« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の4件の記事

2011年1月29日

CASIO EX-H20G GPSデータ・ロガー機能

 先週、筆者がレポートした台湾QSTARZ社製のGPSデータ・ロガーQSTARZ Sports Recorder BT-Q1300ST」の冒頭で掲載した、カシオ製GPS+電子コンパスを内蔵している「EXILIM Hi-ZOOM EX-H20G」で撮影した写真を掲載したところ、「EXILIM Hi-ZOOM EX-H20G」で記録されているGPSデータ・ログのレポートをして欲しいという読者のかたより要望があった。幸いにも当日のGPSデータ・ログをエクスポートしてあったのでレポートをすることにする。このEX-H20GによるGPSデータ・ロガー機能は、既にレポートしているが最新ファームウェアで実装された機能なので、発売と同時に購入された方は是非ファームウェアのバージョン・アップをしてから試してみて欲しい。

クリックで拡大ポップアップ表示 Exh20g_4_1

 上に掲載している写真は、筆者がレポートした台湾QSTARZ社製のGPSデータ・ロガーQSTARZ Sports Recorder BT-Q1300ST」の撮影を行った際に、筆者の車に搭載している「PND-A4320の表示地図と、カシオのEXILIM Hi-ZOOM EX-H20Gで表示した地図の表示を比べているところだ。ちなみに、この写真の撮影には筆者が昨年6月末に購入したGPSと電子コンパスを内蔵しているソニーCybershot DSC-HX5V」で撮影しているが、写真にはジオタグの緯度経度、高度と撮影方向は記録されていない。しかし、他の撮影情報等は全て記録されているので、詳しくはExifデータを参照して欲しい。

続きを読む "CASIO EX-H20G GPSデータ・ロガー機能"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日

QSTARZ BT-Q1300ST 5Hz 後編

 前回、台湾のQSTARZから筆者へ評価用としてEMSで送られてきた5Hz(1秒間に5回の測位)での測位が可能な「QSTARZ Sports Recorder BT-Q1300ST」のハードウェアのレポートを行ったが、今回は後編として実際に5Hzでの動作をレポートしよう。今回のテストでは同時に、筆者が愛用している1Hz(1秒間に1回)測位の旧BT-Q1300を比較の為に動作させた。両機とも搭載しているGPSエンジンは、台湾MTK製の第二世代GPSコア・チップなので、感度は「-165dBm」、チャンネル数は66チャンネルで、5Hz対応のファームウェア以外は、同一の性能と考えて良い。

クリックで拡大ポップアップ表示 Btq1300st_1

 5Hz測位のテストを行うには、それなりの高速な移動を行わねばならないので、徒歩でのテストではなく車に乗せてのテストを行った。両機の測位条件が同じになるように、車のダッシュボード上へ置いた状態とした。また、QSTARZ BT-Q1300ST等のGPSデータ・ロガーに限らず、GPS受信機やアンテナをダッシュボードへ設置する場合には、ドライバーシート側の方が、GPS衛星からの電波を受信し易く、また誤差も少なくなる。これは、道路脇の建物の影響が少なくなるためだ。ちなみに、上に掲載した写真は、カシオ「EXILIM Hi-ZOOM EX-H20G」(詳しいレポートは記事を参照)にて撮影しているので、Exifにジオタグと撮影方向が記録されているから、興味の有る方はExifを表示してみて欲しい。

続きを読む "QSTARZ BT-Q1300ST 5Hz 後編"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2011年1月11日

QSTARZ BT-Q1300ST 5Hz 前編

 筆者宅へ台湾よりEMSで荷物が届いた。と言っても、既に「初荷」の記事を今年に入ってから書いてしまって恐縮なのだが、実はこのEMSで台湾から届いた荷物は、昨年の12月に届いていたので後先が逆になってしまうのだが、いわゆる「末荷」だ。発送先は、台湾のQSTARZからで、中身はGPS製品であるのは言うまでもない。しかし、全くの新製品という訳ではなく、一昨年に筆者が紹介したBT-Q1300Sなのだが、当時筆者がレポートした製品は、無印のBT-Q1300へBT-Q1300Sのファームウェアを組み合わせた製品だった

Btq1300s_1

 このカスタム版のBT-Q1300は、全くBT-Q1300Sと同等だったのだが、その後に改良版の「QSTARZ Sports Recorder BT-Q1300ST」とアップグレードされたので、新しくなったBT-Q1300STを使ってみて欲しいと、台湾QSTARZが筆者へ送ってくれた評価用の製品だ。この新型QSTARZ Sports Recorder BT-Q1300STは、筆者が愛用している旧型のBT-Q1300Sとの最大の違いは、旧型がBT-Q1300Sが測位の間隔が1秒間に1回の1Hzであったのに対して、新型のQSTARZ Sports Recorder BT-Q1300STでは、設定により1秒間に5回の測位が行われる5Hzへとアップグレードされている点にある。

続きを読む "QSTARZ BT-Q1300ST 5Hz 前編"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2011年1月 8日

初荷

 松の内もあけ正月の門松も無くなった小正月の週末だが、まだ正月気分が抜けない筆者だ。とは言え、今年の正月は喪中ということもあり、例年ならば年賀状もそこそこの枚数を頂くのだが、当然ながら限りなくゼロに近い年賀状の枚数なので、既に寒中見舞いの葉書を書き終えている。しかし、今年の正月は喪中以上に暗い正月を過ごしてしまった。昨年末の30日に、筆者宅のキッチンの据え付け蛍光灯が切れてしまった。しかも、40W二灯式の40W蛍光管が、二本とも点灯しなくなってしまったのだ。

Inverter_1

 キッチンの40W蛍光管は、完全に点灯しなくなった訳ではなく、薄暗く点灯したり放電が不完全な状態だった。取り敢えず新しい40Wの蛍光管を二本、購入してきて取り替えたところ、点灯に少々時間を要する(一息くらいだが)が、二本とも点灯する様になった。ところが、年が明けて二日の昼には再び点灯しなくなってしまった。これは、蛍光管そのものが原因ではなく、照明器具側の故障であるのは疑う余地がない。そこで、照明器具を分解してみると、グロー管の点灯方式ではなく、インバータ式(電子安定器)であることが判明した。こうなると、インバータを修理するか交換するしか直す手段は無い。

続きを読む "初荷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »