« OpenSimulator Ver.0.7.1.1 | トップページ | Dropad A8 (4) GPS編 »

2011年6月16日

Dropad A8 (3)

 先月、筆者が(懲りずに)購入したAndroid搭載の7インチ液晶ディスプレイの中華PADDropad A8」は、その後も快調に動作しており、大活躍している。重さ以外は、大満足の性能で、電池の持ちも中々で外出時のビデオ鑑賞やMP3プレーヤとしても十分な稼働時間を持っている。ビデオ映像の再生も、DVD画質(720 x 480)であれば全くコマ落ちすることなく再生可能だし、フルHD(1920 x 1080)のビデオ画像も転送ビットレートが低ければ問題なく再生できる。もっとも、7インチ800ドット x 480ドットの解像度なので、DVDビデオの再生がベストマッチだ。もちろん、YouTubeの動画再生も、Adobe Flash 10.3が標準でサポートされているAndroid Marketよりインストール可能なので、問題なく再生可能だ。

クリックで拡大表示 Dropad_a8_bt_1

Dropad_a8_bt_2

 そんな、筆者お気に入りの中華PAD「Dropad A8」だが、内蔵のインターフェースは無線LAN(Wi-Fi)のみなのだが、USB HOST機能を持っているので、ここへ色々な機器が接続可能となっているので、色々と遊べる。標準でサポートされている機器は、HIDのキーボードやマウスだが、USBフラッシュ・メモリやUSB接続のHDDなども使用可能だ。USB HDDの場合には、電源を外部から供給する必要があるが、問題なく認識できている。この他、USB BluetoothドングルやUSB接続のGPSもサポートしている様なので、手持ちのUSB Bluetoothドングルを何種類か接続してみると、中華タブレットの「Dropad A8」にてBluetoothが使用可能になった。

Dropad_a8_bt_3

 筆者の購入したAndroid中華タブレット「Dropad A8」には、電源管理用のウィジェットで、無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth、GPS、同期、バックライトの制御が可能なボタンが装備されており、これらのオン・オフを行うことが可能になっていた。最も、内蔵している無線LAN(Wi-Fi)と、同期、バックライト以外のBluetoothとGPSは、USB接続なので、USBポートへ接続しなければ意味が無く、恐らく「Dropad A8」のバリエーション・モデルでは、これらが内蔵されているモデルが存在しているものと推測できる。
 とは言え、BluetoothとGPS(及び3Gデータ通信用のUSBドングル)のサポートドライバはファームウェア側に装備されている様で、それらの設定アプリケーションも標準で収録されていた。

クリックで拡大表示 Dropad_a8_bt_4

 Android中華タブレット「Dropad A8」へ手持ちのBluetoothドングルを接続してみたところ、5種類の内3種類のUSB Bluetoothアダプタが使用可能だった。Bluetoothのバージョンは、2.0や2.1、3.0だったが、気に雨滴な差は特に無かった。「Dropad A8」のBluetoothがサポートしているプロファイルは、筆者が試してみたところ一番活躍してくれそうなA2DPがサポートされていたので、愛用のBluetoothヘッドフォンとペアリングを行ってみたところ、問題なくBluetoothヘッドフォンが使用できた。若干無音時のノイズが多い感じだが、再生時のノイズや音楽のとぎれも無く、快適に使用可能だった。
 尚、筆者の手持ちのUSB接続Bluetoothアダプタで、「Dropad A8」で認識できたアダプタは下記の3種類だった。(それぞれのリンクは、本ブログ記事の筆者のレビュー)

 Princeton PTM-UBT2

Logitec LBT-UA200C1 (DiALiVE)

上海問屋 DN-BT03D

Dropad_a8_bt_5

 次に筆者の手持ちのBluetooth GPSと中華タブレット「Dropad A8」のペアリングをテストしてみたが、こちらも問題なく愛用のQSTARZ「BT-Q1300S」が認識されてペアリングが出来た。つまり、SPPプロファイルも「Dropad A8」のBluetoothがサポートしているわけだ。最も、BluetoothのSPPを、アプリ側で認識できるかは別問題で、「Dropad A8」に収録されているGPS設定を、いろいろと試してみたのだが、SPPによるGPSのデータをアプリへ渡す設定を見つけることが出来なかった。
 「Dropad A8」のGPS設定アプリは、USB HOST接続によるTTYデバイスだけなので、別途BluetoothのSPPによるデバイスを、AndroidのGPSデバイスとして認識させる必要があるので、簡単な設定アプリを書いてやる必要がありそうな感じだ。次は、手持ちのUSB接続のGPS受信機を、中華タブレット「Dropad A8」のUSBホスト機能で認識できるかどうかをチェックしてみるつもりだが、出来ればケーブルレスのBluetooth GPSを使用したいので、設定方法も試行錯誤してみたいと思っている。
 もっとも、GPSやBluetoothを常時使用したいということであれば、中華タブレット「Dropad A8」の派生モデルも、同じ様な価格(2万円前後)で購入できる程度に価格が下がってきているので、そちらを購入してしまった方が面倒もなく便利かも知れないが。

<<以下、Dropad A8 (4) GPS編へ続く>>

299円のBluetooth USB Dongleが使用可能!

<<「Bluetooth USB Dongle」のレポート>>

 

|

« OpenSimulator Ver.0.7.1.1 | トップページ | Dropad A8 (4) GPS編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23959/51959959

この記事へのトラックバック一覧です: Dropad A8 (3):

» Dropad A8 (4) GPS編 [清水 隆夫の「Good Job !」]
 前回のレポートで紹介したように、筆者の購入した中華タブレットの「Dropad A8」でも、USB接続によってBluetoothが使用可能になった。しかし、ペアリングが可能にも関わらず、Bluetooth GPSによるGPSデバイスのサポートが、Android 2.2では行われておらずGPSの使用は出来なかった。これは、どうやら中華タブレットだからというよりは、OSのAndroid 2.2の仕様のようで、Android Marketを探してみると、この問題を解決してBluetooth GPSの使用を... [続きを読む]

受信: 2011年7月11日 20:41

» Bluetooth USB Dongle (2) [清水 隆夫の「Good Job !」]
 昨日、筆者が追加で購入したブラック・カラーの「Ultra Bright USB LED Light」のメール便の配送に、同梱でついでに購入した「Bluetooth 2.0対応USBアダプタ/USB Dongle」を、筆者の愛用している中華パッド「Dropad A8i/Haipad M7」で試してみた。以前にレポートした筆者が所有しているBluetooth USBアダプタ群と違い、今回購入した「Bluetooth 2.0対応USBアダプタ/USB Dongle」には、動作を確認可能ななLEDが装備さ... [続きを読む]

受信: 2011年12月28日 00:07

« OpenSimulator Ver.0.7.1.1 | トップページ | Dropad A8 (4) GPS編 »