« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の5件の記事

2008年8月31日

Caplio 500SE-Wとm-241

 8月(子供達の夏休み)も終わりとなるが、まだまだ残暑が厳しい今年の夏、不安定で気まぐれな天候なので、ちょっとした外出や散歩に出かけて突然の雷雨に遭い、ずぶ濡れで帰宅する日も多い筆者である。外出時には、大抵デジタルカメラを持参するのだが、不安定な天候続きなので、最近は雷雨の中でも撮影可能な防水構造の、リコー製「Caplio 500SE-W」が大活躍である。

クリックで拡大ポップアップ Rimg0002

 リコー製のCaplio 500SE-Wがメインとなれば、当然ながらBluetooth型のGPS受信機も持ち歩くことになるのだが、最近の筆者のお気に入りのGPS受信機は「ハンディDL/M*241」こと台湾HOLUX社の「m-241」だ。もちろん、GPSデータ・ロガーとしてベルトやショルダーバッグへ装着しているのだが、内蔵している液晶ディスプレイに表示される移動距離や速度、緯度経度のデータ見ながらの散歩が面白い。

クリックで拡大ポップアップ Rimg0004

 緯度経度データの表示は、Caplio 500SE-WBluetoothでリンクさえしていれば、ハンディDL/M*241ことm-241以外の液晶ディスプレイを装備していないBluetoothGPS受信機やGPSデータ・ロガーであっても、Caplio 500SE-Wの液晶ディスプレイに緯度経度や測位状態は表示されるのだが、Caplio 500SE-Wの電源を入れなくてはならないので、常に必要な情報を表示してくれているハンディDL/M*241ことm-241は、やはり便利だ。

続きを読む "Caplio 500SE-Wとm-241"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月20日

Android Emulator Versin 0.9β

 昨日(日本時間の819日、米国時間818日)、OHAOpen Handset Alliance)より「Android」(アンドロイド)用のソフトウェア開発キット(SDK)のバージョン0.9β版)が公開された。このGoogle Android SDK(開発キット)のダウンロードは、Windows版、Mac OS X版(ただしIntelプロセッサ搭載のMacのみ)と、Linuxx86)版が、それぞれダウンロードできる。それぞれのSDKは、90MBほどのサイズだ。

クリックで拡大ポップアップ Android_emulator_09b_1

 以前に紹介したAndroid SDK βバージョンから比べると、完成度が非常に上がっており、リリースドキュメントによると、製品版のAndroidと殆ど同等のデザインだと言う。リリースされたAndroid SDK Version0.9のエミュレータ・ソフトを、スクリーン・ショットをメインに紹介しておこう。

続きを読む "Android Emulator Versin 0.9β"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月15日

RT-200KI 対策ファームウェアにバグ

 731日に、純正無線LANカード「SC-32KI」の互換無線LANカードの使用をブロックするRT-200KI用の対策ファームウェア「Version 05.00.0018」をリリースしたばかりのNTT東日本であるが、僅か2週間後の本日、リリースしたVersion 05.00.0018にバグがあったという理由から、そのバグを修正したファームウェア「Version 05.00.0019」がリリースされた。

クリックで拡大ポップアップ Rt200ki_080815_1

 これまで、RT-200KIのファームウェアが何度かリリースされたのだが、今回の様に短い間隔での修正ファームウェアがリリースされたのは初めてであり、どうもVersion 05系のファームウェアは不完全な形で、十分な検証も行われないままリリースされた感が強い。バグ(NTT東日本ではバグという表記はしていないが、こんな短い間隔でアップデートされたファームウェアで、しかも世間は盆休みという815日にリリースというのは、十中八九致命的なバグを抱えていたと思われる。)の詳細は、以下の様な内容である。

無線LANとVoIPアダプタ等のUPnP機器を同時にご利用の場合の動作について安定性を向上させました

 合わせて「※ 上記の事象に対処するため、緊急にファームウェアを提供いたします。」というコメントも付加されている。内容から推測すると、やはり前回のファームウェアで実装された、NTTドコモのNEC製無線LAN対応携帯電話(N906iL)向けの機能アップ(ホームU)関連に関するバグ対策だったようで、ドコモ(NEC製)のN906iLを所有していないユーザには、全く無関係な内容だ。しかし、ひょっとするとVersion 05.00.0018で実装された、SC-32KI互換無線LANカードのブロックが外されているかもしれないという、蜘蛛の糸にすがる様な気持ちが無い訳では無い。

続きを読む "RT-200KI 対策ファームウェアにバグ"

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2008年8月14日

DNRH-001 (ファン編)

 暑い夏が続いている8月、残暑お見舞い申し上げる。さて、そんな暑い夏が続いている中、筆者の購入した激安(19.999円(税込)の送料無料UPS内蔵PCDNRH-001」は、筆者と違って夏ばてもせず元気に稼働し続けている。当然ながら、エアコンを停止した状態の筆者の作業部屋は、30度を軽く超えて35度近くまで室温が上昇するので、DNRH-001HDD温度が稼働上限の55度に届く日も多く、HDDのダメージが心配だったので、空冷ファンを装備した。

Dnrh001_15_1

 DNRH-001HDDは、内蔵UPS電源の廃熱が直接影響してしまうため、通常のPCに比べて温度上昇が激しい。そこで、内蔵UPS電源とHDDを共に空冷ファンで冷却を行う位置へ空冷ファンを装備することにした。DNRH-001の内蔵UPS電源とHDD横には、僅かな隙間があり、ここへ空冷ファンを装着する。空冷ファンの厚みは、一般的な20mm厚のファンだと装着が難しく、10mm厚(50mm角)の空冷ファン「AINEX CF-50SS」を新たに購入した。

続きを読む "DNRH-001 (ファン編)"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年8月 3日

HOLUX m-241 (後編)

 先月ファースト・インプレッションを「HOLUX m-241 (前編)」でレポートした「ハンディDL/M*241」こと台湾HOLUX社の「m-241」だが、これも先月(と言っても先々週だが)のレポート「Wireless Japan 2008」へ出かけた際に、実際にログを採取してみたのでレポートしよう。ハンディDL/M*241ことHOLUX m-241のレポートの前に、読者の方から「HOLUX m-241は、ソニーのGPS-CS1KOEM品ではないのか?」という質問を頂いたので、それにお答えする。

Holux_m241_2_1

 ソニーのGPS-CS1Kに関しては、筆者が購入してレポートを行った記事を参照して欲しいのだが、搭載されているGPSエンジンはソニー製の「CXD2951GA-4」チップで、ハンディDL/M*241ことHOLUX m-241に搭載されているGPSエンジンのチップは、MTK(台湾MediaTek社)製なので、外観は似ているが、中身は全く異なる別製品である。上の写真は、両者を並べてGPS-CS1Kに付属してきたプラスチック製のカラビナを、ハンディDL/M*241ことHOLUX m-241へ装着してみたところだ。

続きを読む "HOLUX m-241 (後編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »