208_3

 ファームウェアの更新は、RT-200KIのメニューから、「保守」を選択した後、「ファームウェア更新設定」の画面を開き、「ファームウェア手動アップデート」から「ファームウェアの更新」から「更新確認」のボタンをクリックすると、最新ファームウェアである、「バージョン 01.04.0001」が表示される。ここで、「ダウンロード実行」ボタンをクリックすることで、「バージョン 01.04.0001」のファームウェアがダウンロードされ、その後にRT-200KIのファームウェアを更新し、自動的にリセットされる。

Rt200ki_070208_4

 RT-200KIのファームウェア更新には、260秒ほど必要とするので、この間はひかり電話を使用することが出来ない。また、ファームウェアの更新が完了して、RT-200KIが自動リセットするまでは、RT-200KIの電源をオフにしてはならない。
 ちなみに、Windows Vistaのマシンからではなく、Windows XPのマシンからアップデートの処理を行っているのは、Windows Vistaのセキュリティ強化が、何らかの問題を引き起こす可能性もあるかもしれないので、念のためにWindows XPIE7から行っただけで、他意は無い(フォントが「メイリオ」なのはご愛敬)。

Rt200ki_070208_5

 今回リリースされた「バージョン 01.04.0001」のファームウェアでも、SC-32KI互換の無線LANカードは、全く問題なく従来と同様に使用できているし、ひかり電話のVoIP専用子機である、専用無線LAN端末の「ひかりパーソナルフォン」(WI-100HC)も問題なく使用できているで、安心してアップデートを行っても大丈夫だ。
 
新しいファームウェアでも、全く問題なくSC-32KI互換の無線カードが使用できているとコメントを頂いていたコメントを頂いたAEC氏には、お礼を申し上げたい。

 

ひかりパーソナルフォン WI-100HC (NTT東日本エリア専用) 【販売価格:17,500円(税込)送料込】
ひかりパーソナルフォン WI-100HC (NTT東日本エリア専用) 【販売価格:17,500円(税込)送料込】 (楽天市場 NTT-LS)



ひかりパーソナルフォン WI-100HC (東日本専用機器) 【特別価格:17,640円(税込)送料込】


ひかりパーソナルフォン WI-100HC (東日本専用機器) 【特別価格:17,640円(税込)送料込】 (楽天市場 NTTファネットショップ)

 

|

« 上海問屋 DN-CR-701 | トップページ | RICOH Caplio 500SE model W »

コメント

お礼だなんて・・・大変恐縮です。いつもは清水さんのブログを読んでからいろいろ実験するのですが(無線LANカードなど)、今回は迂闊にも(笑)人柱になってしまいました。
普通の人はppoe 5セッションはあまり関係ないですよね。RT-200KIの能力もあるし。
 でも逆に考えると、ルーターを5台までは並列接続できるということでしょうかね。そうすると違ったアイデアもわいてくる気がしますが。
 また、いろいろと実験(人柱?)してみます。
 いろいろな記事、楽しみにしています。

投稿: AEC | 2007年2月17日 21:47

AECさん、こんばんは、

>ルーターを5台までは並列接続できるということでしょうかね。

そうですね。実際、私のところでも、セッション・プラスで3セッション使えますので、ルータが多いときは3台VDSLモデムに接続したHUBにぶら下がります。(笑)

また、面白い実験をされたら、是非、教えてください。そういう意味では、遊べるRT-200KIは、楽しいルータですね。(笑)

投稿: 清水 隆夫 | 2007年2月22日 01:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/13914652

この記事へのトラックバック一覧です: RT-200KI New FirmWare:

» RT-200KI ファームウェアアップデート [akki@moebile blog]
清水 隆夫の「Good Job !」にて、NTT東日本のBフレッツ用「ひかり電話 [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 00:24

« 上海問屋 DN-CR-701 | トップページ | RICOH Caplio 500SE model W »