« Zenithink ePAD/ZT-180 | トップページ | 上海問屋 LC09-4PK 互換インク »

2010年8月10日

OpenSim Version 0.7.0.1

 先月(7月23日)リリースされたばかりのOpneSimulator(OpneSim) Version 0.7であるが、早々にVersion 0.7.0.1が本日リリースされた。OpneSimでは、通常マイナー・バージョン・アップのリリースを公式には行わず、Post-Fixという形で正式リリースされたバージョンの修正版をソースコード・レベル(Gitによる管理)で行うのが通常なのだが、今回のVersion 0.7.0.1は異例のリリースということになる。

クリックで拡大表示  Opensim_0701_1

 詳細は、リリースノートを読んでもらえば判るが、致命的なバグの修正が行われた様だ。例によって、OpenSim Version 0.7.0.1は、OpenSimulatorのサイトのトップページから、実行パッケージとソースファイルのパッケージが共にダウンロード可能だ。筆者がローカル・モードで試している範囲では、Version 0.7でも特に問題なかったのだが、HyperGRIDモードなどで運用している場合には、速やかにVersion 0.7.0.1へアップデートを行った方が良いと思われる。

クリックで拡大表示 Opensim_0701_2

 もちろん、先月のOpneSim Version 0.7でも説明している様に、OpenSimulator Version 0.7.0.1(OpenSim Version 0.7.0.1)のダウンロードは、OpenSimulatorのサイトのトップページ(http://opensimulator.org/wiki/Main_Page)からだけではなく、OpenSimulatorのダウンロード・ページ(http://opensimulator.org/wiki/Download)からもダウンロードが可能だ。Gitレポジトリによって、ソースコードからコンパイル&ビルドを行っている場合には、OpenSim Version 0.7のレポジトリを選択すれば、Version 0.7からVersion 0.7.0.1の修正を含んだ形でアップデートも可能である
 また、OSGridへの接続には、これも先月の記事で述べているように、データベースの互換性がOpenSim Version 0.6.XとOpenSim Version 0.7.xでは無いので、現時点では、OSGridのサーバはVersion 0.6.9で動作しているため、今回リリースされたOpenSim Version 0.7.0.1では接続できない。従ってOSGridへ接続する場合は、OSGridのダウンロードページからカスタマイズの済んだVersion 0.6.9をダウンロードして使用する必要があるので、注意が必要だ。
 もちろん、前回の記事でOSGridへ接続している(筆者以外の)日本人ユーザの運営しているOpenSimサーバの紹介を行ったが、レンタル・サーバを利用してOpenSimサーバを運営する場合には、OpneSimのバージョン以外にもOpenSimの稼働に必要となる、LinuxであればMonoのバージョンにも注意する必要があるし(共有型のレンタルサーバでは、Monoのインストールが不可能の場合もあるので、仮想マシンでも良いので独占型のレンタルサーバ環境が必要)、Windows Serverの場合には.Net Flameworkのバージョン(Version 3.5)などにも注意する必要がある。
 加えて、これも先月の記事のおさらい前回の記事でも記述した)になるのだが、何人かの読者の方より質問を頂いているので、改めて記述しておくが、OpenSimサーバ(Version 0.6.Xでも0.7.Xでも)をローカル・モードで立ち上げて、インターネット経由でOpenSimサーバのSim(Region)を友人に提供して、同時に自分も立ち上げたOpenSimサーバへLAN側からログインしたい場合は、必ずブロードバンド・ルータを「NATループバック」(ヘアピンNAT)対応のルータを使用する必要がある(これも以前の筆者の記事「Hiipo Viewerの日本語化」で解説している)。一般で広く使用されている家庭用ルータでは、このNATループバック機能が実装されておらず、インターネット側からはOpenSimサーバへアクセスできるが、LAN側からはアクセスできない現象が発生する。
 この場合は、使用しているブロードバンド・ルータをNATループバック機能をサポートしている「BBR-4MG」や「BBR-4HG」へ交換することで、問題が解決する。無論、OpenSimサーバの使用するポート(通常はデフォルトでUDPとTCPのポート9000)を解放すると同時に、OpenSimサーバのPCへポート・フォアードを設定する必要があるのは言うまでもない。また、「BBR-4MG」や「BBR-4HG」では、ダイナミックDNSのサービスを提供しているDynaDNSへの自動アクセス更新機能も実装されているので、グローバル固定IPアドレスをISPから割り振ってもらう事なくOpenSimサーバが使用できるのも便利だ。


バッファロー 有線BroadBandルータBroadStation エントリーモデル [BBR-4MG] 【価格:2,552円(税込:2,679円)送料別

 

 


【一律送料】バッファロー BBR-4HG [有線BBルータ ハイエンドセキュリティモデル] 【価格:4,647円(税込:4,880円)送料別

 

 

|

« Zenithink ePAD/ZT-180 | トップページ | 上海問屋 LC09-4PK 互換インク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/49266681

この記事へのトラックバック一覧です: OpenSim Version 0.7.0.1:

» OpenSim Version 0.7.0.2 [清水 隆夫の「Good Job !」]
 先週の記事で書いたのだが、今日は中秋の名月(満月ではなく、満月は明日)だ。夕方、東の空から明るい名月が昇りはじめ、それを暫く眺めていたのだが、やがて南の空から雲が多く流れてきて、夜半には雲の切れ間から名月が見えたり、消えたりしている状態だった。それにしても、彼岸というのに秋の風はとはほど遠い熱帯夜の中、中秋の名月も異常気象がこのまま進行すると、真夏に月見をする様になってしまうのではないかと思えるほどに今年の残暑は厳しい。  さて、先月の8月10日にレポートした、OpenSimulator(Open... [続きを読む]

受信: 2010年11月 6日 18:16

« Zenithink ePAD/ZT-180 | トップページ | 上海問屋 LC09-4PK 互換インク »