« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の11件の記事

2007年6月29日

任天堂 DS Lite

  アマゾンへ全色入荷、早い者勝ち。
筆者は新色のシルバーを購入。


 ちなみに、以前に筆者がレポートをしているDS/DS LiteMP3プレーヤや、ビデオ・ビューアとして使用する場合のアダプタも、以前はGBAスロット用のアダプタに、専用のブート・ローダ・カートリッジが必要だったが、最近ではDS用カートリッジのみで動作するようになった。しかも、メモリカードは、microSD対応になっており安価に大容量のメモリが使えるようになっている。

続きを読む "任天堂 DS Lite"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月27日

N-911 楽天ランキング3週連続No.1

 筆者が二週間前にレポートしたパソコンGPSショップSPA」による「dmedia inView N-911 PAPAGO!-Jモニタ特価」であるが、楽天市場のランキング市場「アウトドア」部門で、ナンバー1の人気となったニュースだが、先週の楽天市場のランキング市場「アウトドア」部門で、二週連続ナンバー1となり、そして今週もナンバー1の座を維持し、楽天市場のランキング市場「アウトドア」部門で、三週連続ナンバー1となった。

Rakuten_070627

 筆者も愛用する、台湾dmedia System社製のGPS内蔵Pocket PCinView N-911/128MB BASIC」が、100台限定とは言えモニタ予約特価:19,029円(税込:19,980円)送料込という大特価も、本日時点で残りは20台となっており、購入を考えているのであれば、早めに購入した方が良いだろう。
 ちなみに、この価格であれば、予備機としても一台確保しておきたくなる。筆者もスペア用としてinView N-911/128MB BASICを一台、確保したのは言うまでもないだろう。


GPS搭載ハイグレードPocket PC inView N-911/128MB BASIC【PAPAGO!-J α版モニター予約特価】♪Super Mapple Digital for SPA付♪ 100台限定モニター予約特価:19,029円(税込:19,980円)送料込

 また、他のGPS機器関連では、二週間前にレポートした際に楽天市場のランキング市場「アウトドア」部門で、第三位へランクインしていたのが、以前に筆者がレポートしたUSB接続型の高感度GPS受信機、GlobalSat社製のSiRF Star IIIエンジンを搭載しているUSB接続型のGPS受信機、「コメットUSB/3」こと、台湾GlobalSat社製の「BU-353」だったが先週の第三位には、これも筆者がレポートをしたGPS受信機データ・ロガー「 コメットDL/3」(台湾GlobalSat社製DG-100)がランクインしていた。

続きを読む "N-911 楽天ランキング3週連続No.1"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月25日

測量・設計システム展 2007

 今年も昨年に引き続き、横浜みなとみらいのパシフィコ横浜で、620日~622日の三日間にわたって開催されていた、「全国測量技術大会 2007」に併設される展示会の「測量・設計システム展 2007」を、開催初日の620日に筆者が取材してきたので、昨年の筆者のレポート同様、簡単にレポートしておく。
 昨年の同展示会は、7月に開催されたのだが、今年は2週間ほど早い時期の開催となっており、梅雨真っ盛りの時期であったのだが、筆者が取材を行った620日の開催初日は、晴天に恵まれ夏の様な青空と白い入道雲をバックに、横浜みなとみらいのシンボルとも言える横浜ランドマークタワーが青空にくっきりとそびえ立っていた。

Sokuryo07_1

 今年の取材は、会場で友人と会う約束をしていた関係で、取材時間があまり長くとれなかった。久々に会った友人と会場内の談話コーナーで、長時間の談笑をしていた関係からなのだが、展示会場自体は昨年に比べると、目新しい展示が増えていた印象なのだが反面、一般向けの面白い展示は減っていた。
 大手の測量メーカは、この展示会に殆ど出展しており、加えてGIS関連のメーカや大手地図会社も展示を行っており、逆に言えば間接的な展示も含めて、この展示会に出展していないメーカは測量やGIS、地図データ関連では、業務用にあまり力を入れていないメーカなのか、出展する予算を計上できないようなマイナー・メーカなのだろうか。出来れば、独自の新技術を持っているGIS関連や、GPS関連のベンチャー企業の出展がもっと増えると面白いのだが。

続きを読む "測量・設計システム展 2007"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日

Caplio 500SE-W&WBT-100 (前編)

 日本国内では技適(TELEC)認定を取得しておらず、Bluetoothを内蔵しているにも関わらずBluetooth機能を使用すると、電波法に違反してしまいBluetoothを使用することが出来ない、Bluetooth GPS受信機兼GPSデータ・ロガー「ピクシス100」こと、台湾Wintec社製「WBT-100」を、台湾の台北で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2007」の取材のために筆者も出張してきたので、台北にてリコーのBluetoothと無線LANを内蔵しているスーパーデジタルカメラ「Caplio 500SE model W」で、やっと筆者も使用することが出来たので、そのレポートをお届けしよう。

Exif GPS ジオタグ付 500sew_taipei_1

 上の写真は、COMPUTEX TAIPEIの開催されている会場(台北世界貿易センター:TWTC)の通りを挟んでそそりたつ、「TAIPEI 101」の直ぐ下で撮影したピクシス100ことWBT-100だ。もちろん撮影したデジタルカメラはCaplio 500SE model Wであり、この状態でピクシス100ことWBT-100とのペアリングをしており、ExifGPSフィールドには、緯度経度などが記録されている。
 加えて、予めピクシス100ことWBT-100の設定で、内蔵されている電子コンパスのデータをHDGセンテンスで出力するようにしてあるので、ピクシス100ことWBT-100の方向(方位)もCaplio 500SE model WBluetoothによって電送され、緯度経度と同様にExifGPSフィールドへ記録されている。

続きを読む "Caplio 500SE-W&WBT-100 (前編)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月22日

Maction Technologiesの本社を取材

 筆者が初めて台湾Maction Technologiesを訪問したのは、今から丁度3年前の「COMPUTEX TAIPEI 2004」を取材するために、台北を訪れた際にアポを事前にとって当時のMaction本社へ訪問取材をさせてもらった。この時は、まだ台北市内の地下鉄沿線に本社があり、MRTに乗って取材に出かけ、お昼ご飯をご馳走になったのを今でも覚えている。
 そのMactionも、今では台湾dmedia System社と同様に、台湾のシリコンバレーこと、台北市の内湖区へ引っ越しをしており、新しいオフィスを構えている。Maction社が入居しているビルへは、dmedia社の本社オフィスから歩いて5分(雨天でなければ)ほどの距離であり、1ブロックほど離れているだけだ。

クリックで拡大ポップアップ Dmedia_taipei_5

 ちなみに、dmedia社の本社オフィスのビルがある周辺には、台湾の大手IT企業の本社ビルが数多く見られる。dmedia社のオフィスが面している通りには、台湾最大のデジタルカメラ・メーカである台湾Premiere Image(知らない方も多いと思うが、日本メーカのコンパクトデジカメの多くも同社製のOEM/ODMの場合が多く、知らずにPremiere社製のデジカメを愛用しているかもしれない)の本社ビルや、日本でも馴染みのある台湾BenQの本社ビルなども隣接している。
 また、dmedia社の通りを挟んだ斜め反対側には、GPS内蔵Pocket PCinView N-911/128MB」のOEM製造元である台湾Compal社の本社ビルがある。Compal社は、ノートPCPDA機器のOEM/ODM専業メーカで、日本で販売されているノートPCPDAも、同社で設計製造されたモデルが、日本のメーカ名やブランド名で多数販売されているし、海外メーカの名前やブランドでも多くのPDAが販売されている。
 さらに、dmedia社のビルのある交差点を挟んだ反対側には、筆者が台湾へ出張した際に必ず購入するGSM携帯電話用のプリペイドSIMカード「IF」を販売している、GSM携帯キャリアの台湾FAR EAST ONEの本社ビルがある。そんな台湾のIT企業本社のある場所を歩いていくと、目指すMaction社の入っているIT企業が多く入居しているオフィスビルへと到着した。

続きを読む "Maction Technologiesの本社を取材"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月21日

dmedia Systemの本社を取材

 今月初め、台湾の台北で開催されていた「COMPUTEX TAIPEI 2007」の取材で、台北へ出張していた筆者であるが、COMPUTEX TAIPEI 2007の取材はもちろんであるが、企業の取材も何社か行うことができた。COMPUTEX TAIPEI開催時期は、どこの台湾IT企業も世界中からのバイヤーが訪れるため、一年で一番忙しい時期にも関わらず、快く筆者の取材を許諾してくれた会社には、本当に心から感謝である。

クリックで拡大ポップアップ Dmedia_taipei_1

 上の写真は、GPS内蔵Pocket PCinView N-911/128MB」を日本でも販売している、台湾dmedia System社が入居しているビル(TWINHEADビル)だ。元々dmedia System社は台北市内の台北駅側にオフィスを構えていたのだが、手狭になったのに加えて、ハードウェア設計部隊が別の場所にあったため、効率よくビジネスを行うために、昨年末このビルへ引っ越しをした。
 ビルのある場所は、台北市の郊外で台湾のシリコンバレーとも呼ばれており、著名な台湾のIT企業や、海外のIT企業の台湾法人が本社を構える地域で内湖区という住所だ。dmedia社の入居しているTWINHEADビルには、NASDAQ台湾も入居しており文字通りのIT企業の中心地である。

続きを読む "dmedia Systemの本社を取材"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日

inView N-911 楽天ランキングNo.1

 先週末に筆者がレポートしたパソコンGPSショップSPA」による「dmedia inView N-911 PAPAGO!-Jモニタ特価」であるが、楽天市場のランキング市場「アウトドア」部門で、ナンバー1の人気となっている。
 筆者も愛用する、台湾dmedia System社製のGPS内蔵Pocket PCinView N-911/128MB」が、100台限定とは言えモニタ予約特価:19,029円(税込:19,980円)送料込という大特価なのだから、売れ行きトップになっても決して不思議では無いのだが、ユーザも良いモノを安く入手したいということで、抜群のコストパフォーマンスから人気沸騰という事なのだろう。

Rakuten_070613

 合わせて楽天市場のランキング市場「アウトドア」部門で、ナンバー3の人気となっているのが、以前に筆者がレポートしたUSB接続型の高感度GPS受信機、GlobalSat社製のSiRF Star IIIエンジンを搭載しているUSB接続型のGPS受信機、「コメットUSB/3」こと、台湾GlobalSat社製の「BU-353」だ。
 この「コメットUSB/3」こと、台湾GlobalSat社製の「BU-353」も、現在国内で入手できるUSB接続型のGPS受信機としては、感度や測位性能もトップクラスで、しかも価格が安価なのでコストパフォーマンスも最高だから、当然のベストスリー入りのランクインというべきだろう。
 実際のところ、GPS内蔵Pocket PCinView N-911/128MB」と「コメットUSB/3」こと「BU-353」を外部GPSアンテナ代わりに使用すれば、最新のSiRF Star IIIを内蔵したPDAに勝るとも劣ることは無いPND/PNA型のPDAとして活用可能で、しかも価格は最新のSiRF Star IIIを内蔵してたPDAよりも安価なのだから、コストパフォーマンスも良いので、案外ベストな組み合わせとなるだろう。

【そのまま内税】SiRF StarIII搭載コメットUSB/3(USBインターフェース)♪SuperMappleDigitalVer...
SiRF Star III搭載コメットUSB/3 (USBインターフェース) ♪Super Mapple Digital Ver.7 for SPA付き♪ 【特別販売価格:10,500円(税込)送料込】代引無料



GPS搭載ハイグレードPocket PC inView N-911/128MB BASIC【PAPAGO!-J α版モニター予約特価】♪Super Mapple Digital for SPA付♪ 100台限定モニター予約特価:19,029円(税込:19,980円)送料込

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月10日

MobilePRESS EX Vol.4

 昨日、筆者が台湾で開催されていたCOMPUTEX TAIPEI 2007の取材を終わり、帰国して自宅に帰り着くと技術評論社刊の「MobilePRESS EX Vol.4」の見本誌が、編集部から送られてきていた。
 昨日は、台北からの朝一番の便だったこともあり、筆者の苦手な早起きをしてホテルをチェックアウトし、雨の中を空港に向かったため日本への機中も爆睡していたのだが、帰宅してからもやはりハードなスケジュールで台湾IT企業の本社を取材で回ったので、疲れも溜まっていたためMobilePRESS EX Vol.4誌も読まずに眠ってしまった。

Mobilepress_ex_4

 今回、筆者がMobilePRESS EX Vol.4誌へ執筆したのは、HP社のGPS受信機内蔵PDAPocket PC)「iPAQ rx5965」トラベル・コンパニオンのレビュー記事と、リコーのBluetoothWi-Fiを内蔵したデジタルカメラ、「Caplio 500SE model W」、GIS業務用のGPS受信機「SOKKIA GIR1600」などをレポートしている。
 筆者によるCaplio 500SE model Wや、SOKKIA GIR1600のレポートが、本ブログで掲載されなかったのは、MobilePRESS EX Vol.4誌へのレポート執筆を優先した結果なので、よろしければMobilePRESS EX Vol.4誌を購読していただければ幸いである。
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月 9日

dmedia inView N-911 PAPAGO!-Jモニタ特価

 今週の月曜日64日より、台湾の台北で今年も65日から開催された「COMPUTEX TAIPE 2007」を取材のため、筆者も恒例となっている台湾出張へ行っていた。COMPUTEX自体は、本日まで開催されていたのだが、最終日の今日は、一般の入場客も多くて取材や視察には不向き(実際には昨日の金曜日から一般客が多く混んでいて取材や視察には困難)なので、今朝の一番機で台湾から帰国した。
 取材レポートは別途掲載することにするが、帰国したらパソコンGPSショップSPA」で、台湾dmedia System社製のGPS内蔵Pocket PCinView N-911/128MB BASIC」が、台湾Maction製の「PAPAGO! R12」日本語の東京エリアを限定としたα版のモニタ用として、なんとモニタ予約特価:19,029円(税込:19,980円)送料込という大特価で、100台限定であるが発売されていた。
 今回の出張で、筆者はdmedia System社Mactionの本社へ取材を行ってきたので、PAPAGO! R12日本語版などの進捗状況でも取材することができた。これら、両社のレポートは別途掲載するので、お楽しみにしていただきたい。少なくとも、PAPAGO!日本語版は、確実に仕上がりつつあることだけはお伝えしておこう。


GPS搭載ハイグレードPocket PC inView N-911/128MB BASIC【PAPAGO!-J α版モニター予約特価】♪Super Mapple Digital for SPA付♪ 100台限定モニター予約特価:19,029円(税込:19,980円)送料込

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 3日

Windows Mobile Device Center

 Windows Vistaでは、これまでのWindows XPWindows 2000と異なり、Windows Mobile機器やPocket PCとのデータ同期を行うためのアプリケーション・ソフトウェアが、「ActiveSync」から「Windows Mobile デバイス センター」(Windows Mobile Device Center)へと切り替わってしまった。
 Windows Mobile デバイス センターは、Windows Vistaのインストール用DVD-ROMへは収録されておらず、Microsoft社のダウンロードサイトからダウンロードして、インストールを行う必要がある。また、Windows Mobile デバイス センターをインストールするWindows Vistaが、32ビット版の場合とx64 Edition64ビット版では、それぞれに対応したWindows Mobile デバイス センターをインストールする必要もある。

クリックで拡大ポップアップ Wmdc_1

 基本的に、Windows Mobile デバイス センターは、これまでのWindows XP/2000用のActiveSyncに対して下位互換があるとアナウンスされているのだが、どうも接続するデバイスによっては、この互換性が失われてしまっているようだ。対応するWindows Mobileデバイスは、Windows Mobile 2003以上となっており、Windows Mobile 2002などは切り捨てられてしまっている。
 しかし、Windows Mobile 2003以上のOSを搭載しているPocket PCであっても、Windows Mobile デバイス センターで認識されずに、母艦PCとの同期を行うことが出来ないケースもある。実は、筆者の愛用するGPS受信機内蔵型のPocket PC、「inView N-911」も、Windows VistaOSレベルでは認識されるのだが、Windows Mobile デバイス センターからは認識されないという問題が発生した。
 ちなみに、inView N-911Windows Mobile 2003 SESecond Edition)を搭載しているので、Windows Mobile デバイス センターではサポート対象のOSを搭載しているPocket PCなのだが、何故かWindows Mobile デバイス センターからは認識されないのだ。結果的には、無事にinView N-911Windows Mobile デバイス センターで認識され、Windows Vistaの母艦(x64 EditionでもOK)との同期も、問題なく行えるようになったので、その対応方法をレポートしておく。

続きを読む "Windows Mobile Device Center"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月 1日

PaPaGO! R12 for PC

 PaPaGO!ネタが続いてしまい恐縮なのだが、台湾でのPaPaGO!が稼働しているプラットフォームには、PDAに加えてWindows Mobileを搭載しているスマートフォン、そしてWindows CEベースのナビゲーション専用機(PND/PNA)等のモバイル・デバイスである。更にビジネス用モバイル・デバイスの主流は、台湾でも日本と同じノートPCなので、PaPaGO!Windowsパソコン用のアプリケーションが存在するのは当然の話だ。

クリックで拡大ポップアップ Papagor12_pc_1

 上の画面キャプチャ(スクリーンショット)は、台湾Mactionのサイトから試用版のPaPaGO! R12(台湾版)をダウンロードし、地図データには筆者のinView N-911で動作している、PaPaGO!日本語版の試作段階のソフトウェアから、地図データだけをコピーして起動した画面だ。操作メニューが中国語で表示されているのは、もちろんPaPaGO! R12が台湾版だからだが、試作版の日本の地図データの注記表示は、一部が文字化けや「」マークが表示されてしまうものの、問題なく地図表示やランドマークの表示が行われているのが、お判り頂けるだろう。
 左側下には、台湾全図が表示されているが、これも台湾版PaPaGO!なので致し方ないところである。本来は、この表示へ該当する表示エリアなども行えるのだろうが、さすがにイリーガルな地域となる日本の地図を読み込ませたので、この機能は動作しないようだ。

続きを読む "PaPaGO! R12 for PC"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »