« HOLUX m-241 (前編) | トップページ | RT-200KI 対策ファームウェア(?) »

2008年7月23日

Wireless Japan 2008

[SAMSUNG OMNIA i900]

 7月22日から東京ビッグサイトで開催されている、「Wireless Japan 2008」へ取材に出かけてきた。真夏の暑さにも関わらず、会場内は来場客も多く省エネのためかエアコンの効きを押さえている関係だろか、会場内も暑かったがブースも暑さ以上に熱気のある展示を各社行っていた。今回は、韓国SAMSUNG ELECTRONICSSAMSUNG mobileから、特別に招待を受けたので同社の展示ブースを紹介しよう。

Samusung_omnia_1

 SAMSUNG mobileのブースは、Wireless Japan 2008における各社の展示ブース中でも、最大規模となるブース面積を誇っていて、隣接するドコモのブースや国内携帯電話メーカのブース規模を大きく上回っており、SAMSUNG mobileの熱く真剣な日本市場への取り組みを明示していた。そのSAMSUNG mobileのブースの中でも、多くの来場客が人だかりを作りデモ機を操作していたのが、本邦初公開となるSAMSUNG mobileのスマートフォン「OMNIA」(i900)だ。

Samusung_omnia_2

 SAMSUNG mobileのスマートフォン「OMNIA」(i900)の展示ブースでは、実際に稼働している「OMNIA」(i900)を操作することができ、そのハイパフォーマンスなWindows Mobile SmartPhoneらしからぬ、キビキビとした滑らかな動作を来場客が堪能していた。特に、従来のタッチパネル型携帯電話と異なり、タッチ操作によって、液晶ディスプレイが微弱な振動をして、操作を指で感じることができる「OMNIA」(i900)のユーザ・インターフェース(UI)は、同じタッチパネル操作のUIを持つiPhoneとは全く違う操作感を、我々に与えてくれる。

Samusung_omnia_3

 SAMSUNG mobileのブースに体験可能な形で展示されていた「OMNIA」(i900)は、先にシンガポールで発売されたモデルで、残念ながら日本語対応とはなっていなかったが、年内には日本語対応のモデルが日本国内モデルとして投入されるとのことだ。「OMNIA」(i900)はヨーロッパ向けモデルの場合、ヨーロッパ仕様のワンセグTV機能を内蔵しており、日本国内への投入モデルでは当然日本仕様のワンセグTV受信機能(録画にも対応)を内蔵して発売されるとのこと。
 Apple社のiPhone 3Gは、基本的な仕様が北米向けであり、ワンセグTVなどの国によって規格の異なるハードウェアには対応していないが、全世界で携帯電話を販売している、Nokiaに次ぐ市場シェア第二位のSAMSUNG mobileは、その国の特殊な仕様を盛り込んで製品化するのが、携帯電話製品の基本コンセプトなので、日本語入力や絵文字も含めて日本の携帯電話と遜色の無い機能を、日本向け「OMNIA」(i900)にも実装して提供してくれるだろう。

クリックで拡大ポップアップ Samusung_omnia_4

 SAMSUNG mobileの展示ブースには、注目のフラグシップ・モデルである「OMNIA」(i900)だけではなく、SAMSUNG mobileの現在販売している携帯電話機種が、数多く展示されていた。日本のキャリアの全機種以上の各種実機モデルが、ガラス・ケースの展示パネル内に並べられていたが、なんとこの膨大な機種数でも現在のSAMSUNG mobileの全機種中、僅か10%程の機種だというから驚きだ。
 「OMNIA」(i900)に搭載されているUIである「TOUCH Wiz」を搭載したモデルも、「OMNIA」(i900)以外にも姉妹機種が多数展示されており、操作を行う実機モデルも何種類も展示されていた。そんな多くの実機展示機種中、これも本邦初公開となる「D980」は、2GGSM/EDGE)端末ではあるものの、二枚のSIMを装着可能なデュアルSIM携帯電話だ。日本では、一枚のSIMカードへ二つの電話番号を持つことができるキャリアの有償サービスがあるが、海外では複数キャリアのSIMを契約して、一台の携帯電話で同時に使用することが可能な、デュアルSIM携帯電話の方が一般的だ。
 日本でも、是非SIMフリー端末として、3G対応のデュアルSIM携帯電話やスマートフォンを販売して欲しいものだが、垂直統合モデルのキャリアばかりが台頭する日本の携帯電話市場では、難しいのかもしれない。しかし、3.9Gやスーパー3GLTE規格)へ各キャリアが移行すれば、こういったSIMフリーのデュアルSIM携帯電話やスマートフォンが、日本国内でも活躍するかもしれない。いや、そうなって欲しいと筆者は願っている。

クリックで拡大ポップアップ Samusung_omnia_5

 上に掲載した画像は、SAMSUNG mobileより提供されたメディア向けの画像より、「OMNIA」(i900)の画像を抜粋した写真である(クリックで拡大ポップアップ)。

クリックで拡大ポップアップ Samusung_omnia_6

 上に掲載した表は、SAMSUNG mobileより提供されたメディア向けのPDF資料より、「OMNIA」(i900)のスペックをJPEGファイルへ変換した表である(クリックで拡大ポップアップ)。

 


Softbank新品白ロム携帯電話、安心のメーカー保証付き!【未使用品】ソフトバンク 805SC 白ロム携帯【価格:9,800円(税込)送料別

 

 


Softbank新品白ロム携帯電話、安心のメーカー保証付き!【未使用品】ソフトバンク 709SC白ロム携帯【価格:19,800円(税込)送料別

 

 


Softbank新品白ロム、安心のメーカー保証付き!【未使用品】ソフトバンク 821SC 白ロム携帯【価格:19,800円(税込)送料別

 

 


Softbank新品白ロム携帯、安心のメーカー保証付き!送料無料!【未使用品】ソフトバンク 920SC 白ロム携帯【価格:32,800円(税込)送料込

|

« HOLUX m-241 (前編) | トップページ | RT-200KI 対策ファームウェア(?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/41955513

この記事へのトラックバック一覧です: Wireless Japan 2008:

« HOLUX m-241 (前編) | トップページ | RT-200KI 対策ファームウェア(?) »