« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の3件の記事

2011年8月28日

Cool VL Viewer

 Second LifeのMesh対応ビューアが、これまでのβ版から正式版のVersion 3.0となり、Mesh Object表示機能が標準実装された。そして、それを追うかのようにサードパーティ製のビューアにもMesh Object表示に対応したビューアが、ついに登場したので紹介しておこう。このビューアは、以前に少しだけ紹介したCool VL Viewer」で、ベースとなっているのはSecond LifeビューアのVersion 1系(Snowglobe Version 1.4.2)だ。Cool VL Viewerは、このSnowglobe Ver.1.4.2を予めインストールしておき、それにCool VL Viewerのパッチを上書きインストールすることによって、はじめて使用可能となる。

クリックで拡大表示 Cool_vl_1

 Cool VLビューアには、メッシュ・オブジェクト表示に非対応のバージョン(Ver.1.26.0.X)と、メッシュ・オブジェクトの表示に対応したブランチ・バージョン(Ver.1.26.1.X)が今回からリリースされたので、メッシュ表示に対応させるには、このブランチ・バージョンをインストールする必要がある。対応OSは、LinuxとWindowsのそれぞれに対応している。筆者が試した限りではLinux版もUbuntu 64bit版の11.4で、動作が可能だった。今回のレポートではWindows XPで動作させたスクリーン・ショットを掲載している。
 Cool VL Viewerに限らず、サードパーティ製のSLビューアは、殆どがグリッド・マネージャを装備しているので、ログインするGRIDをSecondLifeからOSgridへ(もちろん他のGRIDへも)切り換えることで、SLだけで無くOpenSImで運用されているGRIDへのログインも可能になっているので、SL純正のV3ビューアを使用する際の起動パラメータを編集してログインする必要が無いので大変に便利だ。

続きを読む "Cool VL Viewer"

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2011年8月18日

Dropad A8 (5) マウス編

 愛用の中華タブレット「Dropad A8」は、快調に毎日動いている。しかも、中華パッドにありがちな不安定な挙動も殆どなく、既にAndoroid 2.3のファームウェアが公開されているのだが、Andoroid 2.2のまま使用している。下手にAndroid 2.3にアップデートをして、不安定になってしまうのを避けているのだが、「Dropad A8」の場合にはAndroid 2.2と2.3の違いが、機能的に殆ど無いという点もファームウェアを恒久的にAndroid 2.3へ行わない理由だ。もちろん、テストケースではAndroid 2.3へ上げてみたりはしているが、未だに2.2の方が安定しているので、元へ戻して使用している。

Dropad_a8_6_1

 そんな筆者お気に入りの「Dropad A8」であるが、USB接続によるケース兼用のキーボードが付属してきているので、最近はノートPCの代替えとしても活躍している。中華タブレットに限らず、タブレット端末で大量の文字入力を行うのは、非効率的だ。スクリーン(仮想)キーボードが、液晶表示アリアの半分を占有してしまうのが、最大の難点なのだが、外付けキーボードを接続可能であれば、殆どノートPCと同じに文字入力が可能だ。しかし、文章の編集作業となると、液晶パネルをタッチしなければならなくなるので、これもマウスが使えれば回避できる。そこで、「Dropad A8」へUSB接続マウスを繋いでみた。

続きを読む "Dropad A8 (5) マウス編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日

CASIO EX-H20G ファームウェア Ver.1.03

 6月の何時だったかに、愛用のGPS受信機と電子コンパスを内蔵して、撮影場所の緯度経度に加えて撮影方向も撮影画像のExif情報へ記録可能なCASIOのGPSデジタルカメラ「EXILIM Hi-ZOOM EX-H20G」のファームウェアが、従来のVersion 1.02からVersion 1.03へアップデートされていた。しかし、ファームウェアの改良ポイントがMac OS 9との問題点を改良したという内容だったので、筆者は取り敢えずファームウェアのみをカシオのサイトよりダウンロードしておいただけで、そのままファームウェアの更新を忘れてしまっていた。

Exh20g_fw103_1

 久々にカシオのサイトを訪れてみたが、ファームウェアはVersion 1.03のままだったが、愛用のカシオ「EXILIM Hi-ZOOM EX-H20G」は、未だにVersion 1.02のままだったことを思い出し、ファームウェアが公開されてから1ヶ月以上経過しているのだが、今更ながら「EXILIM Hi-ZOOM EX-H20G」のファームウェアを更新した。ファームウェアの更新は、過去の記事でも書いているが、カシオのサイトよりダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、バイナリのファイルをSDカードのカレントへコピーしてから、「MENU」ボタンを押しながら電源スイッチをいれるだけだ。

続きを読む "CASIO EX-H20G ファームウェア Ver.1.03"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »