« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の3件の記事

2010年8月30日

上海問屋 LC09-4PK 互換インク

 プリンタのカラーインク(イエロー)が切れたので、交換しようと買い置きのインクを探したのだが、残念ながら切らしてしまっていた。プリンタのインクは、常に予備を用意しているのだが、予備を購入しておくのを忘れてしまっていたようだ。プリンタは、購入してから既に4年以上を経過しているので、そろそろ買い換え時期なのだが、FAXと電話が主目的でプリンタとしてはビジネス用と割り切って使用しているので、全く機能的に不満が無く壊れる時が買い換える時と決めている。

Lc094pk_1

 プリンタのランニング・コストは、インクの消耗と印刷用の紙、それと電気代だ。このコストの中で最も高いのがインク代だ。プリンタが保証期間中の場合は、万が一故障した時の事を考えると、純正インクを使っていた方が安心だが、保証期間が切れて、壊れても修理代よりも新製品を購入した方が安価な場合も多いので、3年を過ぎた頃から純正インクではなく、互換インクを常用している。互換インクでも、過去に一度も不具合が起こったことはなく、安定して筆者の場合は使用できているので、今回も通販で互換インクのセットを購入した。

続きを読む "上海問屋 LC09-4PK 互換インク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日

OpenSim Version 0.7.0.1

 先月(7月23日)リリースされたばかりのOpneSimulator(OpneSim) Version 0.7であるが、早々にVersion 0.7.0.1が本日リリースされた。OpneSimでは、通常マイナー・バージョン・アップのリリースを公式には行わず、Post-Fixという形で正式リリースされたバージョンの修正版をソースコード・レベル(Gitによる管理)で行うのが通常なのだが、今回のVersion 0.7.0.1は異例のリリースということになる。

クリックで拡大表示  Opensim_0701_1

 詳細は、リリースノートを読んでもらえば判るが、致命的なバグの修正が行われた様だ。例によって、OpenSim Version 0.7.0.1は、OpenSimulatorのサイトのトップページから、実行パッケージとソースファイルのパッケージが共にダウンロード可能だ。筆者がローカル・モードで試している範囲では、Version 0.7でも特に問題なかったのだが、HyperGRIDモードなどで運用している場合には、速やかにVersion 0.7.0.1へアップデートを行った方が良いと思われる。

続きを読む "OpenSim Version 0.7.0.1"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月 4日

Zenithink ePAD/ZT-180

 Apple社から発売になった「iPad」、筆者も買う気満々だったのだが品不足やら、販売代理店がソフトバンク・モバイルになってしまったり、その上更に自社の通販以外は、殆どの国内通販を閉め出してしまう等、殿様商売を絵に描いたような商売に嫌気がさしてしまい、結局購入しないままとなっている筆者である。代わりと言っては語弊があるが、(またもやと言うべきか)中国製のiPadの模倣品(山寨機:Shanzhai)を購入してしまった。

Epad_zt180_1_2

 既に秋葉原市場などでは、5インチ液晶ディスプレイや7インチ液晶ディスプレイを搭載した山寨Padが販売されていたのだが、やはり本物のiPadと同等の10インチ液晶ディスプレイが搭載したモデルが欲しかったので、中国の山寨マーケットのサイトなどをウォッチしていたのだが、やっと10インチ液晶ディスプレイを搭載した山寨Padが販売されたので、これを購入した。今回、筆者が購入したのは、中国Zenithink社製の「ePAD」こと「ZT-180」だ。

続きを読む "Zenithink ePAD/ZT-180"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »