« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の4件の記事

2009年2月27日

玄人志向 GF9800GTX+-E512H/HD

 全く購入予定では無かったのだが、成り行きから玄人志向が輸入販売している、台湾Point of ViewブランドのGeForce9800GTX+を搭載の「GF9800GTX+-E512H/HD」を購入する結果になってしまった。筆者がGF9800GTX+-E512H/HDを購入した成り行きについては後述するが、かなり市販価格よりも安価に購入できたので、ラッキーだったと言えばラッキーだったのだが、全く予定外の衝動買いだったといえば、そうとも言える買い物だった。

Gf9800gtxe512h_hd_1

 今回、筆者が購入した台湾Point of View製の玄人志向GF9800GTX+-E512H/HDは、昨年時点でのnVIDIAGPUのハイエンド製品である、GeForceGTX+を搭載しているグラフィック・カードだ。搭載メモリは512MBGDDR3で、もちろんSLIにも対応しているし、電源容量さえ許せば3Way-SLIにも対応できる。また、GPUチップも最新の55nmで製造されているので、初期のモデルよりも低消費電力化されているという製品で、GeForce9000シリーズの中でGF9800GTX+-E512H/HDは、ハイエンドかつ最も新しいモデルだ。

続きを読む "玄人志向 GF9800GTX+-E512H/HD"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日

Acer X223W

 筆者が愛用していた、19インチ液晶ディスプレイBenQ製「T901が映らなくなってしまい、急遽液晶ディスプレイを(仕方なく)買い換えた。BenQ T901を購入したのは、2004年の1120だったので、4年以上の歳月が経過しており、しかも毎日使用しているためバックライトの寿命が訪れたのだろう。とりあえずは、iMac 20インチがあるので、仕事を中断することは無いのだが、メインの仕事用PCや評価環境用PCの映像出力を、直接iMac 20インチで表示することは出来ないため、やはり専用の大型液晶ディスプレイが不可欠だ。

Acer_x223w_1

 今回、筆者が購入したのは、Acer製の22インチ・ワイド液晶ディスプレイ「X223Wbd」(ブラック)だ。同じモデルで色違いの「X223Wsd」(シルバー)もあり、二万円以下(筆者が購入した時点では、税込み送料込みで16,800円だった)で購入できる22インチのワイド液晶ディスプレイなので、コストパフォーマンスは良い。一昨年前、家内用の新造PC用に、Acer製の17インチワイド(現行モデルであるX193Wの前のモデルとなる「AL1916WA」)液晶ディスプレイを購入し、なかなか画質も良かったので、今回もAcer製のX223Wbdを選んでみた。

続きを読む "Acer X223W"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日

Pentium Dual Core E5200

 先日、Intel Atom 330の「D945GCLF2Mini-ITXマザーボードのケースと電源用にと、筆者が購入したShuttle社製のベアボーンPCKPC K45」だが、KPC K45のマザーボードを稼働させてみたくなったので、CPUとメモリを購入してしまった。本末転倒の話なのだが、余った部品で泥沼にハマってしまう典型的な例である。

Pentium_dualcore_e5200_1

 とりあえず、KPC K45マザーボードで動作可能なCPUを調べてみると、IntelPentium Dual-Core E5200」は動作対象のCPUリストに載せられているので、CPU価格と予算の関係からPentium Dual-Core E5200を購入した。更に安価なCeleron Dという選択肢もあったのだが、2千円程度の違いだったのPentium Dual-Core E5200を購入した。Pentiumという名前が付いてはいるが、Pentium Dual-Core E5200Core 2 Duoの廉価版CPUである。

続きを読む "Pentium Dual Core E5200"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日

Shuttle KPC K45

 昨年、筆者が購入したIntel Atom 330を搭載したMini-ITXマザーボードD945GCLF2」のケースを購入しようと物色していたのだが、Mini-ITX用のケースはニーズが少ないためか、結構な値段がしてしまう。とりあえずは、バラック状態で運用していたのだが、やはりサーバ(ファイルサーバ、つまりNAS状態)として本格運用させるとなると、いつまでもバラックでの運用を続けるわけにも行かない。

Kpc_k45_1

 そんな中、Mini-ITX用ケースと変わらない価格で売られていたのが、今回紹介するShuttle社製のベアボーンPCKPC K45」だ。ベアボーンのキットなので、マザーボードも内蔵されており、電源も内蔵されている。マザーボードをIntel Atom 330の「D945GCLF2」と交換することが可能なのと、ちょっと大きめなケースのサイズであるが、3.5インチHDDを二台装備できるのと、夏場のHDD温度対策用として、大型(9cm)ファンを装着できるのも決め手だった。

続きを読む "Shuttle KPC K45"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »