« Mobile PRESS EX Vol.5 | トップページ | KRUSELL UNIVERSAL PHONE & CAMERA CASE »

2008年2月 9日

SoftBank PHOTOS 920SC (8)

 昨年末に行われた、韓国SAMSUNG ELECTRONICS主催によるSAMSUNG mobile Blogger Nightで、参加者全員へお土産としてプレゼントされたSAMSUNG ELECTRONICS製のBluetoothヘッドセット、「WEP420レポートは、既に昨年行っている。このBluetoothヘッドセット、「WEP420は、残念ながら技適(TELEC)非認定であった為、日本国内で使用すると電波法違反となってしまうので、筆者は使用することなくコレクションの一つとなっており、海外へ渡航した際に利用するつもりだったのだが、なんと国内でも試用が可能とSAMSUNG mobileの担当者より連絡を頂いた。

クリックで拡大ポップアップ Photos_920sc_8_1

イベントの際に差し上げましたB&O Bluetoothヘッドセットですが、日本で販売しているものではない為、TELECを取得していないもので御座います。

TELEC未取得のものをご利用頂くことにより、ご迷惑をかけてしまうことがないようにSBMさんを通じて総務省にご確認させて頂きましたが、販売用ではない為CEマークの取得で日本での一時的な使用は可能だそうです。(B&O BluetoothヘッドセットはCEマークを取得しています。)

 つまり、TELEC非認定Bluetooth機器であっても、日本国内で販売されておらず、且つCE認定されているBluetooth機器であれば、日本国内での一時的な使用は可能という総務省の見解なのだ。逆に言えば、日本国内で販売されている並行輸入品などのTELEC非認定Bluetooth機器は、CE認定されていても一時的な使用は違法であるが、個人が海外旅行などで海外で購入してきたり、海外通販などで入手したTELEC非認定Bluetooth機器であっても、CE認定されていれば一時的(常用すれば違法の可能性が高い)ではあるが、使用できるということになるのだろうか。
 Bluetooth機器に関しては、BTQ認定されていない機器は、Bluetoothのロゴを使用できないのだが、今回の総務省の見解ではFCC認定のBluetooth機器や、CE認定やFCC認定のWi-Fi機器に関しての言及がないため、これらの日本国内での一時的な使用(即ち試用)が合法なのか違法なのかは不明なので、これらの機器を試用したい場合には、総務省へ確認してみるとよいだろう。

クリックで拡大ポップアップ Photos_920sc_8_2

 と言うことで、折角SAMSUNG mobileの担当者がソフトバンク・モバイル経由で総務省に確認をとってくれ、一時的であれ試用がOKとなったSAMSUNG ELECTRONICSBluetoothヘッドセット、「WEP420を、早々にソフトバンク・モバイル「PHOTOS 920SC」で試用してみることにした。No Mobile,No Life.氏も簡単にレポートしているのだが、使用方法は簡単で、PHOTOS 920SCのメニューから、「設定」を選択しサブメニューの「外部接続」を選択すれば、「Bluetooth」の項目があるので、まずPHOTOS 920SCの内蔵Bluetoothを「On」にする。
 次に、「Bluetooth」の設定項目にある「周辺機器検索」を選び、同時にBluetoothヘッドセットWEP420の電源をオンにする。この時点でPHOTOS 920SCBluetoothヘッドセットWEP420を認識するまで、若干時間(と言っても十数秒以内)を要する。

クリックで拡大ポップアップ Photos_920sc_8_3

 PHOTOS 920SCBluetoothヘッドセットWEP420を認識すると、デバイス表示のリストに、「Samsung WEP420」が表示されるので、この「Samsung WEP420」をカーソルボタンで選択し「決定」ボタンを押す。すると、「認証コード」の入力画面(ペアリングの為のPINコード)が表示されるので、BluetoothヘッドセットWEP420のデフォルトコードである「0000」を、PHOTOS 920SCのテンキーから入力して「OK」の決定ボタンを押せばよい。

クリックで拡大ポップアップ Photos_920sc_8_4

 すると、PHOTOS 920SCの画面表示に「Samsung WEP420 ペアリングしました」と表示され、以後はBluetoothヘッドセットWEP420から着信や発信などが可能となる。BluetoothヘッドセットWEP420は、小型軽量なので車を運転している際には非常に良い使い心地だ。車を運転している際は、携帯電話の操作が禁止されているため、ワイヤードにしろ、BluetoothヘッドセットWEP420の様な無線にしろ、ヘッドセットの使用を行わない場合は、道路交通法違反となる。
 ワイヤー接続タイプのイヤーフォーン型のヘッドセットは、PHOTOS 920SCに標準で付属してくるのだが、ステレオタイプのために片方の耳はハズしておかないと、外部の音が聞きにくいので、やはり片耳タイプのBluetoothヘッドセットWEP420の方が使いやすく、接続ケーブルも無いので取り回しが雲泥の差で良い。安全運転にも繋がるので、車を運転する方には、お勧めだ。

クリックで拡大ポップアップ Photos_920sc_8_5

 PHOTOS 920SCBluetoothでは、昨年筆者が購入したシャープ製「AQUOSケータイ」こと「920SH」に対応している、これも昨年筆者が購入したシチズン製CITIZEN i:VERT-M」(シチズン アイバートM)には、残念ながら非対応なのが残念だ。しかし、PHOTOS 920SCBluetoothでは、SBM 920SHBluetoothではサポートされていないプロファイル「SPP」がサポートされている。
 そこで、PHOTOS 920SCBluetoothSPP接続によるBluetooh接続のGPS受信機が、接続可能かどうかを試してみた。今回、試してみたのは、携帯電話との相性も良いだろうということから、昨年やっと発売となったキア・ジャパン社のNokia Wireless GPS ModuleNOKIA LD-3W」を使用してみた。
 結果は、残念ながらPHOTOS 920SCの「周辺機器検索」で、容易にNOKIA LD-3Wを発見するのだが、その後にNOKIA LD-3Wとのペアリングを行おうとすると、「未対応のサービスです」という表示が表れて、ペリングすることが出来なかった。単純にSPPをサポートしているデバイスの場合、どうやら対応するアプリケーションがPHOTOS 920SCに無い場合には、ペアリング自体がキャンセルされてしまうようだ。
 出来れば、GPS受信機が非搭載のPHOTOS 920SCをはじめとする、ソフトバンク・モバイルから発売となっている他の携帯電話でも、Bluetooth接続型のGPS受信機をサポートして、Bluetooth GPS受信機がペアリングされた時点で、GPS受信機内蔵の携帯電話と同じサービス(ナビゲーションや、撮影した画像のExifへジオタグを記録するなど)が使用可能になって欲しいものだ。

Samsung_banner08b


【ソフトバンクセレクション】SoftBank機種別専用液晶保護シールPHOTOS 920SC専用【価格:398円(税込)送料別

 

 


【未使用品、送料込】SoftBank PHOTOS 920SC ソフトバンク 白ロム携帯/標準セット/保証書付き【価格:26,800円(税込)送料込

 

 


新品白ロム携帯電話/安心のメーカー保証"有機ELディスプレイ500万画素デジカメケータイ"【SoftBank/ソフトバンク】PHOTOS 920SC【価格:26,800円(税込)送料:440円

 

|

« Mobile PRESS EX Vol.5 | トップページ | KRUSELL UNIVERSAL PHONE & CAMERA CASE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/40069492

この記事へのトラックバック一覧です: SoftBank PHOTOS 920SC (8):

« Mobile PRESS EX Vol.5 | トップページ | KRUSELL UNIVERSAL PHONE & CAMERA CASE »