« WACOAL Cross Walker Mesh | トップページ | Wii Sports Resort »

2009年7月 3日

KPC K45 マザーボードの活用

 先月、筆者が紹介した筆者の購入した台湾Shuttle社製のベアボーンPCKPC K45」のケースへ、同じく昨年に筆者の購入したIntel Atom 330を搭載したMini-ITXマザーボードD945GCLF2」を組み込んだレポートをお届けしたが、その結果として余ってしまったKPC K45のマザーボード(CPUやメモリは既に購入している)を、別のケースへ組み込んだレポートをお届けする。

Kpc_k45_3_4

 筆者の新たに購入したKPC K45のマザーボード用のMini-ITX用ケースは、楽天の通販で300W SFX電源搭載「ITX-200/300Wを購入した。KPC K45のマザーボードは、一般的なMini-ITXのマザーボードよりも、奥行きが長いために奥行きの短い一般的なMini-ITX用ケースでは装着することが出来ないのだが、「ITX-200/300W」であれば特に内部で他のパーツに干渉することもなく、装備することが可能だ。

Kpc_k45_3_1

 購入した「ITX-200/300W」には、ペリフェラル装着用に5インチ光学ドライブ用のベイが一基と、3.5インチドライブ用(フロントアクセス可能)と、側面にHDD専用の3.5インチドライブベイが一基用意されている。当初は、フロントアクセスも可能な3.5インチベイにHDDを装備していたのだが、放熱が芳しく無かったので、側面の3.5インチベイへ移動してみた。
 ITX-200/300Wにはケース用のクーリング・ファンが無く、電源のファンだけが排気ファンのために、ケース内部に熱がこもりやすく発熱量の多いCPUKPC K45のマザーボードへ搭載した場合には、クーリングのエアフローを十分に確保する必要がありそうで、場合によっては専用の排気用ファンを装備した方が良いだろう。

クリックで拡大表示 Kpc_k45_3_2_2

 ITX-200/300WKPC K45のマザーボードを装着すると、CPUの純正ヒートシンクとファンが、内蔵SFX電源と干渉してしまいそうな位にギリギリの状態となってしまう。その隙間は僅かに0.5mm前後で紙一枚分の隙間程度で、筆者はITX-200/300Wの内蔵SFX電源の取り付け位置を、ビスの遊び範囲で可能な限り上部へ固定した。現在販売されているIntelCPU同梱ヒートシンク&ファンであれば問題は無いが、古いIntel CPUの場合には、高さが今のよりも高いので、その場合には別途高さの低いヒートシンク&ファンに改装する必要があるだろう。
 また、ITX-200/300Wの前面3.5インチドライブベイのフレーム部分と、KPC K45のマザーボードのメモリスロットが、メモリを装着した状態だと干渉してしまいそうになってしまうのだが、こちらは1mm以上のスペースが確保されるので特に問題は無いだろう。ロープロファイルのメモリ・モジュールであれば更に良いのであるが、通常のモジュールであっても装着出来ないわけではないので買い換えの必要性は無い。

Kpc_k45_3_3

 ITX-200/300Wには、前面にUSBポートが2個と3.5mmφのオーディオ入出力ジャックが装備されており、これらのピンヘッダは特に加工することなくKPC K45のマザーボードへ接続することが可能だ。また、電源スイッチやパイロットランプ用のLEDHDDアクセスLEDも問題なく接続できる。加えてKPC K45のケースには装備されていなかったリセット・スイッチもITX-200/300Wには装備されており、こちらもKPC K45のマザーボードへ接続が可能(マザーボードにはリセット・スイッチ用コネクタが有る)だ。
 しかし、ITX-200/300W5インチ光学ドライブ用のベイは、最近の奥行きが短い5インチ光学ドライブしか装備できず、手持ちの古い奥行きの長い5インチ光学ドライブは装着出来なかった。余っている5インチ光学ドライブを流用できなかったので、新たに購入しようかとも思ったがUSB接続のドライブでもテスト用のPCであれば不都合も無いため、現在は5インチ光学ドライブを未装着である。
 用途によっては、5インチDVDスーパマルチ型ドライブは必要不可欠な装備品なのだが、現在では非常に安価(3千円~4千円程度)に購入できるため、必要になった際に購入して装備する予定だ。ちなみに、このマシンは筆者が5月末に紹介した「Linux 100% Vol.8にて、HDDSSD(これも筆者が5月に紹介した)eSATA接続でのSSDなどの評価で使用したLinuxUbuntu 9.04)マシンで、評価ついでにHDDを新型に改装したと言うわけだ。


Mini-ITXケース、300W SFX電源搭載【ユニットコム】ITX-200/300W 【価格:9,429円(税込)送料別

 

 


側面に80mmケースファンを新設したMini-ITXケース 300W SFX電源搭載【ユニットコム】ITX-250/300W【価格:9,429円(税込)送料別

 

 

|

« WACOAL Cross Walker Mesh | トップページ | Wii Sports Resort »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/45500453

この記事へのトラックバック一覧です: KPC K45 マザーボードの活用:

» ZOTAC G43-ITX [清水 隆夫の「Good Job !」]
 先日、筆者の常用している作業用のPCが壊れた。何時も通りにブラウザ(Firefox 5とGoogle Chrome)を開いていたのだが、突然に画面が消えてしまった。空冷ファンの音だけはしていたので、Windowsのフリーズかと思って再起動を試みたのだが、BIOSの起動画面は表示されずに電源LEDも点灯しない。しかし、空冷ファンだけは回転しているので、どうやらハード的なマザーボードの故障か電源ユニットの故障と推測した。取り敢えず、AC100Vの電源を抜いて暫く放置した後、再度起動を試みたが症状は変化... [続きを読む]

受信: 2011年7月23日 18:21

« WACOAL Cross Walker Mesh | トップページ | Wii Sports Resort »