« RICOH Caplio 500SE model W | トップページ | CNET Relay Baton Column »

2007年2月17日

Start Mac [7]

 アップル社によるStart Mac体験モニター」プログラムの借用品である、「iMac 20インチモデル(MA589J/A)」へ、「Windows Vista Ultimate」をインストールしてみた。ただし今回のStart Macレポートは、アップル社が提供しているIntel MacWindows XP SP2をインストールするためのユーティリティ・ツールである、「Boot Camp (β版)」を用いずにWindows Vista Ultimateを、iMac 20インチモデル(MA589J/A)へインストールを行ってみた。
 従って、今回の方法は筆者の個人的な技術的な興味から行ったので、単にWindowsを使いたいという事であれば、Boot Campを用いてWindows Vistaをインストールした方がよいと思う。と言うのも、殆ど全ての作業をコマンド操作によって作業を行う必要があり、GUIでの簡単な操作では無いからだ。

クリックで拡大ポップアップ Start_mac_7_1

 まず、筆者の場合は既にBoot Campを用いて、iMac 20インチモデル(MA589J/A)へ何度か、Windows XPWindows Vistaをインストールしており、使い勝手を調べてみた。Boot Campを用いた場合、一番の使いにくさとなるのが、パーティションをMac OS X用とWindows用の二つまでしかサポート出来ないという点と、Windowsのインストール・パーティションを、FATではなくNTFSで行った場合、Mac OS Xから読み出しは出来るが、書き込みが出来なくなってしまう点だ。
 もっとも、逆にWindowsXPVista共)からは、Mac OS XJournaled HFS+パーティションは、書き込みどころか読み出しも行うことが出来ないため、Mac OS XWindowsが共通に読み書き可能となるFATのパーティションを作成すれば、この問題は解決できる。また、Boot CampによるWindowsの導入ガイドには、WindowsのインストールをFATパーティションを作成するようにアドバイスが書かれているが、これは絶対に止めた方が良い。
 Windows XPVistaを、FATパーティションへインストールした場合、OSのセキュリティが非常に甘くなってしまい、さらにWindows XPVistaの供えているファイルの暗号化機能も動作しなくなる。既に、FATパーティションへWindows XPVistaを導入している場合には、XPVistaのユーティリティを用いてFATからNTFSへ、OSの再インストールをしたり、データを壊すこともなくファイル・システムの変換が可能なので、NTFSへ変換した方が良いだろう。

Start_mac_7_2

 さて、実際に一台のHDDへ、元々インストールされているMac OS XJournaled HFS+パーティションに加えて、FATパーティションと、Windowsインストール用のNTFSパーティションの二つを新たに作成し、しかもMac OS Xの再インストールを行わないで済ませる方法だが、この手順を詳しく解説してあるガヂェット氏のブログ、複眼中心を参考にさせていただいた。
 まず、予めBoot CampMac OS Xへインストールし、Windows用のデバイスドライバ用CD-Rを作成しておく。このBoot Camp Driver CD-Rを作成しておかないと、Windows XPVistaを稼働させる際に、必要なデバイスドライバが入手できない。ただし、CD-Rを作成し終わった段階で、パーティションの作成は行わずにBoot Campは終了させてしまう。
 次に、Mac OS Xを終了(あるいは再起動)させ、この際にキーボードの「Commnad」(リンゴのマーク)キーと「S」キーを同時に押しながら電源を投入する。すると、Mac OS XAqua(という名のGUI)ではなく、素の状態のBSD UNIXDarwinと呼ぶべきか)が、シングル・ユーザ・モードで起動する。Aquaという林檎の薄皮を剥いた状態は、筆者にとって非常に親近感を覚える画面表示をしてくれた。
 この状態の起動で、筆者が驚いたのは、Bluetooth接続による「Apple English Version Wireless Keyboard (M9270LL/A)」で、なんの問題もなくキーを受け付けてくれたことだった。これは、Mac OS XのカーネルにBluetooth接続されたキーボードをハンドリングするドライバを持っている事を意味し、Windowsでは考えられない非常に良く作り込まれている点だ。アップル社が、自社でBluetooth接続キーボードを製造販売し、同じくOSも自社で開発販売している利点だ。

クリックで拡大ポップアップ Start_mac_7_3_1

 ここで、プロンプトが表示されたら、「sh /etc/rc」とコマンドを打ち込む。次に、現状のHDD上に作成されているパーティション状況を表示させるコマンド、「diskutil list /dev/disk0」を打ち込む。すると、iMac 20インチモデル(MA589J/A)へ装備されている、250GB232.9GB)のHDDには、200MBEFIパーティションと、232.6GBMac OS XJournaled HFS+パーティションの二つが存在しているのが判る。
 EFIパーティションは、PCで言うところのBISOシステムが進化したEFIが使用するパーティションで、このEFIパーティションを消し去る事は出来ない。従って、232.6GBMac OS XJournaled HFS+パーティションを、FATWindowsのパーティションへ分割することになるわけだ。
 筆者の場合は、FATパーティションへ32GBを割り当て、Windowsパーティションへ80GBを割り当てる事にした。従って、残った領域の120.6GBが、Mac OS XJournaled HFS+パーティションとなる。 

クリックで拡大ポップアップ Start_mac_7_4

 このサイズで、元々のMac OS XJournaled HFS+パーティションを分割するには、コマンで「diskutil resizeVolume /dev/disk0s2 120.6G "Journaled HFS+" FAT 32G "MS-DOS FAT32" Windows 80G」と、筆者の場合は指定した。サイズやボリューム名は、自分の使用用途や好みで変えればよいだろう。
 パーティションの分割と新たなパーティションの作成が完了したら、「shutdown -r now」コマンドでOSを再起動し、再び「sh /etc/rc」とコマンドを入力した後、「diskutil list /dev/disk0」コマンドを打ち込み、正しくパーティションが作成されたかを確認する。指定したサイズよりも、サイズが小さいパーティションもあるが、エラーになっていなければ特に問題はない。
 これで、Windowsをインストールする準備が整ったので、Windowsのインストール用CD(あるいはDVD)を、iMac 20インチモデル(MA589J/A)DVDドライブへマウントしてから、「shutdown -r now」コマンドでOSを再起動するのだが、今度はキーボードの「option」キーを押しながら再起動を行う。

Start_mac_7_5

 すると、画面にブート・ドライブの選択画面が表示されるので、「Macintosh HD」へ「(↑)」が表示されて選択された状態なので、これをカーソルキーで「Windows」と表示されているDVDドライブを選択すれば、Windowsのインストーラが起動される。
 後は、Windowsのインストールを画面に従って行うのだが、この時点でBluetooth接続によるApple English Version Wireless Keyboardや、Bluetooth接続の「Apple Wireless Mighty Mouse (MA272J/A)」を使用している場合は、必ずUSB接続のマウスとキーボードを接続しておかないと、Windowsのインストールが行えない。Windowsのインストーラは、Bluetooth接続のマウスやキーボードを認識してくれるほど賢くは無く、その点はMac OS Xの方が、はるかに良く出来ていると思う。
 また、Windowsのインストールでは、何度か再起動を要求されるが、この再起動の際にも、必ずキーボードの「option」キーを押しながら再起動を行い、ブート・ドライブの選択をして、「Windows」と表示されているDVDドライブからブートを行う必要がある。

Start_mac_7_6

 筆者は、最初Windows Vistaをインストールしようとし、Windows VistaのインストールDVDをマウントした。Windows Vistaのインストーラは、特にエラーも出さずに起動され、画面に従って、キーボードの選択(もちろんBluetooth接続のキーボードなどはメニューに表示されない)や、プロダクトキーの入力などをすませ、インストールが順調に進んでいるように見えた。

クリックで拡大ポップアップ Start_mac_7_7

 ところが、インストール先のHDDを選択する画面で、エラーが発生してしまったのだ。エラーコードは「0xE0000 100」で、「Windowsのインストールで予期しないエラーが発生しました。・・・」という表示で、もちろん筆者とて予期していなかったエラーだ。別のマシンへのインストールでも、このエラーは発生したことが無いし、予備実験でBoot Campを用いてiMac 20インチモデル(MA589J/A)へ、Windows Vistaをインストールした時も、この様なエラーは発生しなかったのだが。
 何度か、インストール作業を繰り返してみたが、全く同様のエラーが同じところで発生したため、Windows VistaのインストールDVDメディアに傷が付いてしまったかと思い、TechNet Plus SubscriptionでダウンロードしたISOイメージ・ファイルから、DVD+Rへ新たに作成してみたDVDでも、全く同じ症状だった。どうやら原因は、Windows Vistaのインストーラそのものにあるのでは無いかと思い、Windows Vistaでは無くWindows XP SP2CD-ROMで、再度インストールを行ってみた。 

クリックで拡大ポップアップ Start_mac_7_8

 すると、Windows XP SPでは、なんの問題もなく作成したパーティションを認識してくれた。やはり、Windows Vistaのインストーラでは、Boot Campを用いて作成されたパーティションであれば認識するが、今回の方法によって「diskutil」コマンドで作成された複数のパーティションは認識できないようだ。
 しかし、Windows XP SP2は問題なくインストールが可能だったので、そのままWindows XP SP2をインストールすることにした。それはWindows XP SP2が起動できれば、そこからWindows Vistaのインストーラを起動することができるからで、過去にもWindows 98Windows 2000では、同様の方法でアップグレードを行っている。 

Start_mac_7_9

 Windows XP SP2のインストールが終わり、再起動を行うとブート・ドライブの選択画面が表示され、「Macintosh HD」パーティションに加えて、新たに「Windows」パーティションが、ブート・ドライブとして表示されるた。ここでは、カーソルキーで「(↑)」を「Windows」と表示されているHDDアイコンに合わせ、「return」キーを押せば(あるいはマウスで選択すれば)、インストールされたWindows XP SP2が起動される。
 Windows XP SP2のインストールCD-ROMが、まだマウントされた状態なので、CDのアイコンも表示されるが、これを起動してはいけない(上の写真では、「(↑)」がCD起動を選択状態になっているが、これは誤りだ)。

Start_mac_7_10

 Windows XP SP2が起動されたら、特にデバイスドライバの設定なども行わずに、マウントされているCD-ROMをイジェクトする。iMac 20インチモデル(MA589J/A)のDVDドライブには、メカニカルなイジェクト・ボタンは装備されていないし、Appleキーボードに装備されているイジェクト・キーも動作しない。CD-ROMのイジェクトは、Windowsの「マイ コンピュータ」を開き、DVDドライブのアイコンをマウスで選択後、右クリックを行う。
 表示されたメニューから「取り出し(J)」を選択しクリックすれば、マウントされているCD-ROMがイジェクトされる。Windows XP SP2のインストールCD-ROMと入れ替わりに、今度はWindows VistaのインストールDVD-ROMをマウントすると、Windows Vistaのインストーラが自動起動するので、後はインストーラのガイドの従ってWindows Vistaのインストールを行えばよい。

クリックで拡大ポップアップ Start_mac_7_11

 筆者が予想したとおり、Windows XP SP2から起動されたWindows Vistaのインストーラでは、直接DVDからブートした場合に発生したエラーは起こらず、問題なく「diskutil」コマンドで作成された複数のパーティションが認識された。ここでは、Windows XP SP2をインストールした、NTFSのパーティションをインストール先として選び、後はインストールの作業を進めるだけだ。

クリックで拡大ポップアップ Start_mac_7_12

 Windows Vistaのインストールが完了し、再起動後にWindows Vistaが無事に起動すれば、これで後はWindows VistaiMac 20インチモデル(MA589J/A)用のデバイスドライバを、先に作成しておいたBoot Camp Driver CD-Rや、デバイス・メーカからの最新Windows Vista用のデバイス・ドライバなどをインストールすればよい。
 これら、Windows Vistaの細かなチューニング等は、次回の「Start Mac [8]」で詳しく解説する。実際には、チューニングを行わない、この段階のインストールしただけで、標準のデバイスドライバだけのWindows Vistaでも、音が出ない程度なので、使用するには不自由することはないのだが、やはり問題点も少なからずあるため、それらの問題を解消を行うには、しっかりとデバイス・ドライバを組み込む必要がある。


Apple iMac MA589J/A 20インチディスプレイ OS:Mac OS X v10.4 Tiger CPU:2.16GHz Intel Core 2 Duo メモリー(標準/最大):1GB(2x512MB)/3GB ハードディスク:約250GB 【価格:178,100円(税込)送料別


Windows Vista Home Premium 32bit版 FDDセット
価格:15,696円(税込:16,480円)送料別





Windows Vista Ultimate 32bit版 FDDセット
価格:25,146円(税込:26,403円)送料別


 

|

« RICOH Caplio 500SE model W | トップページ | CNET Relay Baton Column »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/13941493

この記事へのトラックバック一覧です: Start Mac [7]:

« RICOH Caplio 500SE model W | トップページ | CNET Relay Baton Column »