カテゴリー「Broad Band」の117件の記事

2013年1月 1日

Happy New Year 2013

2013blog

続きを読む "Happy New Year 2013 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日

FRONTIER FT701W [2]

 先日筆者が購入した7インチ液晶ディスプレイのAndroidタブレットFRONTIER製「FT701W」のレビューの続きをお届けする。「FT701W」の充電時間は、5200mAと大型のリチウムイオン充電池を搭載しているので、充電に要する時間も4時間以上かかる。充電中に「FT701W」を起動してみたのが、下へ掲載している写真だ。特にカスタマイズされた様子も無い、Android 2.3のロック待ち受け画面で、設定されている壁紙の上部が黒帯となっている以外は、目新しい画面ではない。しかし、この待ち受けロック画面は、ランドスケープ表示(横表示)に固定されており、ポートレート表示(縦表示)への回転はされない。

クリックで拡大表示 Ft701w_21

 Android 2.3は、元々がスマートフォン用のOSなので、タブレットへの使用はメーカ判断と独自カスタマイズが基本なので、「FT701W」の場合には横表示が標準で固定されている様だ。これは、操作用のタッチ・センサーボタンが、横表示ディスプレイの下へ配置されている事(同じく、フェイス・カメラも横表示ディスプレイの上側に配置され、その隣にはマイクロフォンも装備されている)からも、ランドスケープ表示(横表示)で使用することが、操作の前提となっている仕様だ。しかし、アプリによっては縦表示のポートレートが前提(特にスマートフォン用)のアプリも多いので、その場合には縦表示へと切り替わる。

続きを読む "FRONTIER FT701W [2]"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年4月24日

FRONTIER FT701W

 一年前に筆者が購入した中華パッドの「Dropad A8iは、故障もせずに毎日稼働している。しかしながら、これは予想していた事なのだが、やはり中国製の怪しいリチウムイオン電池が劣化してきており、最近では稼働時間が購入当時と比べると、半分程度まで短くなってしまった。中華タブレットに限らず、タブレット端末は電池の交換が簡単にできず、しかも中華パッドとなると、専用のリチウムイオン充電パックの入手が非常に困難だ。筆者が昨年末に購入した5インチの中華パッド原道 N50GT」は、やはり画面が小さくてメインでノートPCの代用とするには、少し辛い。

Ft701w_1

 と言うことで、7インチのAndroidタブレットを新たに購入した。今回、筆者が購入したAndroidタブレットは、(中国製ではあるが)中華パッドではなく国内メーカの製品で、FRONTIER製の7インチ液晶タブレット「FT701W」だ。国内メーカ品ではあるが、価格は中華パッドと同等でありながら、内蔵センサー類はジャイロや加速度センサーに加えて、Bluetooth、GPS、電子コンパス、300万画素の背面カメラ、周光センサー、そして無線LANはIEEE 802.11a/b/g/nに対応している上、NFCセンサーまでも内蔵しているという、非常にコストパフォーマンスに優れている7インチAndroidタブレットだ。

続きを読む "FRONTIER FT701W"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月11日

USB 2.0 Ethernet Adapter

 昨日、メール便で四日ほど前に注文していた商品が筆者宅へ届いた。宅配便を指定すれば、注文の翌日には配達されるのだが、別に急ぐ品物でもないしメール便の方が送料が格段に安価だから、商品の価格と宅配便の価格が同じ程度の通販商品の場合には、メール便を指定する事が多い。今回、筆者が注文した商品も、通販価格で千円に満たない商品だったので、メール便の代金と合計しても丁度千円程度の安価な商品で、しかも下に掲載した写真でも判るとおり、非常に小型(しかも軽量)な商品だ。

Usbethernet_1

 メール便の場合は、ポストに投函されるとWebでの追跡で「投函済み」とステータスが変わるのだが(ヤマト運輸の場合)、この「投函済み」のステータスは、投函と同時に変化するのではなく、どうも配達のドラーバーが配送センターへ戻ってから一括でステータス変更を行っている様だ。実際に、今回の投函ステータスにWebページの追跡状況が変化したのは、午後4時過ぎだったのだが、実際に投函されたのは午前11時前後だった様だ。このステータスの変化が、リアルタイムに限りなく近くなってくれれば、メール便も更に便利になるのだが、送料代金から考えれば致し方ないところか。

続きを読む "USB 2.0 Ethernet Adapter"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日

Singularity VIEWER

 8月の末に、筆者が本ブログでレビューを紹介した「Cool VL Viewerは、Linden Lab社製のオリジナルSecond LifeビューアVersion 1系のSnowglobe Version 1.4.2をベースにして、独自に拡張を施して最新機能であるMesh Object表示に対応したり、「影」(と光)の表示に対応させたオープンソースのサードパーティ製ビューアだ。今回筆者が紹介するSecond Life(SL)及びOpenSim用ビューアの「Singularity VIEWER」も、Cool VL Viewerと同様の機能を持ったSecond LifeビューアVersion 1系のSnowglobe Version 1.4.2をベースに、独自拡張を施しているオープンソースのサードパーティ製SL/OpenSim用ビューアである。

クリックで拡大表示 Singulanty_viewer_1

 「Singularity VIEWER」は、Cool VL Viewer(初期版)の様に、予めSL用のSnowglobe Version 1.4.2をインストールしておくことなく、単独でインストールするだけで動作を行う事が可能となっているので、Singularity VIEWERを同サイトよりダウンロードし、PC(Windows版とLinux版がある)へインストールするだけで起動が可能となっている。上に掲載したスクリーン・ショットは、評価中のWindows 8(仮)こと、「Windows Developer Previewへインストールして起動させたSingularity VIEWER Version1.6.0 (3)だ。Windows 8(仮)64bit版で動作するので、Windows 7/Vista(64bit版を含む)はもちろんのこと、Windows XP(64bit版も可)でも問題なく動作するのは言うまでもない。

続きを読む "Singularity VIEWER"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月27日

Dropad A8 (6) Android Ver.2.3編

 筆者が愛用中の中華パッド「Dropad A8i」(別名Haipad M7は、突然停止したりという様な不安定な動作も無く毎日動作している。しかし、このところAndroid MarketでGoogle Maps Mobileのバージョンアップ版(Version 5.8.0まではOKだった)が見えなくなったり、他のアプリでも見えなくなったりしたアプリが多くなった。加えて、最新版のFlash Player 10.3アプリがインストールしてあるにも関わらず、動作しなくなったりしており、快適な動作とは言えなくなってきてしまった。どうやらAndroid 2.2を使用し続ける限界なのかもしれないということで、Dropad A8i/Haipad M7のファームウェアを、GingerbreadことAndroid 2.3へアップデートすることにした。

クリックで拡大表示 Dropad_a8_2_3_1

クリックで拡大表示 Dropad_a8_2_3_2

 Dropad A8i/Haipad M7Android 2.3最新ファームウェアは、HaipadM7のメーカ・サイトから9月9日版をダウンロードした。中国のダウンロード・サイトは回線が細いのか劇的に遅かったが、なんとかダウンロードを完了した。ダウンロードした圧縮ファイル(rar形式)を解凍し、解凍したフォルダーの中のファイルを全てmicroSDメモリ・カードへコピーするのだが、筆者は1GBのmicroSDメモリ・カードをFAT(FAT16)でフォーマットしたものを使用した。このmicroSDメモリ・カードをDropad A8i/Haipad M7へ装着して、「MENU」ボタンを押しながら「電源」ボタンを長押しすれば、ファームウェアのアップデートが開始され、書き替えが終了すると自動で再起度され、無事にOSがAndroid 2.3になり起動した。

続きを読む "Dropad A8 (6) Android Ver.2.3編"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年8月18日

Dropad A8 (5) マウス編

 愛用の中華タブレット「Dropad A8」は、快調に毎日動いている。しかも、中華パッドにありがちな不安定な挙動も殆どなく、既にAndoroid 2.3のファームウェアが公開されているのだが、Andoroid 2.2のまま使用している。下手にAndroid 2.3にアップデートをして、不安定になってしまうのを避けているのだが、「Dropad A8」の場合にはAndroid 2.2と2.3の違いが、機能的に殆ど無いという点もファームウェアを恒久的にAndroid 2.3へ行わない理由だ。もちろん、テストケースではAndroid 2.3へ上げてみたりはしているが、未だに2.2の方が安定しているので、元へ戻して使用している。

Dropad_a8_6_1

 そんな筆者お気に入りの「Dropad A8」であるが、USB接続によるケース兼用のキーボードが付属してきているので、最近はノートPCの代替えとしても活躍している。中華タブレットに限らず、タブレット端末で大量の文字入力を行うのは、非効率的だ。スクリーン(仮想)キーボードが、液晶表示アリアの半分を占有してしまうのが、最大の難点なのだが、外付けキーボードを接続可能であれば、殆どノートPCと同じに文字入力が可能だ。しかし、文章の編集作業となると、液晶パネルをタッチしなければならなくなるので、これもマウスが使えれば回避できる。そこで、「Dropad A8」へUSB接続マウスを繋いでみた。

続きを読む "Dropad A8 (5) マウス編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日

ZOTAC G43-ITX

 先日、筆者の常用している作業用のPCが壊れた。何時も通りにブラウザ(Firefox 5とGoogle Chrome)を開いていたのだが、突然に画面が消えてしまった。空冷ファンの音だけはしていたので、Windowsのフリーズかと思って再起動を試みたのだが、BIOSの起動画面は表示されずに電源LEDも点灯しない。しかし、空冷ファンだけは回転しているので、どうやらハード的なマザーボードの故障か電源ユニットの故障と推測した。取り敢えず、AC100Vの電源を抜いて暫く放置した後、再度起動を試みたが症状は変化無しで、PCは起動しなかった。

G43itx_1

 取り敢えず、故障箇所を特定すべくケースを開けて予備のATX電源をマザーボードへ接続し、HDDへの電源ケーブルも差し替えてテストしてみた。やはり症状は変化せず、WindowsはおろかBIOSの起動もできない状態だったので、マザーボードが(最悪は、CPUやメモリ・モジュールも)故障したのは間違い無いと判断。この故障したPCに使用していたマザーボードは、以前に筆者が紹介した台湾Shuttle社製のベアボーンPCキットのマザーボード「KPC K45」だ。仕方なくマザーボードの交換を行うことにし、使用しているCPU(Socket LGA775)とメモリ(DDR2 2GB x2)が流用可能なMini-ITXマザーボード、香港ZOTAC製「G43-ITX (G43ITX-A-E)」を購入した。

続きを読む "ZOTAC G43-ITX"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月16日

Dropad A8 (3)

 先月、筆者が(懲りずに)購入したAndroid搭載の7インチ液晶ディスプレイの中華PADDropad A8」は、その後も快調に動作しており、大活躍している。重さ以外は、大満足の性能で、電池の持ちも中々で外出時のビデオ鑑賞やMP3プレーヤとしても十分な稼働時間を持っている。ビデオ映像の再生も、DVD画質(720 x 480)であれば全くコマ落ちすることなく再生可能だし、フルHD(1920 x 1080)のビデオ画像も転送ビットレートが低ければ問題なく再生できる。もっとも、7インチ800ドット x 480ドットの解像度なので、DVDビデオの再生がベストマッチだ。もちろん、YouTubeの動画再生も、Adobe Flash 10.3が標準でサポートされているAndroid Marketよりインストール可能なので、問題なく再生可能だ。

クリックで拡大表示 Dropad_a8_bt_1

Dropad_a8_bt_2

 そんな、筆者お気に入りの中華PAD「Dropad A8」だが、内蔵のインターフェースは無線LAN(Wi-Fi)のみなのだが、USB HOST機能を持っているので、ここへ色々な機器が接続可能となっているので、色々と遊べる。標準でサポートされている機器は、HIDのキーボードやマウスだが、USBフラッシュ・メモリやUSB接続のHDDなども使用可能だ。USB HDDの場合には、電源を外部から供給する必要があるが、問題なく認識できている。この他、USB BluetoothドングルやUSB接続のGPSもサポートしている様なので、手持ちのUSB Bluetoothドングルを何種類か接続してみると、中華タブレットの「Dropad A8」にてBluetoothが使用可能になった。

続きを読む "Dropad A8 (3)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年6月 6日

OpenSimulator Ver.0.7.1.1

 先週の5月28日(日本時間、米国では5月27日)に、先月初めにリリースされた(筆者もレポート済みだが)OpenSimulator Version 0.7.1のバグを修正した、OpenSimulator(OpenSim) Version 0.7.1.1がリリースされた。既に、OpenSim Ver.0.7.1を使用している場合は、データベースの互換性があるので、バイナリファイルの置き換えのみで、そのまま移行が可能となっている。今回バグ修正された部分は、開発バージョンとなるOpenSim Ver.0.7.2(Dev)へも反映されていたり、逆にOpenSim Ver.0.7.2(Dev)からフィードバックされたバグ修正も施されているので、より安定した動作が期待できるだろう。

クリックで拡大表示 Opensim_0711_1

 さて、OpenSim Ver.0.7.1.X/0.7.2では、Second Lifeでこの夏(7月、8月)に実装される予定のMesh Object機能が既に(まだ不具合はあるが)実装されている。Second Lifeでは(現時点では)βグリッドでの限定使用となるメッシュ・オブジェクトであるが、OpenSim Ver.0.7.1.X/Ver.0.7.2で構成されているOSgridのRegion(Sim)では、すでに誰でも(何処のRegionでも)Mesh Objectが利用可能になっているのだ。上に掲載したスクリーン・ショットは、Second Life用として公開されているMesh Objectを、筆者の運用するOSgridのRegion(Sim)へアップロードした際の画像だ。

続きを読む "OpenSimulator Ver.0.7.1.1"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧