« Logitec LPL-TX/S | トップページ | DNRH-001 (OpenSimサーバ編) »

2008年7月 7日

Logitec LAN-SW03LWH

 以前、有りそうで無い製品として3ポートのスイッチング・ハブという話を書いたことがあるが、その有りそうで無かった3ポートのスイッチング・ハブ「LAN-SW03LWH」がロジテックより発売されたので、早々に購入してみた。これまでは、スイッチング・ハブの最小ポート数として5ポートが一般的な製品だった。アップリンクに1ポートを使用するので、実質的には4分岐のEthernet Switching Hubということになる。

Lansw03lwh_1

 スイッチング・ハブの場合、一般的には大は小を兼ねるので、使用しないポートは遊ばせておけば良いだけなのだが、当然ながらRJ-45コネクタの数が増えれば筐体の大きさも大きくなる。必要最小限のポート数であれば、小型になるのでモバイル時に使用する場合も携行に便利だ。今回、筆者の購入したLAN-SW03LWHは、3ポートのスイッチング・ハブなので、アップリンクから実質Ethernet2分岐ハブなので、非常に小型だ。

Lansw03lwh_2

 購入したLAN-SW03LWHには、AC電源アダプタ(DC5V)が付属しているのだが、その大きさとLAN-SW03LWHの大きさはと言えば、殆ど同じ大きさだ。今回、筆者の購入したLAN-SW03LWHは、アップリンクのポート(ポート1)がRJ-45コネクタではなくEthernetケーブル(先端は、もちろんRJ-45雄コネクタ)がLAN-SW03LWH本体に直づけとなっているモデルで、分岐されたポート二個はRJ-45雌コネクタとなっている。
 3ポート全てRJ-45雌コネクタの「LAN-SW03WH」もラインナップされているので、用途に応じて選べるし、ボディの色は白と黒がある。モバイル用途であれば、アップリンクには巻き取り型のEthernetケーブルを使いたいところなので、LAN-SW03WHの方が便利だろう。

クリックで拡大ポップアップ Lansw03lwh_3

 LAN-SW03LWHの本体表側には、イーサネットのリンク状態を示すLEDと電源のパイロット用LEDが計4個装備されている。発光色はグリーンであるが、筆者の好みとしてはRJ-45コネクタごとにに、リンクLEDとステータスLEDが装備されているタイプの方が好きだ。LAN-SW03LWHの本体裏側には、マグネットが装備されており、スチール製のデスクやPCの筐体であればLAN-SW03LWHを、このマグネットによって装着しておく事もできる。
 LAN-SW03LWH本体前面(前側面)は、RJ-45コネクタのポート2とポート3で本体背面(後側面)には、Ethernetケーブル(ポート1)と電源用コネクタが装備されている。直づけされているポート1Ethernetケーブルは、約15cmなので用途によっては短いかもしれないので、その場合には全てRJ-45雌コネクタのLAN-SW03WHを選び、必要な長さのEthernetケーブルをポート1へ接続して用いれば良いだろう。

Lansw03lwh_4

 今回は、先日レポートしたロジテックのPLCアダプタLPL-TX/S」と同時に、LAN-SW03LWHを購入したので、これまで使用していたI-Oデータ機器の5ポート小型スイッチング・ハブ「ETX-SH5SBKLAN-SW03LWHから比べると1.5倍ほど大きいが)をLAN-SW03LWHへ置き換えた。LAN-SW03LWHのポート1を、Bフレッツ用のVDSLモデムのEthernet出力RJ-45ポートへ接続し、LAN-SW03LWHのポート1RT-200KI(普段はひかり電話用VoIPアダプタとしてのみ使用)WAN入力RJ-4550cmの平型Ethernetケーブルで接続し、LAN-SW03LWHのポート2LPL-TX/SEthernetポート(RJ-45)へ、同じく50cmの平型Ethernetケーブルで接続した。
 LAN-SW03LWHの発熱は少なく、これまで使用していたETX-SH5SBKと比べても発熱が少ない。使用されているスイッチング・ハブ用チップが新しく、低消費電力化されているのだろう。LAN-SW03LWHの電源電圧はDC5Vなので、モバイルの場合にはUSBポートから電源供給も可能なのだが、ETX-SH5SBKに付属していたような、USBポートからの電源供給ケーブルは付属していないのが残念だ。
 とは言え、USBポートからの電源供給ケーブルは、別の機器用ではあるが手持ちケーブルが流用できることも確認したので、出張時のモバイル時に宿泊ホテルでの使用にも最適なので、モバイル専用としてLAN-SW03WHを追加で購入した。最近は、ホテルでも無線LANを使用するケースが多いのであるが、やはり伝送速度とセキュリティを考慮すると、有線LANの方が勝っていると筆者は思う。
 しかし、PDAやスマートフォンをホテルで併用する場合には、やはりトラベル用の小型Wi-Fiルータも必要なので、ホテルの部屋にあるEthernetポートをLAN-SW03WHで分岐し、片方のポートはノートPCを接続し、もう一方のポートへトラベル用小型Wi-Fiルータを接続するといった使い方も出来るようになる。
 トラベル用小型Wi-Fiルータでも、LAN側が無線LANだけではなくRJ-45Ethernetポートも装備していれば、特にLAN-SW03WHを用いる必要は無いのだが、筆者のトラベル用小型W-Fiルータには装備されていないので、LAN-SW03WHを追加購入したわけだ。本音としては、出張時の持ち物を減らしたいので、LAN側のRJ-45ポートを装備しているトラベル用の小型Wi-Fiルータに買い換えたいのは、言うまでもない。


ロジテック100BASE対応スイッチングハブ(3ポート)ホワイト LAN-SW03WH【価格:1,900円(税込:1,995円)送料別

 

 


ロジテック LAN-SW03LWH 3ポート 100BASE-TX対応 スイッチングハブ【価格:2,240円(税込)送料別

 

 

|

« Logitec LPL-TX/S | トップページ | DNRH-001 (OpenSimサーバ編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/41746198

この記事へのトラックバック一覧です: Logitec LAN-SW03LWH:

« Logitec LPL-TX/S | トップページ | DNRH-001 (OpenSimサーバ編) »