« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の7件の記事

2011年12月30日

原道 N50GT

 一昨日、筆者宅にクロネコの宅急便が届いた。今年の自分用に自分で購入した、自分へのクリスマス・プレゼントだ。中身はと言うと、懲りずに三枚目の中華パッドを購入したのだが、今回は一枚目の購入後僅か三日で壊れた「Zenithink ePAD/ZT-180とは違い、二枚目の絶好調で毎日使用中である「Dorpad A8i / Haipad M7に加えて、液晶ディスプレイのサイズが異なる5インチの中華タブレットを購入した。5インチの液晶ディスプレイというサイズは、スマートフォンのディスプレイが大型化(4インチ以上)している昨今、スマートフォンとタブレット・デバイスの境界線上のディスプレイだと思う。

N50gt_1

 今回、筆者が購入した5インチ・ディスプレイの中華パッドは、「原道 N50 Android 2.3」だ。「原道」を筆者は「ゲンドウ」と読んでいたのだが、これは「Window」(ウィンドウ)と中国語では発音するそうだ。日本語読みだと「ハラミチ」と読んでしまいたくもなるブランド名だが、(R)マークも付いているので、中国では登録商標の様だ。クロネコ宅急便の「Business Letter」のボール紙袋を開けると、中からはエアキャップで包まれた小さな5インチ中華タブレット「原道 N50」本体のパッケージと、専用のAC電源充電アダプタが納められた箱が出てきた。

続きを読む "原道 N50GT"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月22日

Bluetooth USB Dongle (2)

 昨日、筆者が追加で購入したブラック・カラーの「Ultra Bright USB LED Light」のメール便の配送に、同梱でついでに購入した「Bluetooth 2.0対応USBアダプタ/USB Dongle」を、筆者の愛用している中華パッド「Dropad A8i/Haipad M7で試してみた。以前にレポートした筆者が所有しているBluetooth USBアダプタ群と違い、今回購入した「Bluetooth 2.0対応USBアダプタ/USB Dongle」には、動作を確認可能ななLEDが装備されていないので、「Bluetooth 2.0対応USBアダプタ/USB Dongle」を見ただけでは動作しているかどうかが全く不明だ。

Bluetooth_usb_dongle_2_1

 なにせ、299円の「Bluetooth 2.0対応USBアダプタ/USB Dongle」なので、LEDが無いと言うのも致し方ない仕様だし、USBのキャップ代わりに使用していないPCのバック・パネルのUSBポートへ刺しておくのであれば、LEDによるパイロット・ランプも不要というわけだ。実際には、筆者の中華パッド「Dropad A8i/Haipad M7のminiUSB/USB変換ケーブルのUSB側へ「Bluetooth 2.0対応USBアダプタ/USB Dongle」を装着すると、中華タブレット「Dropad A8i/Haipad M7の画面上の上部に表示されるステータス・バーのBluetoothアイコンによって、「Bluetooth 2.0対応USBアダプタ/USB Dongle」が認識されて動作しているかが判断できる。

続きを読む "Bluetooth USB Dongle (2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日

Bluetooth USB Dongle

 先週、筆者が通販で購入したUltra Bright USB LED Light」を、追加で色違いのブラック・モデルを購入した。その「Ultra Bright USB LED Light」黒色モデルが、今日メール便で届いたのだが、色違いなだけなので詳細は先週の記事「USB LED Light」を参照していただくとし、今回追加で購入したブラック・カラーの「Ultra Bright USB LED Light」は、使用されているLEDの発光色が、先週購入したシルバー・モデルよりも青みがかっておらず、自然な白色だった。見やすさの点では、今回のモデルの方が見やすい感じなのだが、輝度的には前回レポートしたUltra Bright USB LED Light」の方が明るい感じだ。

Bluetooth_usb_dongle_1

 さて、前回のメール便同梱で購入したのは「超軽量カードリーダー1円玉サイズ」だったが、今回は「Bluetooth 2.0対応USBアダプタ/USB Dongle」を同梱で購入してみたので紹介しておこう。BluetoothのUSBアダプタも、初期の頃のUSBメモリサイズ型の大型モデルから、現在ではUSBキャップほどの超小型モデルが主流となっている。今回、筆者が同時に購入した「Bluetooth 2.0対応USBアダプタ/USB Dongle」も、USBキャップ・サイズの超小型Bluetoothアダプタだ。超小型である事も特徴なのだが、最大の特徴はWindows XP SP3以降でサポートされた、Windows標準装備のBluetoothドライバ・スタックで動作する点だ。

続きを読む "Bluetooth USB Dongle"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月12日

USB LED Light

 今日も筆者宅にクロネコのメール便が届いた。今回、筆者が購入したのは安価なノーブランド品の「USB LED ライト」だ。USBポートの5V電源を用いたアクセサリは、LEDライトの他にも多数のアクセサリが販売されているが、実用的なアクセサリの代表選手とも言えるのが、LEDライトだと筆者は思う。特に、最近は白色LEDの輝度が上がり、しかも価格が大きく低下しているので、安価でも実用的なLEDライトが多くなってきているのは、喜ばしいことだ。以前のLEDライトは、輝度が低かったり効率の低いLEDを用いていたので、消費電力が大きい割には暗かったりした。

Usb_led_light_1

 特に、移動時にノートPCへ接続してキーボードを照らしたりするのに便利な、自在に折り曲げられる蛇腹アームが付いたLEDライトは、出張時の夜間フライト時には、大変に重宝する。また、就寝時に読書灯の完備していない安価なビジネスホテルなどでは、モバイル・バッテリを用いて読書灯にLEDライトを流用したりもできるので、筆者の出張時には欠かせないアイテムとなっているのが、この「USB LED Light」なのである。今回は、今まで使用していたLEDライトが壊れてしまったので、新たに安価なノーブランド品を購入してみて、性能的に問題が無ければ、今後はノーブランド品をメインで使おうと試しに購入してみた。

続きを読む "USB LED Light"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月11日

SHIPS OF THE LINE 2012

 今年も既に師走となり、壁に飾ってあるカレンダーは12月(December)と最後のページとなり、あと僅かで2011年も終わってしまう。筆者宅の居間には、毎年購入しているStar Trekに登場する宇宙船をモチーフとした「SHIPS OF THE LINE」カレンダーが飾ってあるのだが、今年は購入するのが遅くなってしまい、やっとAmazonで購入した来年の「SHIPS OF THE LINE 2012」が、本日Amazonから宅配便で届いた。昨年購入した「SHIPS OF THE LINE 2011」のカレンダーは、2010年9月15日だったのだが、今年は12月とカレンダーを購入するには旬の季節と言える。

Ships_of_the_line_2012_1jpg

 Amazonの大型ダンボール箱で配送されてきた「SHIPS OF THE LINE 2012」は、大きさの割には中身はカレンダーだけなので軽い。恐らく、カレンダーが輸送中に折れたりしないために、わざわざ大型のダンボール箱で配送しているのだと思われるが、送料無料のAmazonならではの贅沢なパッケージだ。国内のカレンダーだと、筒状に丸めて筒型のダンボールに入れて配送する通販ショップもあるが、「SHIPS OF THE LINE 2012」の場合は、昔のLPレコードのジャケットサイズなので、丸めることも出来ないため、このダンボール箱での配送となるのだろう。

続きを読む "SHIPS OF THE LINE 2012"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 2日

HDMI/DVI-D変換コネクタ (2)

 昨日、筆者が購入してレポートした「HDMI/DVI変換コネクタを、筆者の使用しているPC用モニター「Acer X223Wへ(KVM切り換え機「RATOC REX-430XDAを経由して)装着し、筆者の常用しているmini HDMI出力コネクタを装備したカシオのGPS受信機と電子コンパスを内蔵しているコンパクト・デジタル・カメラ「EXILIM Hi-ZOOM EX-H20Gを接続してみた。購入した「HDMI-mini HDMI変換ケーブル1.5m」のmini HDMIコネクタ(オス)側をCASIO「EXILIM Hi-ZOOM EX-H20Gへ接続し、「HDMI-mini HDMI変換ケーブル1.5m」の標準HDMIコネクタ(オス)を、「HDMIメス-DVI-D(24+1)メス変換アダプタ」を介して、KVM切り換え機「RATOC REX-430XDAを経由してPC用モニター「Acer X223Wへ接続。

Hdmi_dvi_5

 CASIO「EXILIM Hi-ZOOM EX-H20Gの設定は、メニューの「HDMI出力」を「オート」に設定しておけば、自動でモニターとのネゴシエーションを行い、適切な解像度の出力を行ってくれる(ハズだ)。あるいは、接続モニター側の最大解像度などが判明している場合には、マニュアル設定で出力することも可能で、その場合には「1080i」、「480p」、「576p」の三種類の出力が選べる。筆者の使用しているPC用モニター「Acer X223Wは、最大解像度が、1680ドット x 1050ドットなので、480pか576pを選ぶことになるが、地デジのフルHD対応TVであれば、1080iでの出力も可能となる。

続きを読む "HDMI/DVI-D変換コネクタ (2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日

HDMI/DVI-D変換コネクタ

 昨日、注文していたパーツのメール便が、筆者宅の集合郵便受けへ投函されていた。今回のメール便は、やや大型の封筒に収められていたが、壊れ物のパーツでは無いので、梱包も簡易なので、薄くて軽い。細かなパーツ類は、歩いて10分もかからずに行けるPC DEPOTが近所にあるので、そこへ行けば通販と同様の価格で購入可能なのだが、特殊なパーツやPC部品となると常備していない場合が多く、取り寄せとなってしまう。であれば、通販で購入してメール便で配送してもらった方が安価で早く入手可能となるわけだ。

Hdmi_dvi_1

 今回、筆者が通販で購入したパーツは、「HDMIメス-DVI-D(24+1)メス変換アダプタ」だ。一般的には、DVIメスとHDMIオスやHDMIメスとDVIオスの変換コネクタが普通なのだが、筆者の場合にはDVI/USB/PS2切り換えスイッチをディスプレイに使用しているので、今回購入した様な「HDMIメス-DVI-D(24+1)メス変換アダプタ」でないと、切り換スイッチに接続できないのだ。また、メール便に同梱可能だったので、ついでに「HDMI-mini HDMI変換ケーブル1.5m」も購入した。HDMIコネクタにも、標準に加えてminiとmicroがあり、小型機器にはminiやmicro型のHDMIコネクタが採用されているのは、ご存じのとおりだ。

続きを読む "HDMI/DVI-D変換コネクタ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »