« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の6件の記事

2007年10月27日

Mac OS X Leopard 説明会

 台風20号が接近し風雨の強まってきた今日の13時から、新宿の初台「東京オペラシティ」ビル32階にある、アップルの本社のセミナールームへ行ってきた。Start Mac体験モニター」プログラムの第二期モニター修了パーティを兼ねた、「Mac OS X v10.5 LeopardStart Mac体験モニター向け説明会が、第一期、第二期モニター向けに開催されたので、筆者も悪天候の中ではあったが出席してきたのだ。
 今回も前回のパーティ同様に、第二期のStart Mac体験モニターの方々の修了パーティがメインであり、Mac OS X v10.5 Leopardが発売となったので、Mac OS X v10.5 Leopardの説明会を兼ねた、筆者らの第一期Start Macモニターも参加した最後のStart Mac体験モニター」プログラムモニター全員の集まったパーティだった。

Start_mac_1027_1

 Start Mac体験モニターは、筆者ら第一期と、それに続く第二期で丁度一年前となる、昨年の10月の募集から開始されたのだが、残念ながら今回で終了となってしまい第三期は無い。実際には、非公開で行われた第零期とも言うべき、10名のモニターの2グループの合計120名のStart Macモニターも含めて、参加メンバーが会場に集まるのも今回のMac OS X v10.5 Leopard説明会と、第二期修了パーティが最後になるとのことだ。

続きを読む "Mac OS X Leopard 説明会"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月17日

3DMark06 Windows Vista編

 先週、筆者がレポートした台湾ASUS社製「ASUS N7600GS SILENT/HTD/2」にバンドルされてきた、3Dベンチマーク・ソフトウェアの3DMark06 Advanced CD-ROM版(登録用のキー番号がCD-ROMのジャケットへ印刷されている)による、Windows XP Professional32ビット版とx64 Edition)環境上でのベンチマーク結果だが、お約束通りに今回は、「Windows Vista Ultimate」(32ビット版)と「Windows Vista Ultimate x64 Edition」環境上での3DMark06 Advancedによるベンチマーク結果をレポートする。

3dmark06_vista_0

 ちなみに、ASUS N7600GS SILENT/HTD/2にバンドルされてきた3DMark06 Advanced CD-ROM版は、バージョン1.0.2であったため3DMark06 のダウンロード・ページより、最新版となるバージョン1.1.0をダウンロードしてアップデートしている。最初は、差分アップデートを行ったのだが、うまくアップデート出来なかったので、3DMark06 Advanced (Build 1.1.0)そのものをダウンロードし、再インストールを行ったら正常にアップデートが行われた。

クリックで拡大ポップアップ 3dmark06_vista

 3DMark06 Advancedによって実行される3Dベンチマーク・テストは、TEST1TEST4までとCPUベンチマーク・テストなどだが、無料で誰でもがダウンロードして実行可能な3DMark06 Basicでは、TEST1TEST3だけによる3Dベンチマーク・テストが行える。このTEST1TEST4までの3Dベンチマーク・テストは、見ていても面白く綺麗な3Dによるアニメーション(低速なGPUを搭載したグラフィック・ボードでは、コマ送り状態になるが)で、見たことが無い方は是非3DMark06 Basic版をダウンロードして、実行してみるとよいだろう。

続きを読む "3DMark06 Windows Vista編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日

PAPAGO! R12J for inView N-911 α版

 以前、筆者がパソコンGPSショップSPA」が発行しているメールマガジン「パソコンGPSニュース」第130号の記事で、台湾dmedia System社製「inView N-911/128MB」専用のナビゲーション・ソフトウェアPaPaGO! R12」日本語版がリリースされるというニュースをレポートしたが、本日ついに筆者の元へも待望の『「PAPAGO! R12J for inView N-911/128αテスト版東京シティマップ編」』が送付されてきた。

Papago_r12a_01_2

 パソコンGPSショップSPA」より送付されてきたのは、「PAPAGO! R12J for inView N-911/128αテスト版CD-ROMCD-R)と、プリントされた操作マニュアルの二点だ。操作マニュアルには、今回配布された「PAPAGO! R12J for inView N-911/128αテスト版のインストール方法から、起動及び操作方法と、今回のα版で既に判明している不具合点と、ユーザ側での対処方法などが解説されている。
 「PAPAGO! R12J for inView N-911/128αテスト版の地図データは、以前に筆者がレポートした内容と変わっておらず、東京23区(全てでは無い)と川崎市の一部分、横浜市の一部分となっている。また、コピーライトから使用されている地図データは、昭文社製の地図データが元になっていることが判る。

続きを読む "PAPAGO! R12J for inView N-911 α版"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月11日

3DMark06 Windows XP編

 先週、筆者が購入したAGPスロット仕様のグラフィック・ボード、台湾ASUS社製「ASUS N7600GS SILENT/HTD/2」を、筆者の仕事用キューブ型デスクトップPCへ装着されている、GeForce 6200A/128MB(ノーブランド品)と交換してみた。元々、このキューブ型デスクトップPC(台湾Shuttle社製、SN95G5 V3ベアボーン・キット)は、楽天市場の通販で在庫限りの特売品(25千円程度だったと記憶している)を購入し、メインのデスクトップPCのプロセッサをAthlon  64 3200+から、Athlon 64 X2 3800+へ改装した際に、余ったAthlon 64 3200+と予備のメモリやHDD等で組み立てたマシンだ。

3dmark06_xp_1

 この余った部品で筆者が組み立てたキューブ型デスクトップPCには、使用されているチップセットがnVIDIA社製nForce 3であったため、グラフィック機能を内蔵していないので、当時安価になり始めたnVIDIA社製のGPUを搭載した、台湾製ノーブランドのGeForce 6200A/128MBを購入した。GeForce 6200A/128MBを選んだ理由は、安価だったのもあるが、マザーボードのチップセットが、同じnVIDIA社製nForce 3だったからだ。また、ハーフハイトのロープロフィール・サイズでファンレスだったことも、選択の重要なポイントになっていた。

続きを読む "3DMark06 Windows XP編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日

セカンドライフ Linden Scripting Language プログラミング入門

 猛暑の残暑だった9月から、10月に暦が変わって急に秋めいてきた昨今、日も短くなってきたので読書の時間も増えてきた。と言っても、やはり筆者の興味があるのはセカンドライフSecond Life)関連なので、読む本もSecond Life関連の図書となる。特に、セカンドライフの仮想世界の中で、いろいろなオブジェクトを作成したり、その作成したオブジェクトに動きを与えるリンデン・スクリプト言語(Linden Scripting Language)に、最近は凝っている。

Linden_scripting_01

 今回、筆者が購入したのセカンドライフの書籍は、一ヶ月前に筆者が書評を掲載したASCIIから発刊されている、「セカンドライフの作り方」に続くシリーズ第三弾となる「セカンドライフ Linden Scripting Language プログラミング入門」である。既に、リンデン・スクリプト言語の解説書は、8月末に筆者が書評を掲載した、インプレスから発刊されている「セカンドライフで作るリンデンスクリプト入門」があるのだが、「セカンドライフの作り方」の内容が良かったので、今回は「セカンドライフの作り方」の対となる解説書とも言うべき、「セカンドライフ Linden Scripting Language プログラミング入門」を購入して読んでみたと言うわけだ。

続きを読む "セカンドライフ Linden Scripting Language プログラミング入門"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日

ASUS N7600GS SILENT

 筆者の仕事用デスクトップPCのグラフィック・ボードをアップグレードするために、新しいグラフィック・ボードを購入してみた。仕事用のデスクトップPCは、主にメールの送受信とブラウザによるインターネット接続用で、原稿執筆なども行うために3Dグラフィックス機能は不要と考えていたのだが、Second Life(セカンドライフ)ビューアの起動は可能とはいえ、実用的な速度でアバターの動作を行うことは出来ず、Second LifeによるIMInstant Message)やチャット(音声通話も含む)用と割り切れば、現状でも使用できないことはないが、やはり快適にアバターの操作も行いたいので、グラフィック・ボードを改装することにした。

N7600gs_silent_01

 現在使用中のグラフィック・ボードは、ノーブランドのAGPスロット型のGeForce 6200A/128MBで、写真などの2D画像表示や、メール、Web閲覧などに不自由することは無いが、3D表示となると静止した3Dならなんとか表示は出来るものの、3D表示では動きを伴うケースが殆どなので、そうなると殆どコマ送り表示となってしまい、非実用的なのが現状だ。
 AGPスロットという一世代前のデスクトップPCなので、AGPに対応するグラフィック・ボードの選択肢も少なくなりつつあり、早めに入手しておかないと市場から姿を消してしまいそうだというのも、今回購入した理由の一つだ。更に、AGPスロット対応のグラフィック・ボードの選択肢が少ない中、Second Lifeビューアが安定して動作するGPUを搭載している製品となると、更に選択肢は狭まってしまう。
 加えて、筆者はグラフィック・ボードに空冷ファンが搭載されている製品は、あまり好みではなく可能であればファンレスの製品を選びたいこともあり、今回購入したのは、台湾ASUS社の「ASUS N7600GS SILENT/HTD/2AGPスロット対応のグラフィック・ボードである。

続きを読む "ASUS N7600GS SILENT"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »