« PaPaGO! R12 for PC | トップページ | dmedia inView N-911 PAPAGO!-Jモニタ特価 »

2007年6月 3日

Windows Mobile Device Center

 Windows Vistaでは、これまでのWindows XPWindows 2000と異なり、Windows Mobile機器やPocket PCとのデータ同期を行うためのアプリケーション・ソフトウェアが、「ActiveSync」から「Windows Mobile デバイス センター」(Windows Mobile Device Center)へと切り替わってしまった。
 Windows Mobile デバイス センターは、Windows Vistaのインストール用DVD-ROMへは収録されておらず、Microsoft社のダウンロードサイトからダウンロードして、インストールを行う必要がある。また、Windows Mobile デバイス センターをインストールするWindows Vistaが、32ビット版の場合とx64 Edition64ビット版では、それぞれに対応したWindows Mobile デバイス センターをインストールする必要もある。

クリックで拡大ポップアップ Wmdc_1

 基本的に、Windows Mobile デバイス センターは、これまでのWindows XP/2000用のActiveSyncに対して下位互換があるとアナウンスされているのだが、どうも接続するデバイスによっては、この互換性が失われてしまっているようだ。対応するWindows Mobileデバイスは、Windows Mobile 2003以上となっており、Windows Mobile 2002などは切り捨てられてしまっている。
 しかし、Windows Mobile 2003以上のOSを搭載しているPocket PCであっても、Windows Mobile デバイス センターで認識されずに、母艦PCとの同期を行うことが出来ないケースもある。実は、筆者の愛用するGPS受信機内蔵型のPocket PC、「inView N-911」も、Windows VistaOSレベルでは認識されるのだが、Windows Mobile デバイス センターからは認識されないという問題が発生した。
 ちなみに、inView N-911Windows Mobile 2003 SESecond Edition)を搭載しているので、Windows Mobile デバイス センターではサポート対象のOSを搭載しているPocket PCなのだが、何故かWindows Mobile デバイス センターからは認識されないのだ。結果的には、無事にinView N-911Windows Mobile デバイス センターで認識され、Windows Vistaの母艦(x64 EditionでもOK)との同期も、問題なく行えるようになったので、その対応方法をレポートしておく。

クリックで拡大ポップアップ WWmdc_2

 筆者の場合、まずinView N-911Windows Vista Ultimate32ビット版)をインストールした、「iMac 20インチモデル(MA589J/A)」へUSBで接続した。この時、inView N-911用のデバイス・ドライバは、もちろんWindows Vistaへは収録されていないので、inView N-911に付属しているコンパニオンCD-ROMをマウントし、デバイス・ドライバをインストールした。Windows Vistaの「デバイス マネージャ」で見てみると、問題なく「GPS Pocket PC USB Sync」と認識され、デバイスも正常に動作をおこなっているのだが、何故かWindows Mobile デバイス センターからは、「接続されていません」と表示されてしまいinView N-911を認識してくれないのだ。

クリックで拡大ポップアップ WWmdc_3

 Windows Mobile デバイス センターが、inView N-911を認識してくれないのであれば、実績もあり問題も無かったActiveSyncをインストールしようとしたら、今度はWindows Vistaが、なんとActiveSyncのインストールをブロックして、ActiveSyncをインストールすることが出来ない。どうしても、マイクロソフトはOSにインストール妨害トラップを用意してまで、Windows Mobile デバイス センターを使わせたいということらしい。

Wmdc_4

 それではということで、inView N-911のデバイス・ドライバを、Windows Mobile デバイス センターと互換のあるデバイス・ドライバへ置き換えてみることにした。デバイス・ドライバの置き換えは、「デバイス マネージャ」の画面から、inView N-911を表す「GPS Pocket PC USB Sync」を右クリックし、「プロパティ(P)」を選択してクリックする。

Wmdc_5

 すると、「GPS Pocket PC USB Sync」(inView N-911)のプロパティウィンドウが表示されるので、上段のタブから「ドライバ」をクリックすると、inView N-911のデバイス・ドライバ情報が表示される。次に上から二個目のボタン「ドライバの更新(P)」をクリックすれば、inView N-911用のデバイス・ドライバを更新することができる。

クリックで拡大ポップアップ WWmdc_6

 「ドライバの更新(P)」をクリックすると、「ドライバ ソフトウェアの更新」ウィザードが起動されるので、最初の画面でデフォルトの「自動的に更新されたドライバ ソフトウェアを検索します(S)」を選ばずに、その下へ表示される「コンピュータを参照してドライバ ソフトウェアを検索します(R)」を選択し、クリックする。
 次の画面に切り替わるので、こちらもデフォルトでは無く下へ表示される「コンピュータ上のデバイス ドライバの一覧から選択します(L)」を選択して「次へ」のボタンをクリックする。すると、「GPS Pocket PC USB Sync」が表示されるので、その上に表示されている「□互換性のあるハードウェアを表示(C)」のチェックを外す。
 すると、「GPS Pocket PC USB Sync」の表示だけではなく、inView N-911OEM製造元である台湾Compal社製の対応デバイス・ドライバが表示される。しかし、このリストの中にinView N-911用の対応デバイス・ドライバがある保証はなく、動作するかどうかも不明だ。時間があれば一個ずつドライバをインストールしてチェックすれば良いのだが、今回は別の安全策をとることにした。

クリックで拡大ポップアップ WWmdc_7

 別の安全策とは、inView N-911のハードウェア自体は、限りなくマイクロソフト社のPocket PCリファレンス・デザインに近いので、マイクロソフト社製のデバイス・ドライバを組み込んでしまうという方法だ。画面の左側の「製造元」の表示リストを、スクロールバーで表示を下へスクロールさせると、「Microsoft」が製造元リストに現れるので、これを選択する。すると、右側のモデルのリストへ「Microsoft USB Sync (Microsoft Corporation)」が表示されるので、このドライバを選択し、右下の「次へ」のボタンをクリックする。

Wmdc_8

 すると、「ドライバの更新警告」の画面が表示され、互換性が無いと警告表示されてしまうのだが、これは問題ないので「はい」をクリックして先へ進む。

クリックで拡大ポップアップ WWmdc_9

 警告を無視して「はい」をクリックすると、ドライバ ソフトウェアのインストールが開始される。若干、通常のインストールに比べて時間がかかるかもしれないが、インストールの官僚を待つ。しばらくすると、「ドライバ ソフトウェアが正常に更新されました」の表示画面に切り替わるので、この表示が出たら「閉じる(C)」ボタンをクリックする。

クリックで拡大ポップアップ WWmdc_10

 すると、予めインストールしてあるWindows Mobile デバイス センターが自動的に起動し、今度はinView N-911を正常に認識するので「接続完了」表示となる。後はWindows Mobile デバイス センターの設定を行ったり、エクスプローラからinView N-911のメモリやSDメモリなどへも自由にアクセスできるようになるハズだ。
 ちなみに、今回はinView N-911のコンパニオンCD-ROMからデバイス・ドライバを導入した後の作業であるが、ドライバをCD-ROMから導入せずに「不明なデバイス」の状態でも、今回と同様の手順でWindows Mobile デバイス センターに対応したドライバを組み込む事が可能だ。
 この場合、必ず最初にWindows Mobile デバイス センターをインストールしておく必要がある。これは、Windows Vistaに最初から収録されているWindows Mobile/Pocket PC関係のデバイス・ドライバを、Windows Mobile デバイス センターをインストールすることで、ドライバも同時にアップデートするからだ。

クリックで拡大ポップアップ WWmdc_11

 今回の対応方法では、Windows Vista32ビット版だけではなく、Windows Vista x64 Edition64ビット版)でも、まったく同様の方法で対応することが出来た。元々、inView N-911の付属デバイス・ドライバは32ビット版だけしか提供されておらず、Windows XP x64 EditionではActiveSyncの接続を諦めていたのだが、Windows Vista x64 Editionであれば、Windows Mobile デバイス センターで問題なく同期を取ることが出来た。もちろん、Windows Vista x64 Editionの場合には、「不明なデバイス」からのドライバ組み込みを行うことになる。
 また、inView N-911に限らず、Windows Mobile デバイス センターで認識されないWindows Mobile機器やPocket PCでも、同様の方法で認識可能な場合もあるかもしれない。更に、Microsoftのドライバ一覧を見てみると、Windows Mobile デバイス センターでは切り捨てられたと思われていた、Windows Mobile 2002用のデバイス・ドライバも収録されているので、ひょっとするとWindows Mobile 2002マシンも、Windows VistaWindows Mobile デバイス センターで、同期接続が可能になるかもしれない。
 このあたりの実験は、また時間のあるときにでも昔のPocket PCでテストしてみたいと思っている。いずれにしても、筆者愛用のGPS受信機内蔵PDAPocket PC)のinView N-911が、Windows Vista(特にx64版で)問題無く接続可能となり、Windows Mobile デバイス センターで同期がとれるようになった事をレポートしておく。

 

【そのまま内税】GPS搭載ハイグレードPocketPCinView N-911/128MBお得バリューパック【高級液晶...

GPS搭載ハイグレードPocket PC inView N-911/128MB お得バリューパック【液晶保護シート、ボールペン内蔵スタイラスペン、USBホストケーブル付】【Super Mapple Digital Ver.7 for SPA付】【特別販売価格:33,800円(税込)送料込、代引無料

|

« PaPaGO! R12 for PC | トップページ | dmedia inView N-911 PAPAGO!-Jモニタ特価 »

コメント

なかなか、ややこしそうですね。
我が家はまだXPなので、この心配はなさそうですが、
いずれ、このページを見ながら悪戦苦闘しないといけない日が来るのですね。

ところで、うちのGenio e550DGの話ですが、SDカードがinViewN911に比べると、ちょっと遅くて、ちょっと不安定みたいなのですが、こんなものなのですか?
それとも何かおかしい????
大変あいまいな書き方なのですが、2002の癖みたいなものがありましたら、教えてくださいお願いします。

投稿: 泉式 | 2007年6月 4日 16:05

泉式さん、こんばんは、亀レスすいません。昨晩、台北から帰国しました。

>うちのGenio e550DGの話ですが、SDカードがinViewN911に比べると、ちょっと遅くて、ちょっと不安定みたいなのですが、こんなものなのですか?

これは、私のGENIO e550Gも、inView N-911に比べると、SDのリード・ライトは遅いです。CFのリード・ライトも遅いので、やはりチップセットのI/O周りが古い性だと思います。

>うちのGenio e550DG

デジカメ内蔵モデルですね。私のは素のe550gなので・・・ただ、セカンド・バッテリとか、無線LANパック(セカンド・バッテリ内蔵)とかが使えるので、重宝します。DGだと、デジカメのレンズが裏側に装備されているので、これらが使えないのが、残念です。

投稿: 清水 隆夫 | 2007年6月10日 22:09

清水さん、こんばんは。お帰りなさいませ。

>うちのGenio e550DG
すみません。e550GDの間違いです。
辞書ソフトが付いているモデルです。
そういえば、無線LANバックなどオプションがありましたね。
今でも手にはいるのでしょうか?
一応、USBホストケーブルは手に入れたのですが・・・
ちゃんとGlobalsat BU353も動きます(^^)v
もちろんBC337も感度よく動いています。

やはり、SDは少し遅いのですね。安心しました。

ところで、GDモデルはe550Gシリーズでは最後に出たもののようです。東芝のHPではe550Gシリーズのシステムアップグレードが公開されているのですが、GDモデルが対象に入っていません????
アップグレードの必要はないのでしょうか? ご存じですか?
ちなみにリスタートした最初の画面の右下にはv1.01Jと出てきます。
もしご存じでしたら、教えてください。お願いします。

投稿: 泉式 | 2007年6月12日 21:15

泉式さん、こんばんは、

>そういえば、無線LANバックなどオプションがありましたね。
今でも手にはいるのでしょうか?

無理でしょうね。東芝は事実上PDA市場からは撤退していますし、既に製造、販売が終わってからかなりの時間が経過してますので、オークションなどの中古市場を探すしか無いと思います。

>アップグレードの必要はないのでしょうか? ご存じですか?

Windows Mobile 2002であれば、最終版が搭載されているので、特にアップデートは不要だと思います。

ちなみに、ユーザに対しては有償でWindows Mobile 2003へのアップデートキット(CD-ROM)も期間限定で販売されていました。

私のe550Gは残念ながら対象外の機種だったので、アップグレードはしていません。搭載RAMのサイズが異なるんですよね。

起動時に表示されるのは、OSのバージョンではなく、ファームのバージョンですので、私のe550Gとは違うので、参考にはならなりません。同じモデル同士でないと、意味がないバージョン番号です。

投稿: 清水 隆夫 | 2007年6月13日 00:32

清水さん、ありがとうございます。
とにかく、散歩用GPSとして、全く問題なく動いていますので、このまま使うことにします。
お忙しい中、blog内容と関係ないこと答えてくださって、本当に有難うございます。

ネコトクラスにコメットDL/3ことGlobalSatDG-100の使用感想を載せました。清水さんのレヴューともリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 泉式 | 2007年6月13日 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/15300196

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Mobile Device Center:

« PaPaGO! R12 for PC | トップページ | dmedia inView N-911 PAPAGO!-Jモニタ特価 »